泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

ボートシアター試演会

2017-04-29 18:40:16 | 丹下一の泡盛日記
「お仕事」はないのだけど、やるべきことがたくさんありすぎておろおろしているうちに日が暮れていく日々。
それでも少しずつ床が見え始め、書類やタイトルを打っていなかったDVDやCDが整理されていく。
ここ数年は、底にたどり着く前に舞台があり、部屋がぐちゃぐちゃのまますべてが進行していたのだけど、今年は違うのだ。
そして、お仕事も仕事も無いと引きこもりになりそうなので、家の中を片付けていく。
家計は火の車なのに、冷蔵庫にはビールが詰まっている不思議。。。

夕方、ボートシアターの試演会、宮沢賢治の「フランドン農学校の豚」を観に出る。
宮沢賢治のものは何度かやっているのだけど、この短編が記憶に無かった。
が、家にある本をさぐるとちゃんと載っていて、ますます不勉強さを恥じるのだった。
「どこでも上演できるように」という演出の遠藤啄郎さんのことばどおり、裸舞台で、かつ原作のことばをいじることなくさくさくと進んでいく。
「ことばが届く」ことを大事にした演出。
そこに俳優の身体が入ると、殺されることに同意しなければならない動物たちが「人間」に見えてきて。
最後に頭を後ろから殴られて殺される豚がカチンの森で背後から頭を撃たれて殺されるポーランド将校たちに重なるのだった。
またアウシュビッツの銃殺の方法がまるで屠殺だった衝撃も蘇る。
「試演会」なだけにまだまだ「伸びしろ」のある上演だったが、これからが楽しみな世界だ。
一人静かにバスで帰り帰宅。
そして、やっぱりちょっと飲みつつ思い返してみる夜。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何かが始まる予感 | トップ | 編集作業は難しい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。