帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ山日記 英彦山北西尾根を行く -秘められた宝はどこへ-

2017年05月14日 15時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
先日、はま3さんとアトレー改めさんに教えていただいたこの季節の英彦山の秘宝
”サルメンエビネ”の隠し場所。
その時は、まだ芽が出たばかりで、輝く花はちょうど今ぐらいかなー・・・。
それで、いそいそと秘宝の隠れ家を尋ねてみた野ねずみ探検隊。
・・・しかし、作戦は成功せず・・・(-_-)。そのポイントを1時間以上もかけて
探してみたけど、出会えなかった。
同じ目的の方も一人二人おられて、お尋ねしてみたけど「このへんのはずだけどぉ、
ありませんよねぇ~・・・」
野ねずみ探検隊の日ごろの行いが悪いので、神様が隠してしまったか?。
それとも、まさか盗掘!。いや、でも、ここだと思うところに無いもんねー(>_<)。
はま3さん、ごめんなさい、何か情報ないですかー???。








0920時、バードラインの入り口は広い草原だ。気持ちいい風に吹かれながらゆっくり
登ろう。
0939時、キビタキやオオルリのさえずりを楽しみながら、やがて道は北西尾根コース
の分岐へ。ここから北西尾根だ。


北西尾根を登っていくと、次第と勾配は緩やかになって、こんな夢の国のような
森の中を歩くのだ。
新緑がたまらない美しさだ。












北西尾根の小さな崖をひと登りすると、後ろに展望が開ける。ちょうどシャクナゲが
飾ってあるので一休みしていこう。スープでパンをかじりながら小休止。






これから行く北岳のピーク。


振り返ると南岳と中岳が見送っている。


英彦山中岳から北岳へ渡る縦走路を行く野ねずみ探検隊隊長。






今日のオーダーは、隊長は牛丼、オデは豚丼、天ぷらそばは二人で一つだ。
付け出しにボイルドウインナー。この頃は手間がかからないのでボイルしている(^o^)。


1325時、待っていたけど、とうとうゴジュウカラは遊びに来なかったねー。店じまいする
野ねずみ探検隊。また来てみようねー。




北岳の下りは結構ガレ場で綱場もあり、若干ハード。でもこの森が素晴らしい。
鳥たちが沢山さえずっている。


1415時、望雲台の下を通過。隊長は嫌いなんだって。高いのは・・・(^o^)。


大きな岩の壁の横を下って。


1429時、豊前坊の高住神社に下りつく。
ここはミソサザイの国ですぐ目の前の物置の軒に巣をかけるミソサザイ。
なんでも神社の奥さんによると、大きな巣を作るけど恋が成就したことがないとか。
頑張れーミソー。


せっかく来たので神社にお参りして、道行きのご加護にお礼。ヒメレンゲがあちこちに。


1435時、高住神社を後にして青年の家を目指す。
1454時、自然歩道をのんびり歩いて、青年の家に到着。高校生が体育祭の練習かな、
大きな声で練習中。駐車のお礼を伝えて山行装備を解除しよう。

今回のYAMAP記録→野ねずみ山日記 英彦山北西尾根を行く -秘められた宝はどこへ-
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤狐号走る 門司港レトロプ... | トップ | 野ねずみライブ活動 Naomi ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。