여기저기 한국 ヨギチョギ韓国

韓国のこと いろいろ あれこれ いまむかし

1970年代から現在の韓国なんでも情報いろいろ目と足で集めました。

航空機事故で死亡、1700万円まで無条件で損害賠償

2008-08-08 19:21:43 | Weblog

 航空機の事故で乗客が死亡または負傷した場合、過失者が誰かとは関係なく、今後は航空会社が1億6000万ウォン(約1700万円)まで賠償しなければならなくなる見通しだ。


 法務部は7日、こうした内容を盛り込んだ新商法改正案を法令予告したことを明らかにした。航空機事故に対する特別法を制定し、適切な損害賠償が行われるようにしている先進国とは違い、韓国は関連法規が整っておらず、事故のたびに補償に関するトラブルが絶えなかった。


 新商法案によると、航空会社は航空事故で死亡または負傷した搭乗客に対し、一人当たり10万SDR(Special Drawing Rights=特別引出権、約1億6000万ウォン)までは過失の有無を問わず、条件なしに損害賠償責任を負うことになる。SDRは国際通貨基金(IMF)が発行している通貨の一種で、米国・イギリスなど世界主要国の通貨価値の加重平均で毎日算出される。最近は1SDR=約1.6ドル(約175円)台となっている。


 また、新商法には航空機の墜落により地上の人が負傷または財産上の被害を受けた場合、過失の有無にかかわらず航空会社側が一人当たり12万5000SDR(約2億ウォン=約2100万円)まで賠償するという条項も盛り込まれている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロッテリア、消費期限過ぎた... | トップ | 地下水の水位、6年間で60セン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL