泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

三浦半島演劇祭で演劇ワークショップ

2016-07-24 07:27:58 | 丹下一の泡盛日記

週末は、横須賀市などが主催する三浦半島演劇祭の特別企画で演劇ワークショップ。
昨年に続く2回目。
高校生が大半の中に大人も交じる混成チーム30人ほど。
休憩含む6時間枠なので、かなりやりがいがある。
実際、昨年も楽しい時間になり、今年もお声がけいただき楽しみに待っていた。
といいつつもプレイバックシアターとはゴールが異なるので参加者のお顔を見てから、例によって路線変更!
終日を楽しく過ごさせていただいた。
今回、興味深かったのは昔話を演じてもらうエクササイズ。
各小グループがストーリーをアレンジして上演した。
鬼が島の鬼が金貸しだったり、男子が演じたシンデレラに継母たちがひたすら「ブス」と言い続けたりする。
もちろんエッセンスは変えていない。
かえって彼ら(高校生だけでなく大人たちも)の「エッセンス」が見えてくるようで、時折心が痛くなりつつも非常に興味深くみた。
からだもがっつり動かして汗もかいてすっきり。
ワークショップの後は開会式に。
高校生たくさんなのでカルピスで乾杯した。。。
帰宅して、風呂に入り、とにかく寝た。
そして、眠っている間にたくさんイメージがわいてきたので、今日のメニューはこれからブラッシュアップ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末は演劇ワークショップ

2016-07-22 22:49:05 | 丹下一の泡盛日記
米共和党のトランプ氏の大統領候補氏名受諾演説のニュースを見つつ思い出す。
20年くらい前か。
1996年頃に新聞などの評論で「アメリカ人が世界のあちこちで嫌われているらしいと、アメリカ人自身が自覚するようになった」と読んだ。
「自由の国」から「世界の警察官」へと自称しはじめたころで、アメリカの警察の歴史を思うと恐ろしいと思った。
共和党大会では、20年の間に落ち続けた過去を振り返り、もう一度あの頃の「アメリカ」を取り戻そう、というスローガンを熱狂的に迎えているように見える。
過去を取り戻すことなどできないのに。
そして「嫌われていることを自覚できない」のも困ったもんだ。

週末は昨年に続き横須賀で演劇ワークショップをやらせていただく。
その教材をコピーしに外に出て、スーパーに寄ったら茄子が食べたくなった。
手に取って、一瞬迷ったけど、購入。
別府駅前のスーパーで買って一晩置いて飛行機で持ち帰った茄子より鮮度が低いのは何故なんだろう。。。
もっと小さく刻んで味噌で和えた方がよかったな。
とにもかくにも、明日、明後日は思いっきり身体を使って遊んでみたい。
楽しみだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「合理的エゴイスト」をみる

2016-07-22 00:26:23 | 丹下一の泡盛日記
Tama+ projectではおなじみの橋本識帆さんが出演する劇団ピンクメロンパンの「合理的エゴイスト」をみた。
高円寺の明石スタジオ、懐かしい。
井村組で公演したことがあるのだ。(遠い目)
いい芝居だった。
作者が当日パンフに「大きく言うとこれもSF」てなことを書いていた。
いやいや充分SFだろう。
見始めて5分で「ブレードランナー」がうかんでくる。
識帆含めて「ブレードランナー」には「?」。
こういう時代にこんな舞台を創ってくれる若い人たちに感謝。
そして、一緒に見たつっきー(筒木彩乃)も「識帆さん、光ってました」と指摘していた通りで。
彼女は、厳しい目を持ち嘘をつかないので知られている。

終演後、このところ稽古場をご一緒している修行中の「若手の女優さん」たちと。
その後は、カフェで♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京大衆歌謡楽団、8月ライブの打ち合わせへ

2016-07-21 12:10:38 | 丹下一の泡盛日記

水曜日は浅草へ。
東京大衆歌謡楽団の銀座のホテルでのコンサートの打ち合わせ。
電車を一本逃したのでお参り抜きで打ち合わせ場所に直行。
この楽団が歌う昭和歌謡は自分にとっても「遠い過去」のものだった。
郷愁もない。
むしろ大人になってからそのよさを再発見したものばかり。
楽団のトップは32歳。
彼らにとってその「距離」は、外国の歌みたいなもんだったろう。
今年になってからT夫さんの企画で浅草神社でライブを始めたのだけどかなりの人が足を止めて聴き入って下さる。
外国の人も大勢。
今後は他の神社でも、と夢は膨らむ。
コンサートの打ち合わせはさくさくと終了。
それぞれが作業を持ち帰ることに。
その後は、主催のT夫さんや制作スタッフと「ちょいと一杯のつもりで飲んで〜〜」。
いえ、ハシゴはしてません。。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「自由」よりも「カネ」なのか

2016-07-20 11:47:41 | 丹下一の泡盛日記

ソーメンの漬けだれを研究中:)

週に何度かお昼ご飯時の12時に階下のゴミ集積所に車がやってきてぐあしゃぐあしゃと燃えるゴミやビンや缶を巻き込んで積んでいる。
その間も車からは大音量のオルゴールが流れ続ける。
ので、在宅時は昼飯と重ならないように気をつける。
自分が出した大量のゴミをこの暑さの中で処理してくれているのだから、感謝するのが当たり前なんだけど。
ニュースを見ていると世界中にストレスが満ちあふれているような気持ちになる。
カネとモノが基本の生活は平等(感)を生まないこともわかったはずなのに。
「自由」よりも「カネ」を選んでしまうのは何故なんだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本大会の間にも世界は揺れ動いていた

2016-07-20 00:13:08 | 丹下一の泡盛日記

終日自宅で過ごす。
洗濯しながらプレイバッカーズの動画作業。
そしてパソ子が「ええとええと」と読み込んでいる間に別のPCで写真の整理。
いつの間にか5000件。
どうりで重いはずだよなあ。

日本大会で川崎に籠っている間にも世界は大騒ぎに揺れ動いていた。
なんだかなあ。
結局は金に縛られているってことなんだろうか。
札幌のYちゃんとも飲み屋で「食料自給率100%の国を目指すことは急務」と盛り上がった。
中国はもうすっかり大国で、かつてのアメリカのわがままし放題を見習っているように見える。
アルカイダつくったりISつくったり、武器を売るのも大変だ。
方向転換できなくなってるのも大変だ。
足下から銃に復しゅうされている。
日本は大丈夫かなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本大会、幸せに終了

2016-07-18 20:12:36 | 丹下一の泡盛日記

前日睡眠時間足りず、お弁当も手抜きになりがち。

日本大会最終日。
午前中はアートセラピーのワークショップに参加。
目を閉じてクレヨンを選んだら、白だった。
面白い「お題」だと思い、そのまま白い画用紙に白のクレヨンで絵を描いた。
お昼はランチ用の部屋で初めてお会いした人とも話しつつ。
そしてクロージングへ。
主催のさっと(長谷川里美)はスクールの同期生。
10年前の静岡の主催チーム、そして2011年に震災でキャンセルされた主催チーム。
3チームが中心に立ち大きな拍手を浴びていた。
さっとはその後、"崩壊"♪
めえめえ泣いていた。
本当にありがとう!
たくさんハグをして会場を後に。
札幌のYちゃんと再び♪

おかげでよいクロージングになった。
帰宅してからの記憶が曖昧だ。。。

10時間爆睡。
目覚めて風呂。
おはらしょーすけさんみたいな生活だ♪
ひと月前の納豆が冷蔵庫に。
これをすりつぶすといい味が出る。
ギバサとうるめいわしの削り節に柚子胡椒。
出し醤油でいい漬けだれができた。
今日は一息つくための日。
プレイバッカーズは、8月5日(土)、毎夏恒例のAIDS FORUM(会場は横浜駅前のかながわ県民センター)に登場します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本大会2日目

2016-07-18 19:56:28 | 丹下一の泡盛日記
朝、ふらふらしながらお弁当を詰める。
昼と夜の二個。
2日目、最初のワークショップは朝9時から。
無料シャトルバスがあるのにタクシー使っちまったい。

「被抑圧者の演劇」、日本で触れる機会はなかなかない。
自分も2003年のプレイバックシアター世界大会の分科会で触れたのが「実践」は最初で最後。
貴重な体験となった。
お昼のお弁当を食べてから、午後は我が「妹」分のNちゃん率いる「心の樹」のワーク。
Nちゃんがコンダクターなのでボランティアアクターで動く彫刻に参加。
その次は、耕太郎(秋山耕太郎)のクラーク高田馬場校のプレイバックゼミ生による公演。
高校生たちの一生懸命、最高!
次々に手が挙がる。
必死で我慢したのだった。
見てるだけで涙が流れてくるんだもの。
再びお弁当食べて、名古屋のグレースのパフォーマンスに。
もうその頃からエアコンがきつくて珍しく頭痛。
終了後、久しぶりに再会した札幌のYちゃんと駅前で飲む。
ぐちぐちを聞いてもらって、復活!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレイバックシアター日本大会初日

2016-07-18 19:45:32 | 丹下一の泡盛日記

16日(土)、プレイバックシアター日本大会初日。
2011年に開催される予定が直前の大震災で中止になったり。
様々なストーリーを経て、10年振りの開催に至った。
それぞれが感無量。
プレイバッカーズはオープニングアクトを勤める栄誉。
それにしても身体はふらふら。
開会前に裏で横になって仮眠。
10分爆睡して目が覚めた。
なんとか無事終了。
全国から集まった旧知のプレイバック仲間がたくさん。
初めて会った人からも10年前に大分の耶馬渓で見ました、なんて。
なので、予定外で懇親会にも参加。
もちろんがっつり飲んで帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「演劇によるいじめ防止授業」一学期無事終了

2016-07-15 23:38:33 | 丹下一の泡盛日記
六浦小学校二日目の金曜日。
朝一番に校長先生から励まされるコメントをいただく。
えりちゃん(高橋江利子)も前日を踏まえステップアップしたコンダクティングで無事終了。
一学期分34本を無事終了した。
帰りは雨。
帰宅して動画処理をしながら晩ご飯、というかつまみ仕込む。

「いじめ防止授業」の前期終了を(勝手に一人で)祝い、大事にとっておいたからすみでスパゲティ(^o^)/
明日は10年振りに開催されるプレイバックシアター日本大会初日。
13時チェックインだけど、オープニングアクトのリハーサルで10時入り。
機材も揃った。
後は寝酒あおって眠るだけ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加