タニシの おうち (^、^川

 パグ雄と ミックスちゃんと 大タニシの 物語 

優しさを感じない世の中

2017-08-13 15:47:36 | 日記

お盆前に 車のガソリン10L入れたのに オイルが切れてランプがチカチカ

ガソリンはもったいないし オイルは入れる事ができないし

結局 実家にも行けません

 

お盆前に 父から「野菜を取りにおいで」と携帯に電話があったようだが

タニシが忙しくしてたせいで 留守電に録音されていました

父「病気してるんじゃないか?電話に出られませんって言ってるけど」

タニシは実家へ行くときは 連絡はしません

何も準備しなくていいように 兄嫁もいませんので・・・

小学校から 看護も主婦もしてたので 祭りと産後位しか親の世話には

なりませんから

子供達を連れて実家へ行っても 食事の準備はタニシがしましたから

お正月は ちゃんと5時に起きて 雑煮を食べた後で 寝なさいと言われましたし

夜も実家に合わせて 9時にはテレビも消しますから

もう20年位は 実家に泊まった事はありません

どちらに居ても 休む気持ちには なれませんから

それでも 親に心配はかけたくないけど 父がくれるお小遣いで 

ワンコを養い 病院だの歯医者だの ガソリン代だのって お金のいる事ばかり

でも PC代やら 車代やら 携帯代やら払ってくれてる旦那に 文句が言えない

家族がいるから 生活保護も もらえない・・・

タニシが娘の時は 毎日 食料を買い お弁当を作り 主婦もこなしました

勿論 仕事もしていました

それでも 病気ばかりの母に 不足など感じませんでした

病弱な母は 畑以外は どこへも行けませんでした

食事も制限が多かったので 美容院も 買い物すら行けない生活

行く場所は 畑か山か 病院でした

立派な野菜を作って 家族やご近所に 食べさせてくれました

タニシ「お母ちゃんは 産まれてきて 幸せだったのかな?」って父につぶやいた事もありました

タニシが 我慢強いし 物欲がないのは きっと そんな母を見てきたせいでしょう

母に比べたら タニシは随分贅沢だと 思います(^^)

なので 父にも心配はさせたくないけど 

ちゃんとした家族があるにも かかわらず 不安な毎日なのは

旦那や 息子達に 頼りがいがないからでしょう

いくつになっても 自分の生活で 精一杯

人の為に 動きたいなど 感じないのが 今時の人々だと思う

自分の為にお金をかけ 自分の為に動くだけ そんな気がします

まあ 今時の親世代も 昔の親に比べれば 子供ですから 仕方ないのかもw

便利過ぎて 心が無くなってきたのかも しれません

昭和の歌を聞くと 思わず泣けてくる事が多いけど

今時の歌を聞いて 涙が出る歌など あるかなぁ・・・?と思いました

今の若者が 歳を取った頃は 何を思い出したら 泣けるのだろう?

部活が苦しかった 受験が大変だった 苛めが辛かった・・・

なんか 思い出したくもない想い出しかない・・・

 

恋で我慢する事もなく だれかれとなく 不倫だの 婦女暴行だの

恥ずかしさの かけらもない時代になったものだな・・・

だから 災害ばかり起こるのだろうか?

不便と便利を知るって 幸せな事だと 思う

 

台風のさなか 「こんな日くらい まともな時間に帰ってこれないか?(怒)」

「帰らないならメールくらい出来ないか?(怒)」

たった2行のメールだったが 少しは反省したらしい コタニシ2が

前より 「明日 帰る」とメールをくれるようになったw

*避難の知らせが届く中 帰らぬ旦那と 馬鹿息子を夜中の1時まで待って

胃が痛くなった タニシです

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渋滞情報だけで疲れるね~ | トップ | モンスター観光客 (沖縄) »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。