帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ探索記 西海橋コラソンホテル

2011年02月11日 20時30分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
野ねずみ探検隊がここを探索エリアに決めたわけは、野鳥!。
一昨年のランタンフェスティバル探索の帰路で、ここを通ったときに、野鳥の数と種類がとんでもなく多いことに気づいたのだ。
その時は時間がなく、詳しい探索活動が出来なかったので、今回はジックリと作戦を展開する事にした。
そして、寝れるだけでいいと探した宿泊施設の情報に、この”西海橋コラソンホテル”が飛び込んできた。
まさか、野ねずみ探検隊が使えるような御値段ではなかろう・・・と冷やかし半分のぞいたプランは、オオッ!、安いのがあるぞ!。
ゲット成功(@_@;)。ヤッター!。一人1枚以下でこんなリッチなところに泊まれるとは。というわけで、西海橋コラソンホテルの素晴らしい一夜を
オデの誕生プレゼント代わりにいただくことになったが、あいにく天気は雨(;_;)。ウーン肝心の野鳥観察はどうなることか?。
では報告開始。



 
長崎で亀山社中探索を終えた野ねずみ探検隊は、一路西海橋を目指してX−T探索機を走らせる。
佐世保からもうすぐ西海市に入るあたりで、ひっそりと立てられた蔵開きの立て看板を、オデは見逃さなかった。
”梅が枝酒造”!。運良く今日から蔵開き、当然のごとくX−T探索機の機種は面舵一杯!、迷走を始める。
やってきてびっくり、地元ではかなりの人気だ!。既に駐車場は特設駐車場まで満杯!。会場は人で一杯だ。
本日限定の今朝蔵出しした生酒を4合瓶に詰めてもらって1本ゲット。さらに純米生酒1800mlをゲット。隊長があきれ果てている。
そしてもらった抽選券で隊長はいそいそとガラポンを回す。見事、ティッシュペーパー獲得ゥー(~_~;)。

 
思わぬ寄り道で1時間ほど予定より遅れて西海橋コラソンホテル到着は1245時。まあいいのだ、昼ごはんにちょうどいい時間。
ネット情報を調べてきた”万十屋”はこのあたりで噂のめずらしいアラカブ料理専門店。ここもおすすめ、とれたてで最高に美味いから揚げ、味噌汁。
ベリグー!!。こっそり持ち込んだ梅が枝酒造の今朝詰め生原酒とあいまって・・・絶妙な!\(^o^)/。



              

 
昼ごはんを済ませて、しばらく周辺を探索。このホテルの広い庭(いわゆる草原)には、ツグミやシロハラが大挙して食事中。
西海橋公園に行ってみると、なんとこれまで見たことがない”クロジ”が、警戒もなく目の前で給餌しているのだ!。
雨足もおさまっていたので、急遽ゴクマル君をスコープバージョンにしてもう一度行ってみたけど、既に遅し。いなかった。
明日の朝、もう一度チャレンジだ。

 

                    


ホテルの設備は文句のつけようがない、出来てから長いので、古くはあるが綺麗に掃除が行き届き、広い眺めのよい部屋からは虚空蔵山の夕暮れ。
広い温泉施設には、驚いた事に朝も使える本格的サウナもある。こんなとこに泊まったら我が家に帰れなくなりそう・・・。


ジャンル:
ウェブログ
キーワード
西海橋公園 ランタンフェスティバル
コメント (2) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 野ねずみ探索記 亀山社中へ行く | トップ | 野ねずみ野鳥探索 西海橋公園の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
梅が枝酒造 (さやまな)
2011-02-17 20:32:32
父親の故郷に造り酒屋があるとは知りませんでした。
それにしても盛大ですね。
テントに宮地区って書いてありますが、親父が子供の頃は東彼杵郡宮村って言ってたそうです。
母親が父と知り合ったころは、佐世保の人と結婚するから、さぞ都会に住んでいる人なんだろうなと勝手に想像して、いざ行ってみたらとんでもない田舎でビックリしたそうです(笑)
今度墓参り等で佐世保に行く機会があったら、梅が枝酒造にも立ち寄ってみます。
いい古里 (オデ@野ねずみ探検隊)
2011-02-19 06:04:34
梅ヶ江酒造のある里村は、なんともいい所でした。
日本の原風景のような、のどかな田畑と水がきれいな川。
その川沿いに酒蔵があります。
蔵開きでこの日はたいそうな賑わいでしたが、日頃は本当に静かな古里でしょう。
お墓参りのオプションに追加されてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。