泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

稽古後の港の夜景

2017-04-21 13:58:48 | 丹下一の泡盛日記
木曜日、午後の都内の仕事を終えて、元町中華街へ。
横浜ボートシアターの来年の公演「アメリカ(仮題)」の稽古。


稽古を終えてみる港の夜景。
出ずっぱりの役なのだけど脳が別世界に行っているので疲れを感じない。
この夜景と港の空気に触れるうちにじんわりと疲れがでてくる。
きちんと稽古を終えた心地よい疲れだ。
早い時間に稽古が終わればバス一本で我が家のすぐそばのバス停に帰って来れる。
夜のバスで山の手を超えながらふと思い出した。
1986年のジァンジァンでの公演の稽古に参加して下さった年配の女優さんが「遠回りでもいいから一本で移動できるのがいい」と。
指折り数えたら、その時の彼女の年齢になっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「木の芽」はあるけど「山椒... | トップ | 久しぶりにホールのお仕事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。