帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ山日記 犬ヶ岳Only of 野ねずみ探検隊 -未知の道を探索-

2016年11月06日 16時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
昨年の秋、野ねずみ探検隊は失敗山行をした。
豊前地方の奥地、求菩提の山で、求菩提山から犬ヶ岳までを歩き、周回して下山する計画を
立てたのだが、時間配分とルート設定を誤って、途中で撤収することになったのだ。
野ねずみ山日記 求菩提山-犬ヶ岳縦走失敗 -修験の道-
そこで、今日はそのリベンジ作戦。
失敗を教訓に、出来るだけ早い時間での計画と、求菩提山周辺のルート設定変更で再挑戦。
見事、作戦は成功。前回撤収した杉の宿跡から一ノ岳までの未知のルートが見事つながった。
今日の犬ヶ岳山域は、珍しく人が少なくて、ほとんど人と会わず、まさに野ねずみ探検隊
独り占めの犬ヶ岳、静かな秋の山旅を楽しんだ野ねずみ探検隊だった。


0657時、すでにX-T探索機は東九州自動車道を飛ぶ。登ってきた朝日が応援してくれている。


0721時、求菩提の道を上り詰めて犬ヶ岳登山口の駐車場に到着。手早く準備してトイレを
すませて出発。前回歩いた道なので、ルートはわかっている。


朝ののどかな里山を歩いて0754時、さあ、いよいよ登山口。ここからいきなり急登だ。


あえいで登る急登を来て0832時、阿弥陀窟への周回路へ道を分ける。前回はここから
わざわざ求菩提山まで更にあえいで登って、時間と体力を使い果たしてしまったのだ。






0904時、護摩場跡で一休み。さあ、ここからが長い長い縦走だ。


0937時、虎の宿跡到着、休憩。いいペースで来てるねー、前回より1時間以上早いぞ(^o^)。






次第に彩が見えてくる山道。




1025時、杉の宿跡到着。前回はここで時間切れ撤収だった。一休みして先へ進もう。
ここからは、野ねずみ探検隊未知の道なのだ。




アップダウンを繰り返して伸びる道を行く。


1105時、経読み林道に出会う。ここから一気に一ノ岳へ登るのだ。秋色の道を・・・。







                       


山頂部はきれいな紅葉があちらこちらで、目を楽しませてくれる。


1212時、犬ヶ岳登頂!。バンザーイ\(^o^)/。














険しいアップダウンで三ノ岳を超えて道を行く。


ここが笈吊岩の入り口で、野ねずみ探検隊が経験した中でも最も危険な崖だ。当然まき道へ。






うぐいす谷を下る。きれいな景色だけど、道は石がゴロゴロ浮いて歩きにくいのだ。






1513時、ほぼ想定通りに下山完了。隊長は未知道探索作戦の完了を宣言。次は逆コースだ!。
って・・・エー!。

今回のYAMAP記録→野ねずみ山日記 犬ヶ岳Only of 野ねずみ探検隊 -未知の道を探索-
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野ねずみ山日記 秋色の裏英... | トップ | 野ねずみ山日記 福智山大塔... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。