帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

ねずみボス指令 左膝故障との戦いを継続せよ2 -復帰戦テストランを計画ー

2016年07月26日 11時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
先週の土日は休日出勤。梅雨明けでいい天気なのに、残念だねー。でも転んでもただでは起きない。
代休を火曜日の膝故障リハビリ治療に利用して、ここで筋トレだ(^^)/。
実は、このところ痛みがかなり取れてきた。ランニングマシンなどで走ってみても、それほど痛まない。
それで、今日はK原整体師も付き添ってS田ドクターの診察を受けた。
専門の言葉が飛び交いS田ドクターの大型タブレットには、足の骨格から筋肉のモデルパターン!。
すごいねー、どの筋肉がどう動いて、この筋肉が動きがこうだったので、足低板で足首を修正して
どの筋肉を鍛える訓練を施して・・・と、実に理論的なのだ!。
超音波スキャンで膝の中をじっくり見てくれたS田ドクターから、テスト大会出走のお許し(^^)/。
それで、落選した福岡マラソンの代わりに「仏の里くにさき・とみくじマラソン2016」に参加申し込み。
1120日が復帰戦テストランとなった。
S田ドクターとK原整体師が「ありがとうございます・・・」えっ、こちらこそm(__)m。
なるほど、同じ症状の方の治療の参考になるらしい。
そうだねー、どこかを痛めてしまったランナーさん、こんな病院を探してみた方がいいよー。
まあ、まだしばらくは通院が必要だけどね。ガンバロウ。


ここがリハビリ室、今日もここで2時間の特別仕様筋トレだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野ねずみ山日記別巻 夏の恒例くじゅうご来光登山 -久住山頂で祈るー

2016年07月18日 17時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
古来、大自然は人間にとって神様だったのだ。
太陽はその一番大きな神様で、日の出を拝むのは、この世の幸せと人の心の安寧を、
お願いする大切なルーティンなんじゃないかなー・・・なんて思うのだが・・・。
そこで夏場の恒例、くじゅうでご来光を見る山行作戦実行。
隊長は、気が乗らないらしく(^_^;)、オデ単独での作戦命令となった。
天気予報通り、17日の昼から18日にかけて晴れ!。バッチリの天気だったねー。
久住山頂で仰いだお日様に、人々の幸せと亡くなった人の冥福を祈る山行になった
今回の作戦であった。

では、報告開始。

<作戦前夜>

作戦前日は、朝ご飯後に準備開始。長者原の駐車場で車中泊をするので、シュラフや
マットをパッキングして、クーラーに保冷剤を・・・これがまた楽しいのだ。


9時半、出発。スーパーで食材を買いだして、北九州都市高速へ。いつもの工場群と
皿倉山が見送ってくれる。


高速東九州道から宇佐別府道へ。霧を逃れ高速九州大分道へ。由布岳山頂部は雲の中だ。


12時過ぎ、今日の目的地、長者原園地到着。迫力のくじゅうが立ちはだかる。


芝生広場の東屋を借りて、昼ごはんはスーパーで買った焼肉!。
今日はこのあと運転はないので、遠慮なくビールだー\(^-^)/。




昼ごはんの後は、近場の法華院温泉山荘別館の温泉へ日帰り入浴。
気持ちいいデッキでちょいと一杯。


長者原園地に戻って、のんびりとビールおかわり。最高の時間だー。


ちょいと早目の晩ごはんは、しゃぶ鍋。明日は2時起きなので、早めに寝よう。


1920時、紅く染まる硫黄山を眺めながら、XーT探索機を別荘モードに。睡眠が大切な栄養素だ。


<作戦当日>

あまりにも気持ちいい眠りで、目が覚めた時は作戦展開中なのを忘れていた。
2時前、起床。ヘッドライトを頼りにお湯を沸かして、山行用の食事を準備。
3時、登山口の牧ノ戸峠に到着。同じ目的の登山者が結構いて準備中だ。
オデも急ごう。


0325時、入山。オデは頭のヘッドライト以外にショルダーベルトにヘッドライトを付けて、
ツインライト。こうすると遠近感がわかって歩きやすいのだ。
0343時、沓掛峠に取り付く。大岩が魔物のように見えるねー。


沓掛峠を越えて、さらに行き、0413時、お馴染みのケルン広場で休憩。
行動食用のピロシキをかじってサーモスボトルの氷水を飲むと、息が落ち着いた。


西千里ヶ浜を黙々と歩いて、0455時、久住別れに到着。我慢してきたトイレ拝借m(_ _)m。
夜が明けだしたぞ、目的は久住山山頂での御来光拝礼、間に合うか、急げぇー。


次第に明るくなってくる道。東の空が輝きだしたぞ。
ヘトヘトの足に鞭打って、とにかく登れ!、登れ!、登れ!ー。


0516時、久住山山頂に到着!。間に合ったぞー。既に10数人が日が出るのを待っている。
御来光撮影の最適地に陣取るオデ。0517時、あー!、光がぁー・・・!。


今まで我慢していた光達が、一気に溢れ出てくる空を見ながら、人々はじっと黙って立ち尽くし
やがて手を合わせる。
あの人の幸せを祈る。かの人の安らぎを願う。人々の心が黄金色に染まる。




阿蘇を振り向くと、おおー!、雲海だー。


時の流れは無情で、永遠であってほしい時空間をあっという間に押し流してしまう。
去るときが来て、振り向きながら、振り向きながら、オデは道を下る。


さて、現在0550時。次なる目標の中岳に向かいながら、まずは朝ごはんの場所を探そうか。
中岳に向かう渡りの道沿いには、ヤマアジサイが群生。






7時、朝ごはんを終えて活動再開。中岳ー天狗ヶ城の天空回廊の道に上がり、中岳を仰ぐ。


振り返ると天狗ヶ城。まずは中岳に向かおう。






中岳山頂から眺める、久住山、御池、天狗ヶ城、星生山。
一番くじゅうらしい風景だとオデは思うのだ。








天狗ヶ城から下るガレ場の急坂で、まだハタチそこそこの娘さんがじっとこの景色を
見下ろしていた。素晴らしいですねー・・・と、声をかけると、
「はじめて来ました!。こんな景色、はじめて・・・!。」胸が一杯らしい(^-^)。
大丈夫、それは病気になったんです、「山焦がれ病」ですね、一生治りません、
はい、いらっしゃい、これであなたは山旅人。楽しい楽しい病気ですよー。

さて、オデの山旅は最後の目標へ向かっている。眼前に聳えるのが星生崎だ。さあ行くぞ。


天狗ヶ城から下って、久住別れに降りずに、星生崎に取り付いてもがくと、
不思議な異次元空間に登って行く。






0822時、星生崎の上で西千里ヶ浜を見下ろす。何とも平和な風景だねー。


方や、星生山の反対側は噴煙上げる硫黄山からスガモリ越までの人が近づけない峰の果てに
大きな三俣山の山体。


これも久しぶり、0828時、星生の窓だ。くぐって眺める西千里ヶ浜。






星生山から西千里ヶ浜へ下る途上で、地質学上貴重な場所と言われる湿原を眺める。


0914時、西千里ヶ浜へ下りついて一休み。この時間になると登ってくる人が多いねー。












10時、西千里ヶ浜を越え、やがてくじゅうの山神の結界、沓掛山が見えてくる。


1025時、沓掛山を越えて、沓掛峠へ。沓掛山の頂上で何ともきれいなアゲハチョウが見送ってくれた。


沓掛峠からの最後の展望。阿蘇涅槃。


※0720日、隊長より教育的指導あり。マツムシソウではなくてウツボグサだった(^_^;)m(__)m。










1220時、X-T探索機はヤマナミハイウェイを帰路に立つ。くじゅうを振り返る。振り返る・・・。


灼熱の下界を休み休み走って、ゆっくりと北九州へ。16時過ぎ、帰ってきたぞー。
野ねずみベースで、後片付けを済ませて晩ごはん、I江先輩から先日いただいた泡盛を
一献、うまい。・・・くじゅうのご来光の光を思い出しながら・・・。

今回のYAMAP記録→野ねずみ山日記別巻 夏の恒例くじゅうご来光登山 -久住山頂で祈るー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野ねずみ生活日誌 I江大先輩の奥さんを弔いに 

2016年07月16日 15時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録


電話をかけてみると、さすがに元気のない声。
「俺は何のために生きとっとやろかー・・・て思うて、なーんもする気にならんったい・・・。」
そーだろねー・・。さあ行こう。お見送りは隊長が培養中の手下、センニチコウのやっと着いた花だ。




少し遅めに植えたので、まだ小さいオクラとキュウリ。エダマメは少し収穫あり。




久しぶりのX-T探索機での福岡訪問で、昼ご飯は隊長ご用達中華菜館「五福」。おいしかったねー。

I江先輩とは、久しぶりにお会いして、近況報告。そういえば少し痩せていて、昨年11月に
顎から喉にかけて細菌が入り込む奇病で、手術を受けたとか。どうか気をつけてくださいm(__)m。
まあ、いろんな話は最後には何らかの落ちがあって、I江先輩らしい語り口は相変わらずで、
最後は笑いながら、近々の宴席を約束してご自宅を失礼した野ねずみ探検隊であった。
そうそう、I江先輩、最高級泡盛までいただいてありがとうございます。
野ねずみ探検隊は、いったい何しに行ったのかねー(^_^;)。

さて、この3連休、気になるくじゅうエリアの天気の具合を調べてみると、明日17日から18日に日付が
変わる頃から、18日昼までが晴れ、降水確率10%。

それならば、作戦計画は暗夜朝駆けでご来光登山作戦かな。
17日中にふもとの長者原でX-T探索機を前線基地にして、18日2時作戦開始のオデ単独作戦
スケジュールがレン猫参謀長より発令された。
よーし、I江先輩の奥さんのご冥福を祈る、弔い登山だー、準備開始だー(^^)/。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねずみボス指令 左膝故障との戦いを継続せよ -リハビリ筋トレ続行中ー

2016年07月12日 16時24分57秒 | 野ねずみ作戦活動記録
昨年秋から痛み出したオデの左膝。今年5月の中旬から通院の整形外科を変えて、
スポーツ外傷・障害専門外来のある芦屋中央病院にリハビリで通院を続けているのだ。
復帰戦の目標にエントリーしていた今年11月の福岡マラソンは、残念ながら落選。
それでは同じ時期の大会にエントリーするか・・・検討中。
すでに12月の宮崎青島太平洋はエントリー済み。昨年は完走できずに悔しい思いをした。
それを第一目標にするかは、次回の診療でS田ドクターの判断を仰ぐことにして、今はただ
リハビリをがんばろう。
これまでのリハビリ診療で、K原整体師からアドバイスいただいた筋トレ方法は、
●胸反り背筋3分 ●骨盤の前後運動3分 ●横に寝て後ろの壁を蹴る中臀筋トレ20×3
●階段での踵上げ下げ左右各30回 ●階段での大股上下反復5分・・・等々。
ほんとに真剣に考えてくれてありがたい。毎朝これだけやると、結構汗をかくのだ。
ただ、土日が診療がなくて、もっぱら有給休暇を火曜日に入れて通院なので、
そろそろ休める休暇の残りが心もとなくなってきたねー(^_^;)。
さあ、この遠賀川にかかる波かけ大橋を渡ったら、芦屋中央病院だ!。


今日は9時から11時前までじっくりリハビリ。筋肉の動きを確かめながら電気治療
も合わせて施術してくれたり・・・。左の太ももの裏の筋肉が固くなっているのが
気になるとか。筋トレアドバイスは、●寝た状態で左足を大きく開いて太もも力入れ5分。


さて、昼前に野ねずみベースに帰って、昼ご飯は隊長と一緒にマルジンのマグロ丼(^o^)。
ここは大人気で、土休日はなかなか入れなかったりするので、こんな平日に来れるときは
チャンスなのだ。

さて、夕方日が落ちたら、少しゆっくり走ってみようか。とにかく諦めないぞ!。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野ねずみ野鳥探索 野ねずみ新アイテム「J3」起動 -不思議谷で試し撮りー

2016年07月10日 13時36分14秒 | 野ねずみ作戦活動記録
2012年03月に登場した野ねずみ探検隊の活動記録カメラ「Nikon1 J1」、約4年半使い込んだ。
このところ若干傷みが目につきだした。野鳥撮影に利用している標準ズームレンズのカメラ本体との
接合留め部が半分かけていたり、山行記録中に落としてフォーカス調整タブの動きが渋くなったり・・・。
いよいよ動かなくなると、いざという時に困るので、事前に新機種に世代交代を検討して、選んだのが
同じNikon1Jシリーズで2代前の型の「J3」。
最新型の「J5」にしなかったわけは、以下の通り。
●J5は標準レンズの形式が変わって、野鳥撮影用のスコープにジョイントできなくなっていて、
 同形式のレンズはJ3までの仕様。
●J4以降の機種はバッテリーの仕様が変わっていて、現在のバッテリーを流用できるのはJ3まで。
有効画素数や連続撮影性能はJ1よりも格段に上がっていて、サイズと重量は少しダウンサイズしている。
店頭ではすでに販売終了しているので、アマゾンで探し出して格安で購入。
・・・という訳で、今日は「J3」デビューの不思議谷お試し作戦実行だ。
ふむふむ、なかなかいいんでないかい!。アオサギに肉薄!。


朝6時半、朝マックを買い込んで不思議谷に到着した野ねずみ探検隊。朝ご飯を済ませて作戦開始。


なるほど、これまで使ってきたJ1もまだ使えるので、J3をスコープにセットしていても
スナップや風景撮影がJ1でできるわけだ。使い勝手もほぼ同じだし、こりゃー便利!。
野ねずみ探検隊「Twin-J」活動記録装備の完成だねー\(^o^)/。


この時期の不思議谷は、結構蒸し暑くて、鳥たちも子育てが終わってバテバテであまり声もないね。
おやおや、暗がりにこっそり隠れているのは・・・ガビチョウ!、J3の感度は暗がりでもこの通りだ。


J1とJ3。一見同じように見えるけど、かなりの撮影性能アップと少しのサイズダウンがかなりの
メリットだねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加