여기저기 한국 ヨギチョギ韓国

韓国のこと いろいろ あれこれ いまむかし

1970年代から現在の韓国なんでも情報いろいろ目と足で集めました。

日本大使館前はソウルで最大の反日名所になってしまっています

2017-04-21 03:36:15 | 韓国旅行

 

日本大使館前は反日名所になっている。


日本大使館前の慰安婦像は「聖域化」の産物です。

国際的マナー違反はもちろん無許可、不法であっても誰も手が付けられない。おかげで日本大使館前はソウルで最大の反日名所になってしまっています。

慰安婦像には区役所も政府も大統領も誰も手を付けられない。いや、手をつけないどころか擁護までしている。


例えば李明博大統領は2011年12月、野田佳彦首相との京都での日韓首脳会談の際、慰安婦記念像に日本側が不快感を表明したのに対し、慰安婦問題の韓国側要求に日本が応じなければ「第二、第三の慰安婦像が出来る」と発言している。


日本が言うことを聞かなければ今後、日本大使館前に不法な施設が二つも三つもできても仕方ない、というのだ。


脅しに近い発言だが、これでは大統領自ら法治を否定し、逆に慰安婦記念像を「撤去してほしければ言うことを聞け」と外交カードに使っていることになる。


2016年12月末には、釜山日本領事館前にも慰安婦像が出来てしまった。


不法行為があっても政府に慰安婦問題支援団体を説得する考えなど見当たらない。「聖域」だから手を出せないのだ。


慰安婦像ができて一周年の2012年12月のテレビの一周年特集では、大使館警備の警察官を登場させてインタビューしていた。

大使館前には文字通り反日テロを防ぐため、韓国警察の警備車が正門付近に数台、二十四時間体制で配備されている。主要国公館についてはどこもそうだ。


ところがテレビの特集では、警備の警察官にこう言わせていた。

「慰安婦のおばあさんたちはかわいそうであります。日本が憎いです。(日本人による妨害がないよう)少女像をしっかりお守りいたします!」


警備の警察官は大使館(外国公館)を守っているはずなのに、実は無許可不法施設の慰安婦記念像の方を守っているのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国焼酎の正しい飲み方はス... | トップ | 「従軍慰安婦」という言葉は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL