泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

久しぶりに作り物仕事

2017-01-16 00:56:31 | 丹下一の泡盛日記

全国各地が寒波で大変なことになっているらしい。
幸いなことに横浜は、ひじょうに寒い、というだけですんでいるようだ。
うどん食べて、材料の買い出しへ。
月末にすずしろの3女優たちが「死者の書」に再び挑戦する。
舞台監督を頼まれている。
作り物がある。
能舞台で上演するものだから材木買ってきて切ってたたけばいい、というものでもなく。
久しぶりに丁寧に仕上げないといかんのだ。
下北沢の稽古場近く、某所で作業。
そのために新しくドリルなんか買ってしまった。
大丈夫か、来月の支払い!?


これが一体なにになるのかは、舞台でお確かめ下さいませ♪
昼からの稽古は早めに終了。
こちらもちょうど今日の作業終了。
3女優の一人坪井美香さんのお母様が仕込まれた10数年ものの梅酒を頂く。
明かりが消えて、8時間の稽古の熱が静かに落ち着いていく稽古場で飲む酒はやはりいい。
全員が20代からの付き合いだもの。
「野菜食べに行こう」の声でタイ料理屋に。
今回の稽古は苦戦している。
能舞台で、シテ方の「特別ゲスト」が出演。
そりゃあ大変だ。
そして、ソロでも充分いけちゃうこの3人だもの。
必ず弾けるはずだと信じている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イーウーマン講演者養成講座

2017-01-15 11:55:57 | 丹下一の泡盛日記

土曜日はイーウーマン講演者養成講座へ。
第23期なんだそうな。
この日の午前と午後に分けて2回の講座を担当している。
講座、といってももちろん実践ワークショップ。
例によって基本のワークは用意しつつ、受講生たちのその日の状態をみてその場でメニューを組み立てる。
そして何よりもこの講座に参加している人たちの前向きのエネルギーが大好き。
今回の受講生たちも社会の中で活躍する素敵な女性たち。
そんな方たちに「演劇」が本来持つ力をご紹介できるのが嬉しい。

肉をやめてからは、お昼はお弁当を持参するようになった。
深い旅をして無事終了。
世田谷でそば食べて帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高い炊飯器で炊いた米が

2017-01-14 00:48:57 | 丹下一の泡盛日記

柴野さつきさんはエリック・サティの世界を探訪しつづけているピアニスト。
最新のCD「星の子どもたち」を入手。
聴きつづけている。

今日はお仕事の後、都内の稽古へ。
お腹に何か入れないと持たないので(本当は入れない方がいいのだけど)、コンビニで買ったものを駅から稽古場までの10分間に詰め込む。
「肉を食べない」そしてお昼は持参の弁当が多い、と言うと「コンビニ弁当食べるんですか!?」と驚かれる。
が、食べないわけではない。
むしろカップ麺好きだったりするのだ。。。
「美味いものを食べたがるやつは信用しない」という人がいた。
気持ちはわかるが現代社会ではどうなんだろう。
自分は、値段が高いのに不味いものを食べたくないと思う。

稽古は演出家のご自宅で。
彼は最近、とても高い炊飯器を購入したとかで。
稽古の後、それで炊いたご飯でおにぎりを出してくれた。
驚いた。
本当に美味しいおにぎりだった。
炊飯器でここまでの味が出せるとは。
女優さんが握ってくれたおびぎりも上手で。
海苔で巻いただけのおにぎりがとびきりのご馳走になっていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続けていてくれて、ありがとう

2017-01-12 23:05:41 | 丹下一の泡盛日記
「息子が亡くなった」と若いころからの付き合いの先輩俳優から連絡があった。
一体なにがどうしたのかもわからずに日程を調整した。
今日は午前中の所用を済ませて小さな公園のようなところでお弁当を食べて都内へ。
黒いジャケットやメジャーなんかも入っているリュックが重い。
10代の一人旅を思い出す。
午後は鉄線会能楽堂の能舞台で「死者の書」のリハーサルに立ち会う。
特別出演の観世銕之丞さんも参加。

終了後の打ち合わせをさくっと済ませて、はじめての埼玉県の駅へ。
寒空に満月が美しい。
お通夜。
その息子さんとは25年前に初めて会った。
父親である先輩俳優から会って、話してみてほしい、と頼まれたのだ。
18歳で音楽をやっていた彼は高校卒業後にどうするのか、迷いがあったらしい。
都内の劇場の本番に来てくれて、終演後に話した。
ものすごく高価な真っ白なギターを持っていた。
「すごいの持ってるなあ!」と言ったら触らせてくれた。
高校生が買うには相当にアルバイトしてお金を貯めなければならなかったはずだ。
そのギターは彼の決意表明だったのだ。
とてもシャイな若者で、30代の自分は面倒なおっさんにしかみえなかったろう。
25年ぶりにあった彼は、無言だった。
帰宅して、彼がずっと音楽を続けていたことを知った。
一人暮らしの部屋は足の踏み場も無いくらいに音響機材であふれていたと言う。
そうか、ずっと続けていたんだ!
なんだか妙に嬉しくなった。
突然の不慮の事故。
彼自身が一番受け入れ難い「死」であったことだろう。
そして、続けていたことに、感謝したくなった。
続けていてくれて、ありがとう。
合掌。そして、献杯。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体脂肪率17.4%

2017-01-11 22:42:54 | 丹下一の泡盛日記
今日は朝から病院に。
懸案だった事項をチェックしてもらったのだけど何の問題も無いのだそうな。
それがわかっただけでも充分有り難い。
一旦帰宅して野菜ラーメン食べる。
このところ一日一度は野菜ラーメン。
一人暮らしの面倒なことは食材を買うとそれを数日間あの手この手で食べないといけないところで。
しかも「自分の味」でしかない。
で、ついつい外に出ると食べなくてもいいものを食べたり買ったりしてしまうんだよなあ。
とぶつぶついいつつ、久しぶりのズンバへ。
他人のファシリテートでがっちり身体を使って汗をかくのは本当に気持ちがいい。
終了後、体脂肪率をチェックしたら17.4%だった。
今日こそは早く寝るべし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個人稽古から始まる今年

2017-01-11 09:14:06 | 丹下一の泡盛日記

連休明けの火曜日は、お弁当持ってお仕事へ。
昨年末のプレイバッカーズ忘年会に新しくメンバーになったななちゃん(有安七生)が持ってきてくれた昆布と梅干しの炊き込み御飯が美味しくて。
それを再現。

季節の移り変わりも感じることができるこの橋の上からの眺めが好きだ。

夜が始まる時間も美しい。

月を観ながら稽古へ。
太田成美と語りの個人稽古。
歴代、橋本識帆も田口莉那も二人だけの稽古日を作ってきた。
太田さんの場合は「語り」に集中して稽古した。
90分で6〜7行進む、というハードなものになった(^o^)/
自分自身のためにもいい時間になった。
来週は何人かが合流して、再び稽古の日々が始まる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心地よい筋肉痛

2017-01-11 09:09:37 | 丹下一の泡盛日記

寒禊の翌日は、ぐったりで。
「鳥船」で知らぬうちに腕をがっつりつかうものだから肩が筋肉痛。
まあ、これは例年のこと。
御神輿の翌日の肩のようなもので、どこか心地よい筋肉痛。
そう思って事務仕事の日にしておいた。
外出せずに終日をPCの前で過ごす。
たまっていた宿題が少し進んだ。
夜、一杯飲んだらくらくらと回る。
腹回りの脂もはやくとってしまいたい。
断酒、したいなあ。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄砲洲稲荷寒禊、今年も参加!

2017-01-08 20:59:48 | 丹下一の泡盛日記

きちんと朝起きて、そして天気予報をチェックする。
11時には、6℃で雨、の予報。
前夜、広島のばあちゃんがつくっている親子丼がおいしそうで。
ついつい玉子丼。
だってお水の日なんだもん。
今年で4年目4回目の鉄砲洲稲荷の寒禊。
辰夫さん曰く「過去12年で今日が一番寒い」。
たしかに。。。
だからこそ気合い充分。
鳥船をこぎながら全員で別世界に行く、この体感がたまらない。
しまったジュリエッツを誘うべきだった。

で、ちゃんと入りました。
道彦(導師)の方が素晴らしい。
彼に導かれて、3回入る。
その後のお風呂の快感!
そして、Tさん宅でがっつり飲んで交流。
これで今年も走る準備完了!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イーウーマン講演者養成講座、初回に参加

2017-01-07 21:57:57 | 丹下一の泡盛日記

金曜日、もう書類に不備は無いはずとパスポートセンターに。
この建物の中のホールにも立ったことがあるなあ、などと思い出しつつ。
そこへ電話が入り、夕方都内に行くことになる。
それまでに、とあちらこちら所用を済ませ、時間通りに都内へ。
ところがそれがいきなりキャンセルに!
なんだろうなあ、これは。
そんなわけでそのまま新橋でちょいと一杯やりつつ話す。
この時間がまたよかった。

土曜日はイーウーマン講演者養成講座の初日。
このところ日程が合わず、初回のスピーチに立ち会うことが出来ていなかった。
今日は講師全員が久しぶりに揃う。
10年以上をご一緒している方たちとの「再会」は楽しい。
オフィシャルな時間終了後に全員でランチ。
いいスタートを切った。
その後、上野のストアハウスで打ち合わせ。
というか座ったとたんにビールが目の前に。
飲みつつ、ちゃんと話す。
お次ぎは南太田で稽古場の支払いへ。
それぞれの現場がそれぞれに始まっていく♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再度のパスポートセンターで書類不備(-_-;

2017-01-05 20:06:08 | 丹下一の泡盛日記
前夜遅く帰宅したのだけど、今朝はきっちり起きる。
風呂に入り、コーヒーをポットに入れ出陣。
今年の初仕事は都内で撮影。
かつてのなじみの町を歩く。
撮影はさくっと終了。まだ午前中だ♪
ハンズに寄り「死者の書」の小道具用のブツを購入。
その後、一旦帰宅して前日の書類を持ち、再度パスポートセンターへ。
あの長蛇の列が嘘のようにぱらぱら状態。
そして書類の不備を指摘される。
実は本籍地を東京から神奈川県の逗子市に移してあった。
なので戸籍抄本が必要なんだとか。
また出直しかよ(-_-;
まだ時間はあるので、逗子に向かう。
そして自分は発見してしまった。
前日2階の写真屋で1800円で顔写真を撮影してもらったけど、1階の写真屋は1000円なのだった。
以前、成田空港で手前の両替屋のレートよりも最後の両替屋のレートの方がはるかに良い、というのを発見。
もちろん自分はレートの低い手前の方で両替。
まあ、自分の場合は大抵こういうことになっているのだけど。。。。
久しぶりに逗子市役所へ。
脇の神社へもお参りできてよかったな。
明日は朝一番でパスポートセンターに行くべし!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加