帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ探索記別巻 田主丸若竹酒造場の蔵開きに火吹き河童出現

2017年03月26日 16時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
午前中の探鳥会を終えて、オデの今日の用事はこれ、田主丸の若竹酒造場の蔵開き探索!。
元禄時代(一六九九年)から305年も綿々と続いてきた酒蔵は、現在も研究と工夫を重ね
妥協せず、納得のいく酒を造ることを究極の目的に励んでおられる素晴らしい蔵。
その蔵のセンスの良さも大好きで、オデは毎年お伺いするのだ。
そうそう、お酒は飲まないので同行しなかった隊長から、命令が一つ、いつもいろいろ
お世話になる名古屋の弟さん夫婦”シゲナナ隊”へのお礼の贈り物。
これにしよう、蔵開き限定の生原酒。他ではないからねー。
シゲナナ隊、いつもありがとうー\(^o^)/。



探鳥会延長の影響で、JR田主丸駅到着は1340時、10分ほど歩いて若竹酒造場に到着。


この水でお酒を造るんだねー、飲んでみるとおいしい。さあ、蔵に入ってみよう。


吟醸酒の1年~3年保存ものまでを飲み比べ試飲。それぞれによし。


試飲コーナーは大賑わい。ここは本当においしいお酒を造ってくれるねー。感謝!。
一応ブログアップのお許しをいただいて撮影。ブログ見てくれるかなー・・・。
野鳥観察が趣味ってお姉さまがおられて、鳥談議になったのだ(^o^)。


この酒蔵が今でも探求を続けるこだわりの味。説明されるインストラクターの知識に
脱帽だ。


ひとしきり見学して、蔵横の広場で用意していただいたふるまい酒をいただきながら
一休みして遅い昼ご飯。おやおやカッパさんがあらわれたぞ~。


これはすごいねー(@_@)。頑張れー!。


あっという間に2時間もいて、15時半を回って引き揚げ開始。耳納連山がきれいな稜線を
見せてくれる。


今年も楽しい蔵開きをありがとう。若竹酒造場、来年もまた来よう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野ねずみ野鳥探索 再びルリビの森連日の探鳥作戦

2017年03月26日 10時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
昨日に続き、今日もルリビの森へ。というのも朝早い時間のほうがオシドリなどが
観察しやすいかも・・・。というわけで、朝一に出発してルリビの森へ。
本当はオデは昼間に用事があって、朝のうち早めに引き上げる予定だったけど、
驚くようなことが連発するルリビの森に引き留められて、ついつい長居(^o^)。
バーダーさん達からの情報もいただきながら、楽しい探鳥作戦であった。
ほら、おかげでウグイスまで登場。滅多に藪から出てこないんだよ~。








キンクロハジロたちが沢山いて、この子たちはどんどん近寄ってくるねー。










一旦引き上げかけて、途中で見つけたアオジを夢中で撮影。おかげで探鳥作戦延長だー。


そして今日もいてくれたルリビタキ。この個体はくちばしをけがしてるとバーダーさん
のお話。大丈夫かなー・・・。なんだか心配だね。
さあ、今日はこの後、オデの単独作戦があるのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野ねずみ野鳥探索 ルリビの森は不思議の森

2017年03月25日 15時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
先週の3連休は、3日間とも休日出勤で、それもかなりハードな仕事で毎日結構遅くまで・・・。
そのプロジェクトに連続する前週、後週もとんでもない多忙を極める日々だった(*_*;。
やっとお休みを頂けた土曜日、何をしようか・・・。
天気は、あまりぱっとしない予報で、山行作戦は雨に逢いそうでイマイチ・・・、ではやはり
この作戦、野鳥観察作戦!。
今年1月の野鳥の会北九州の探鳥会で教えていただいた、貴重な情報を再確認する作戦だ。
そして、表題のルリビタキを捕撮成功。やはり”ルルビの森”は異次元ゾーンだった。














ちらほら見かけるシロハラたち。おや、このシロハラは頭が白いぞ・・・。どうしたんだろうねー。


残念ながら、”貯水池”の野鳥探索はイマイチ鳥の姿がなく、午前の部は終了。


そして、昼ご飯を食べながら探鳥会を実施した”ルリビの森”。ベテランのバーダーさん達
の情報がうれしい。
なんとこの森の池にはオシドリがいて、ルリビの姿を見る。そしてコマドリやキビタキや
etc.etc.・・・・。もっともっと探索してみたいエリアだねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野ねずみ山日記 早春の福智山 -八丁コースから鷹取山へ-

2017年03月14日 05時31分52秒 | 野ねずみ作戦活動記録
久しぶりに福智山山行作戦の指令が隊長から発された。
そういえば、この時期、鷹取山のスイセンが気になるねー。
野ねずみ山日記 開山祭の福智山で春の日を探索
昨年の早春、初めて行ってみた鷹取山はスイセンのお花畑でまさに夢の園だった。
天気は思ったよりもいいみたいだし、よし、様子を見に行ってみよう。 


出来るだけ早めに出発して、登山口の上野には8時半に到着。
山行準備してトイレをお借りして、0839時、山行開始。


登山口までの舗装路を上って、0849時、さあ、いよいよ入山。今日は八丁コースだ。
このコースは入山するとすぐに岩場の急登が始まる。







ぐんぐん上る急登を登って、0924時、虎尾桜への分岐、0929時、源平桜との分岐を通過。
桜の頃はさくら参り作戦をやろうと隊長。ラジャー!。






なんでこのコースを・・・の答えはこれだね(^o^)。息を切らせて登っていくと、やがて
視界が開けて背中の後ろにはほら!、素晴らしい展望が・・・。そして、ヤッター、
山頂が見えてきたぞー!。


1030時、大きなケルンで一休み、ドライフーズのミネステローネでエネルギー補給。
お会いした大先輩の大姉トレッカーと山談義。なんでも海外の山まで経験され、ゲリラにも
出会ったとか、もうすぐ八十路とは見えない大先輩だった。






上野越えを目指して下る山頂に飛行機雲。そうか、明日は天気が崩れるんだねー。


上野越コースを下る野ねずみ探検隊。ところどころ残雪。


1128時、上野越え通過。1140時、鷹取山山頂到着。あれ、スイセンはまだまだ、やっぱり
少し標高があるからねー。またさくら作戦ででも来てみよう。


福智山から筑豊方面の展望が素晴らしい。












上野越コースの下山は慣れた道で、快調快調。1244時、上野越え通過、1308時、虎尾桜
への分岐を通過。1320時、登山口へ下山完了だ。


1327時、トイレをお借りして、1330時、X-T探索機へ戻りつく。いい山行だったねー。


野ねずみベースに帰る道で、福智山がお別れの挨拶をくれた。次はさくら作戦だ!。

今回のYAMAP記録→野ねずみ山日記 早春の福智山 -八丁コースから鷹取山へ-
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野ねずみ山日記別巻 皿倉の峰を越えて天心酒蔵開きへ

2017年03月11日 17時30分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
今日は北九州八幡の地酒、溝上酒造さんの蔵開きの日。毎年欠かさず伺っている
オデにとっては楽しいイベント。
野ねずみ探検隊のホームマウンテン、皿倉山のふもとにある酒蔵なので、まずは
皿倉山に登ってひと汗かいて、はるばると訪れていただく振る舞い酒のなんと美味い
一滴か・・・(^o^)。
でも、酒にまったく興味がない隊長にとってはなんの楽しみもなく、作戦には不参加
表明・・・。そうか~仕方がないというか、これ幸いというか・・・。
ではオデの単独作戦で山日記は別巻扱いだけど、行ってみよう!。






JR八幡駅から皿倉山を目指していくと、道はどんどん急こう配になって、すごい
坂道になる。山のすそ野が住宅地になっているのだ。








急坂を息を切らせて登ると、皿倉の泉という湧水の横にベンチがあって、いい休憩
場所だ。一休みしてスープと行動食でエネルギー補給。


1120時、8合目の皿倉平を越えてビジターセンター通過。
そういえば皿倉平にいた猫は今日は見かけず、居合わせたベテラン登山者の先輩に
尋ねると、「あー、ありゃだれか連れて帰りよったなー・・・。」なぜかほっとする。


1135時、山頂に上がる前に昼ご飯を済ませよう。今日はオデ一人なので、ズンドウフ
のピリ辛鍋にシャブシャブでちょっと贅沢に・・・、いただきま~す。


1305時、昼ご飯をゆっくり済ませて、山頂へ。野ねずみベース方面を俯瞰。


山頂からの北九州市の展望。


国見岩コースで少し下ると、国見岩のこの展望。


国見岩稲荷に手を合わせて、さあ、下りを急ごう。1336時、分岐を大蔵方面へ。


1405時、大蔵登山口はあっけなく終わって突然車道に飛び出すのだ。


そして長い長い急坂の下り。隊長が大嫌いな道だねー。いやー、参るなー。


1420時、やっと着きました、溝上酒造さん。おー盛大にやってますねー。振る舞い酒が
うれしい、おいしーねー。疲れた体にしみわたる~・・・(^o^)。


500円で6枚のチケット、有料の利き酒コーナーは大人気。だって自分の好みを見つける
いいチャンス。オデは純米生酒が気に入ったねー。帰りは八幡駅までバスで。


1618時、いい気持で帰り着いたJR八幡駅で振り返ると皿倉山が見下ろしていた。
「マタアソビニオイデ」って聞こえたねー(^o^)。


1714時、野ねずみベースに帰宅。レン猫参謀長のお出迎えだ。ただいまー。

今回のYAMAP記録→野ねずみ山日記別巻 皿倉の峰を越えて天心酒蔵開きへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加