人生ここらでジャカルタン

タンザニア、タイ、そしてインドネシアへ。タイ人の妻と進む平凡でクレージーな人生の考察をつづるブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウガンダコーブに出会った!クイーンエリザベス国立公園

2007年02月07日 20時57分30秒 | 人生ここらでタンザニア
東アフリカの内陸国、ウガンダ旅行記録の第十弾。

タンザニアのサファリでは会わなかった動物に出会いました。
その名もウガンダコーブ。

体長160cm〜180cm程、体重100kg前後のレイヨウ類。

インパラと似ているが、詳しく見ると違いがあるようだ。
横腹がわずかに白く、喉のあたりが白くなっている。そして、
足には黒い帯があるという。

インパラと生息域はかぶっておらず、ウガンダからスーダン南西部にいるらしい。
スーダン南東部ではシロミミコーブが生息し、西アフリカへ進むとセネガルコーブ
へと変化するらしい。

そう、ここクイーンエリザベス国立公園では、タンザニアのセレンゲティ
国立公園(*)でクサるほど見たガゼルやインパラはいなかったのだ。
レイヨウ類の中で両方で見たのはウォーターバックだけだったかもしれない。

(*)セレンゲティ国立公園の動物は当ブログ2006年11月〜12月の記事を参照。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
クイーンエリザベス タンザニア ウォーターバック 西アフリカ 東アフリカ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 小鳥が恐れず寄ってくる!ウガン... | トップ | バッファローが水浴び!ウガンダ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウガンダコープ (にじよ)
2007-02-08 11:29:01
クイーンエリザベス公園
その名称に相応しい綺麗な動物ですね。バンビの様な
姿ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む