よれよれ日記

谷晃うろうろ雑記

アフガンボックスカメラ

2017年07月16日 | 迷走痕

もりたうつわ製作所「海うみ展」に行きました。
http://moritautsuwa.com/

いろんな作家の作品があるのですが、会場の隅で前田実津さんが、
アフガンボックスカメラの撮影・現像の実演をしていました。

1.リンゴ箱のような箱の片方にレンズが刺さり、
中ほどに印画紙がぶら下がり、底に現像液の盆が入っている。

2.ピントを合わせ、絞りと露光時間を計算して撮影する。

3.暗室の構造になっているリンゴ箱に手を突っ込んで、
印画紙を現像液に浸けて現像する。

4.印画紙に現像された画像は白黒反転していて

5.その白黒反転画像をまた撮影すると、結果白黒が元にもどる。


という流れ。

私も撮影してもらいましたが、4秒静止している間、昔の人はこんな感じで撮影したのか、と思いました。

白黒反転させて出来上がった画像は、眼鏡が反射してウルトラマンみたいな面相になっておりました。

このカメラ、10数年前までアフガニスタンで実用に使われていたとか。

なんでこうなるの、と萩原欽一老でなくても言いたくなる。


前田実津さん https://www.kochinews.co.jp/article/109238/

アフガンボックスカメラ
http://backyard-project.com/?p=336


海うみ展は、明日7月17日(祝)まで。




.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月15日(土)のつぶやき | トップ | 高﨑元尚新作展 ―破壊 COLLAPSE― »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。