よれよれ日記

谷晃うろうろ雑記

スマホ見る目から、涙。

2017年05月16日 | 迷走痕

柳家小三治「めりけん留学奮戦記」を聞きかじった。


その冒頭でアメリカでは車が来なければ、「警官でも赤信号を渡る。」

アメリカの法律は「自分の身を守るための約束ごと(道具)」であるのに、
日本では法は「守る対象」というより「人を縛るもの」になっている。

小三治得意のまくらである。

言われてみれば、トランプの言動に現われるように
アメリカ人は「自分のことを守るのは自分」なのに
日本人は「誰かが守ってくれる」という空気に支配され、
憲法やら同盟国やら国連やら「おかみ」が守ってくれる気になっている。


人と人が違うことが同じ、という付き合い方と
同じはずの人が違うことを言ってる、と見るのと
今まで遠くはなれていたうちは両立したかもしれないが、
「飛翔体を打てば響く」距離感になってくると、
何か間違いが起きそうな予感もする。

スマホから「ミサイル警報」が鳴る日が来ませぬように、
としか言えません。

ああ無力。





.



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月15日(月)のつぶやき | トップ | 5月16日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。