泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

STORE HOUSE Collection、搬入・仕込み、始まりました

2017-02-21 11:40:17 | 丹下一の泡盛日記

右はいのちゃん(猪瀬隆次)がくれた実家のお母さんが作っている切り干し大根をつかったもの。
本当にこれは身体に沁みる美味しさで。
お母さんの人柄がにじみ出るような煮物が出来る♪
毎年頂くのだけどメンバー全員に大好評。

月曜日は昨年2月に続き、上野のストアハウス「STORE HOUSE Collection」にスタッフで参加。
今回はタイからタイ+インドネシア+日本のチームと台湾からワイルド・シェイクスピア・シスターズ(あのユエンロンが参加していた劇団だ!)、そしてストアハウスカンパニーの出演。
毎回質の高いアジアの劇団が参集するこの企画にスタッフとして末席にいる幸せ。
来日した若い演劇人からエネルギーをもらっている。
今回、タイの劇団には日本人の友人の女優・今井美佐穂さんも出演。
昨日は搬入から稽古まで立ち会う。
その間に、TPAMで来日している昨年「不動の」パフォーマンスが素敵だったタイの演出家タン君が遊びにくる。
またマレーシアの演出家も。
TPAMってすごいなあ。
劇場主の木村慎吾さんとの話に混じる。
タン君とはその後二人で様々話し、いい時間になった。
アジアをめぐる様々な状況の中で作品を生み出し続ける彼とマネージャーのAちゃん、すごいなあ。
夜便で帰国する彼、飲みに行きたそうだったけど、稽古に立ち会うので「ごめんね」。
彼らを見ていると以前、海外に出たくて孤軍奮闘していたころを思い出す。
写真はタイチームと照明用の電球を買いに出かけたときのもの。
スタッフ一人くればいいのに暇な役者たちがぞろぞろとついてきた。
ま、当たり前か♪
ストアハウスの照明スタッフ、さすがというべきか。
タイから機材リストが送られてきた段階で、電球など消耗する可能性のある機材のバックアップを調べてあった。
おかげで即座に買いに出かけられた。
チームが生き生きと動いているって本当に素晴らしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Japanese Girl」

2017-02-19 00:38:24 | 丹下一の泡盛日記
土曜日はホールのお仕事。
早めのソワレが終了した後、実家に。
弟夫妻のお誕生日のお祝い。
朝から矢野顕子の「Japanese Girl」を聴いている。
レコードは廃盤なんだそうで。
今でも好きだし強い影響を受けたと語ったらCDをプレゼントしてくれた。
実は当時(も)お金がなくてレコードは買えずFMでエアチェックしたカセットテープを繰り返し聞いていた。
後に大学の友人宅でレコードを聴き、後奏のセッションなどにますます「好き」がつのっていた。
実家に向かう電車の中でプレイバッカーズ自主公演で自分が弾いたピアノの音を聞いたのだけど、あきらかに影響が見られる♪
もちろん月とスッポン、アーティストとただの素人、なんだけど。
公演のテーマが「さくら」だったこともあり、いわゆるプレイバックシアターの音よりも演劇的な世界の音に近い舞台で。
「Japanese Girl」に触れた高校生の頃の衝撃を懐かしく思い出したのだった。
それにしても今日の仕事は「待機」が多くなりそうだと鞄に放り込んだ20年前の雑誌でシェイクスピア作品の上演の変遷の記事や郡司正勝先生
の文章に触れるなど、何かが迫ってくるよな日になった。
実家では肉弾戦で遊ぼうと待ち構えていたかわいい甥っ子が迫ってきたのだけど「ごめん。今は寿司とビールに直面したいの」と逃げてしまった。
ごめんね〜〜:)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身体としての「ことば」を持ちたいなあ

2017-02-18 08:39:37 | 丹下一の泡盛日記
一昨日の香港チームとの飲み会で、実は全員がシルクドソレイユの「O」の信奉者だということが判明。
話がぐいっと盛り上がったのだった。
日本では自分の周囲で「O」の話が出来る人は原大樹君しかいない。
居場所間違えてるのかなあ。。。
昨夜は「Hamlets/ハムレッツ」の稽古。
女優二人が「台詞」と格闘している。
最近は自分の稽古で余裕が無くあまり人様の舞台を見ていないのだけど、若い人の台詞がこちらに届くことはめったにない。
かつての状況劇場が大好きで、エネルギーぶつけてくる芝居も好きだ。
そしてこの頃の若い人のエネルギーぶつけてくる芝居。
叫んでいる身体が「軽く」見えてしまうのはどういうわけなんだろう。
「朗唱」の感覚はシェイクスピアに向き合うときには基本になるような気がしている。
そして、短歌と向き合うときにも。
「うたう」のではなく「語り」。
その身体感覚が劇的な場を生み出していく。
そんな場面にたくさん立ち会ってきた。
カーペンターズのヒット曲の歌詞がまったく別次元の世界を生み出した場面が好きだった。
あぐらをかいて座っているだけの俳優が語るシェイクスピアの台詞。
意味はわからなくても一つ一つの単語の「おと」が明確に伝わってくる美しさ。
ことばが身体にしみ込んできて、英語がわかる人になったような錯覚さえもったこともある。
そんなこんなにたくさん触れて、説明する「ことば」ではなく、深いところからの「何か」を伝えていく身体としての「ことば」を持ちたいなあ、と思いつつこんなに時間が経ってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

というわけで終電は諦めたのだった

2017-02-17 02:32:34 | 丹下一の泡盛日記

今日もお弁当持ってお仕事へ。
ますますお弁当に頼る日々。
夕方用におにぎりも作る。
夜は都内で別件の稽古なのだけど移動の時間しかないので歩きながらおにぎりを食べることになる。
玄米あずきご飯のおにぎりに焼いた鮭を握り込んであるのだ♪
役者だけやらせてもらえる稽古場は嬉しい。
演出や主宰を兼ねていると場をファシリテートするために饒舌になる。
役者だけのときはローキー(low key)になるので、そのギャップに驚く人もいるかもしれない。
今日は自分にとっての「アメリカ」って何だろう、という設問も。
植民地にすらならなかった日本の国民として、答えの無い永遠のテーマなのかもしれない。
疲れがでたか、身体がこわばって納得がいかない時間になってしまった。
駅に向かう途中、その気持ちのまま「ハムレット」の台詞をつぶやきながら移動。
すれ違った人は、もちろんささっと遠ざかっていくのだった:)


そのまま横浜に向かい香港チームと飲む。

お行儀のよい彼らの箸の置き方を見よ♪
手前は彼らに合わせた自分。
今回の観客参加パフォーマンス、「いつ僕だって気がついた?」とMに聞いたら「目隠しとるまで知らなかった」と。
そして「ベストパフォーマーの一人だった」とお世辞を言ってくれた。
オノヨーコが自分のパフォーマンスについて「自分を捧げものにする」と語った、なんて話になったあたりから終電を諦めたのだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい話といい体験で夜の稽古はいい時間になった

2017-02-16 00:52:08 | 丹下一の泡盛日記
マジシャンの原大樹君から連絡を頂き会う。
毎週海外に出かけて本番をこなしている彼。
すごいエネルギーを持続しつつ自分と闘う日々だろう。
前回は11月のジュリエッツを観に来てくれた。
横浜中華街でランチする。
海外の楽しい話を聞きつつも、やっぱりパフォーマンスの話が楽しい。
前日KAATで見たパフォーマンスがすごかったと力説。
で、稽古の時間をずらしてみるつもりで。
楽しい時間はあっという間に過ぎて、自分は日本大通り駅近くで、同じTPAMのメニューで上演されている香港の友人Mのパフォーマンスへ。
障害者(がい、と書きたくないんだよなあ)を持つ人とのアートをテーマに香港をベースに活躍している。
15年来の友人でもある彼女が2012年には香港でのワークショップに呼んでくれたのだ。
今回は目隠しをした彼女が、同じく目隠しをした一人の観客と関わっていくと言う「一人観客」のソロパフォーマンス。
立ち会っていいか? と確認してこの時間ならと許可をもらって尋ねていった。
会場は小さなレストラン。
留守番の若いアルバイトのお兄さんと話すうちに、マネージャーのAが「客が遅れている。来ないかも」と。
Mは既に目隠しをして空間の奥でウォームアップしている。
A「代わりに客になってくれ」。
「!?」。
というわけで目隠しをされて、パフォーマンスに参加。
香港でもいきなり誘われて全裸になったことがあったよなあ、と思い出しつつ。。。。
M、さすがに誘い方が丁寧だ。
そして、もちろん、スパークした♪
ぎゅっとハグしてKAATに。
大樹が「昨日は2時間前に10人くらい並んでいたそうで、早く行った方がいい」と行ってくれていたのだけど。
2時間半前に100人並んでいるとは思わなんだ(-_-;
1時間以上並んで待ったけど、夜の会にも入れない(かも)と伝えられて、ギブアップした。
今日頂いたいいエネルギーを稽古場に伝えるべし、と。
いい稽古になったことは言うまでもない♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Hamlets/ハムレッツ」の稽古

2017-02-15 00:12:40 | 丹下一の泡盛日記
今日は夕方から「Hamlets/ハムレッツ」の稽古。
仙台の稽古で得た成果を女優二人にシェア。
井村さんも参加。
「俺、ゲーム嫌いなんだよ」と言いつつやってくれるのが嬉しい♪
以前、ことばを「置く」ことに苦労した。
古典の人にはかなわないがそれなりに楽しめるようになったこの頃。
前回の「Hamlets/ハムレッツ」ではそれを試して手応えを得た。
女優さんたちにそれをお願いしているのだけど、どうかなあ。
稽古でちょっと突っ込むと終了時間になるんだもん。。。。
稽古の後、橋本識帆が制作雑務を助けにきてくれる。
作業しつつ先週までの舞台の話を聴く。
役者は、本番を重ねて成長するもんだなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「喫茶店」っていいなあ!

2017-02-13 23:01:23 | 丹下一の泡盛日記

月曜日は昨年お参りした稲荷神社に。
近くにある素晴らしいカフェに連れて行ってもらった。
喫茶店、という言葉を思い出した。
喫茶店で静かにコーヒーを飲み本を読んだりした日々が蘇る。
最近のコーヒーショップとは違う贅沢な空間。
身体は「冷え」で寒くて仕方が無いのだけど、精神のいいリフレッシュになった。

夜は銀座のK's galleryでヒグマ春夫さんのパフォーマンスをみる。
勉強になりました♪
舞台は暗転=BOブラックアウト、というくらいで黒で覆うくらいしか出来ないけど、映像には白転=ホワイトアウトって手もあるということを改めて確認できた。
展覧会の初日でワインで乾杯、その後の飲み屋へを遠慮したので、とても残念がられたのだけど。
さすがにこの体調では、と帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「冷え」が身体に入りちょっと休憩

2017-02-13 22:51:00 | 丹下一の泡盛日記
日曜日もホールのお仕事。
ここにいると「表現」だけでも、世間には本当に色んな人がいると思う。
7歳くらいの子どもたちがたくさん参加しているのを見た。
自分と50歳違う。
かれらが自分と同じ年になるのは、2067年だ。
なかには22世紀をみることになる子どももいるだろうなあ。
さくっと終了して一人帰宅。


「Hamlets/ハムレッツ」の演出のアイデアはぽつぽつと沸いてくるのだけど。
そんな時は(自分の)セリフが入らない。
身体に「冷え」が入っているのがわかる。
発熱、風邪のギリギリ手前で踏みとどまっている。
おかげで家の中は荒れ地のように。
やるべきことはたくさんあるんだけど、ちょっと休憩することにした。
仙台で買ってきたユリ根とたらの芽。
どちらも信じられないくらい安い値段で。
そして、とても美味しかった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マカオの劇団がすごかった!

2017-02-11 22:53:46 | 丹下一の泡盛日記

土曜日はホールのお仕事。お弁当持って出かける。
振り返ってみればホールのお仕事というのも有り難いもので。
コンサートだけでも、シャンソンはじめタンゴ、カンツォーネ、ジャズ、クラシック等々。
邦楽もたくさん。時には、人間国宝の長唄も。
耳が肥える♪
夕方無事終了後、香港のM、Aとマカオの劇団の公演を見に関内へ。
TPAMの企画の一つ。
昨年Aがプロデュースしてパフォーマンス公演があり、側面支援をしていたが、その第2弾がMのソロ・パフォーマンスなのだった。
ソロ、だけど、実は一緒に、と強いオファーを受けていた。
他ならぬMなので悩んだのだけど、「Hamlets/ハムレッツ」の稽古を優先することに。
会場を探し当ててマカオのスタッフと話していたら、背後から誰かが目隠しをする。
もちろんMで。
モントリオールで会って以来だから2年半ぶりか。
そして一緒に見たマカオの芝居が素晴らしかった。
音楽劇、というかピアノとマリンバの演奏と二人の俳優の歌劇。
日本語と英語の字幕も出る。
記憶に残る実際の事件をベースに展開される深いストーリー。
途中から隣のMは涙ぐんでいた。
自分も仕事で結構疲れていたのだけど、かなり集中してみた。
マカオの劇団見たの初めてだけどすごい。
俳優も素晴らしい。
20年前だったらタイニイアリスで上演しただろう企画だけど、今は関内なのか。
そして、記憶に残るキックのある深いパフォーマンスのこの日の観客は14人なのだった。。。
うち日本人は自分を含めて3人。
残念だ。
マカオは2回行ってるけど舞台は見たことが無かった。
M曰く「今、すごくいい作業をしているグループが3〜4はあるのよ」。
隙間時間に無理矢理もう一度見ておこうかなあ。

いい舞台に触れた後は、直会しなきゃね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台の稽古無事終了

2017-02-11 22:44:06 | 丹下一の泡盛日記
10日(金)、仙台で引き続き稽古。
昨夜は雪が降る中をみんなで晩ご飯。
子どもの頃、雪には興奮したものだけど、大人になって金沢で冬をすごして、雪に対する見方が180度変わった。
ほんと、雪国は大変だ。
前日、稽古場で茅根さんはじめガールズと色々と試すことが出来たおかげで2つの場面を追加。
ほんと楽しい稽古になっている。
はやく横浜組と合体したいものだ。
ぎりぎりまで稽古してしまったものだから、やっぱり新幹線に乗る前の晩ご飯の時間がきゅうきゅうになる。
いかんなあ。
全員が改札まで見送って下さって幸せに乗車。
それでも仙台の稽古から戻るときは車内で様々なことが脳内をめぐる。
ご飯のときの熱燗が回っていつの間にか眠り、大宮で(また)目が覚める。
未だに大宮駅が起点なのか!?
帰宅したら嬉しい話が待っていたのだけど、なんかこれとんでもない話でもある。
ま、いいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加