泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

新宿でインド舞踊と音楽

2017-05-20 17:22:23 | 丹下一の泡盛日記
前夜、録画しておいたカーペンターズのドキュメンタリーなんか見てしまったので、心がたくさん動きすぎた翌日の。
中学生のとき、2番目に買ったシングル盤がカーペンターズの「スーパースター」だった。
13歳の時、バンクーバーでもロサンゼルスでも「イエスタデイ・ワンスモア」がラジオでがんがんかかっていた。
武道館での日本公演なんて観に行けるはずも無くテレビで。
録音したカセットテープを繰り返し聞いていた。
実は、この「スーパースター」からレオン・ラッセルに出会ったのだった。
いかんなあ振り返っちゃ、いかんいかん、と思いつつも。
好きなもんは好きなんだもん。
大体が「スーパースター」を買ったころは「カーペンターズ!」と騒いでも相手にしてくれる人がおらんかった。
これは未だに続く傾向がある。
ツアーの狭間の今日は新宿でインド舞踊と音楽のパフォーマンスに。
来年出演の「アメリカ」の演出助手、垣花さんの演出作品。
インド音楽や舞踊は懐かしい。
初めてシタールに触ったのは18歳のとき。
星川京児さんのシタールに。
舞踊は、サンジェクタさんのワークショップに始まり、バラタナティヤムを習い(普通は女性のみ)、インド公演でその振付けを使ったり。
そういえば「1/2(にぶんのいち)2nd version」でも久保さんと踊ったりしたなあ。
などなど思い出す。
それにしても日本人て不思議だ。
インド人が着物付けて日本舞踊やったらどんなだろう、と思う。
日本人のインド舞踊をインド人はどんな風に見るんだろうなあ。
今は長野県在住のインドツアーメンバー、Yuwaちゃんのバラタナティヤムを見たくなった:)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡DAY2無事終了 | トップ | 津1本目、無事終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。