帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ山日記 福智山命の賛歌第2章 エイザンスミレの春

2017年04月19日 05時31分23秒 | 野ねずみ作戦活動記録
この季節の福智山の楽しみは、いろんな花たちの賛歌が楽しめること。
前回の第1章では虎尾桜の独唱を聞いたねー(^o^)。
それでは今日は第2章、スミレたちのコーラスを楽しみに行ったのだ。
エイザンスミレは透き通ったきれいな声で歌ってくれた。
キビタキも渡って来ていて、生きているうれしさをさえずっていたねー。

では報告開始。


今日の山行ルートは福智山ダムの登山口から大塔の滝コースを登るのだ。
0815時、福智山ダム湖のほとりにX-T探索機を停めて山行準備。
0830時、瀬瀬里の渡しを渡って山の結界へ入る。


0851時、大塔の別れの到着。ここから急登の大塔の滝コースを上がる。
サツマイナモリがちらほら。






再出発した登山道の傍らに、エイザンスミレやヤマルリソウが現れだす。
さあ、花たちの歌が始まるぞ。






1025時、荒宿荘に到着、一休みしてトイレタイムだ。
荒宿荘から登りだした山頂への道すがらには、チクシショウジョウバカマたちが。
そうか、君たちもいたよねー(^o^)。






今日の福智山山頂の様子。天気がいい時はのんびりした幸せの園だよねー。


山頂で一休みしたら上野越へのルートへ。チクシショウジョウバカマがあちこちで
歌っている。
そうそうこのグリーンの絨毯はニリンソウで、もう少ししたら素晴らしい賛歌を
歌いだすのだ。






1202時、鷹取山に到着。野ねずみ探検隊指定のカフェ、スイセン茶屋で昼ごはんだ。


今日は銀座カレーとカレー曜日をオーダー、サイドにはウインナーヌードル!。
ウマい😋。


1246時、しばし楽しんだスイセン茶屋の暖簾を下して下山を開始。


キビタキのさえずる福智山の森を下る。





今日のYAMAP記録→野ねずみ山日記 福智山命の賛歌第2章 エイザンスミレの春
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野ねずみ生活日誌 春を知る | トップ | 野ねずみ山日記 はま3さんの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。