寮管理人の呟き

偏屈な管理人が感じたことをストレートに表現する場所です。

2月は各地でかき祭が行われる

2015年01月31日 | 食材
2月1日は寄島かきまつりと赤穂かきまつり、8日は相生かきまつり、そして22日はひなせ(日生)かき祭、と岡山県と兵庫県の主要な養殖地でかきが安く食べられる。かきは2~3月が最も美味しくなる時期でしかも値段は安い。殻付きを買ってきてレンジで蒸しがきにすると何個でもいける。調味料はかきの持つ塩分のみ。料理はシンプルが一番だ。

蒸しがき

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好みのラーメンと具材

2015年01月31日 | 家飯
東京の醤油ラーメン(中華そば)が私は一番好きである。程よいコクのスープとシコシコした中太麺の組み合わせはラーメンの王道だと思う。具材は煮豚、メンマ、青菜(かネギ)があれば十分。他に追加するとしたら煮玉子か茹でモヤシくらいか。自宅で食べるあっさりラーメンというのもなかなかいいもんだ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煮豚(チャーシュー)に使用する部位 

2015年01月31日 | 食材
私は気が向いた時に煮豚を作る。回数でいうと年に2~3回か。部位はバラか肩ロース、ブロックを買い求めるのが良い。バラを使う場合はたこ糸で縛って全面を焼き固めると荷崩れを防げる。

焼き工程

表面に火を通した豚肉(中はまだ生の状態)を鍋に移して臭み消しのネギと生姜を入れて醤油(+日本酒)で煮る。沸騰後は弱火にしてアルミ箔などを落し蓋にして10~15分加熱する。自然に冷まして煮豚は完成である。

煮込み工程

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンション建設のスピードにびっくりする

2015年01月30日 | 日記
福山市道三町で建設が進むマンション・ビアンカ道三町プライマル。随分と高くなって来た。山陽工業の技師は「2週間ごとに1フロアずつ上がっていく計算です」と工程について語ってくれた。完成は8月頃とのこと。技術の進歩にはただ驚くばかりである。

ビアンカ道三町プライマル

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡山市中区古京町2丁目2・六高記念館(その2)

2015年01月30日 | 
六高記念館は平日のみの開館である。ゆえに六高生の銅像の写真を撮って引き返すつもりであった。ちょうどその時正面玄関から職員と思しき人が出て来たので声を掛けた。

銅像

「広島から来た者です。今日は休みですよね」と切り出たところ「ええ。でも記念館を使用している人がいるので上に確認を取ってみます。中に入って少しお待ち下さい」と予想外の答えが返ってきた。

太鼓

館内(1階)で貴重な展示品(旧制六高の太鼓や古写真のパネル)を見ることが出来ただけでもありがたいと思った。3分ほどして彼女が戻って来て私をまた驚かせたのだった。

古写真

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市内からコンビニ・ポプラが消えていく

2015年01月29日 | 日記

四国からの撤退を決めたコンビニ・ポプラ。昭和62年(1987)春、18の私は故郷を離れた。転居先の広島市中区にはコンビニがたくさんあった。その大半はセブンイレブンとポプラだったと記憶する(同時期の福山ではローソンが多かった)。

ポプラ松浜店跡

あれから四半世紀が過ぎコンビニの勢力図は大きく変わった。広島県東部の福山市に限定していうとポプラの店舗は非常に少なくなった。最大の歓楽街・松浜町のポプラが閉店して約1年になるだろうか。日本畜産跡地にセブンイレブンが出来たのが堪えたのかもしれない。飲み屋関係の男女で賑わっていたのが夢のようだ。

セブンイレブン

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶菓子としての干柿

2015年01月29日 | 食材
渋柿を乾燥させて作る干柿。表面に吹いた白い粉が糖である。その甘さゆえ砂糖が貴重だった江戸時代には茶道で御菓子として用いられた。外はかたいが種の周りはグミのような食感で素朴な美味しさである。和菓子誕生の元になったと思って食べると味わいもまた格別だ。我が家では細切りにしてなますに加えたりもする。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡山市中区古京町2丁目2・六高記念館(その1)

2015年01月28日 | 
岡山県立岡山朝日高校の前身は旧制の県立岡山中学校(後の岡山第一中学校)である。校内に同窓資料館が建っているのも頷ける。私が3年間いた収容所にも同様の建物があったのを思い出した。

同窓資料館


 私は高等小学の三年から中学に這入った。

 岡山の県立岡山中学校であって、県中と云った。後に一中となったが、それは市内に県立中学がもう一つ出来たからで、私共の時は県立は一つしかなかった。
 入学試験の競争率は五人又は六人に一人の割であったが、その数字だけでなく市内はもとより全県下から成績のいい子が受験したので、中中這入れない学校であった。

『六高土手 / 内田百』

同窓資料館の前を通り過ぎ更に東へ行くと六高記念館が見える。記念館を訪れるのはこれが3度目で初回は平成11年5月だった。私は内田少年が遊んだ小川を暫く眺めていた。

記念館前

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福山市中心部に建設されるマンションの分譲価格

2015年01月28日 | 日記
ポートプラザ、リーデンローズに隣接する「ソシオ入船(現在福山市入船町3丁目で建設が始まった最新型マンション)」の分譲価格はチラシに3LDK:2290万円~と印刷されていた。2面道路の角地に位置し、360度全方位開放型のマンションのCMが毎日テレビで流れるので多くの人の注目を集めている。

建設現場

マンションギャラリー

立地条件

街の中心で快適な生活を送りたい高所得者層にはこの立地条件は魅力だろう。対極に田舎でのスローライフというのがあるが、古い因習や他人に干渉されるのが心底嫌な人が選択肢として考えることはまずなかろう(笑)

完成予想図

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キーコーヒー・トアルコトラジャ(ドリップオン)

2015年01月28日 | 食材
インドネシア・スラウェシ島トラジャ地方で育まれる、キーコーヒーの情熱の結晶・トアルコトラジャ。ドリップオン(簡易抽出タイプ)は1箱6袋入りが386円。

簡易抽出方式採用

家庭で手軽に本格的なコーヒーが楽しめる。香りの良さと深いコクに感動。ビターチョコレートをなめながらこのコーヒーを飲むと非常に落ち着く。コストパフォーマンスの非常に高い製品だ。

トアルコトラジャ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年賀はがきの当せん番号確認

2015年01月27日 | 日記
家族宛に届いた年賀状の当せん番号をすべて確認したところ、3等が1枚当たっていた。それは大学の友人から届いたものだった。昔同じサークルで汗を流した仲間で誰からも好かれる稀有な存在だった。素直で明るい性格の彼(関西出身)が下品な言葉を発するのを私は一度も見たことが無かった。打ち上げで酒を飲みながら語り合った日々がただ懐かしい。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田舎町潰しの元凶

2015年01月27日 | 日記
田舎の人口減少を食い止めるために何でもかんでも受け入れて結局町を駄目にしてしまう例はかなりある。自称芸術家なるキョクサ(一例:窮状の快)が町に移住して香ばしい活動を続けてネイティブとの間に深い溝を作ったあげく周辺の市民からも見放される最悪のケースを私は知っている。

こんな場所に大金(税金)を投入したところで地方創生など夢のまた夢である。ビジョンなき扇動家とその仲間たちの行く末など知ったこっちゃないが、一緒に沈むことを強いられる町民は甚だ気の毒である。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アーケード商店街で進む老朽化した建物の建て替え

2015年01月27日 | 日記
広島県福山市船町のアーケード商店街における解体風景。老朽化が進んだ建物を手を入れて使うか、それとも取り壊して新しい建物を造るか。リスク管理の面では後者のメリットが大きい。安易な民家の再生は自然災害が生じた時には大きな被害が出る可能性が高いからだ。昔のままの状態を保つということは発展から取り残される意味も持つ。市の中心部では理想ばかりを言ってはいられないのが現実である。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カタクチイワシの梅煮

2015年01月27日 | 家飯
カタクチイワシのことを広島では小イワシと呼ぶ。刺身や天ぷらが人気だが、私は煮物も好きだ。鮮度の落ちやすい青魚を調理するポイントが幾つかある。

梅煮

頭を落して内臓を抜いたイワシを酢を加えた水から煮て臭みと余分な脂を抜く(汁は全部廃棄)。次に酒でのばした出汁に処理したイワシと生姜のスライス、梅干を入れて加熱、汁気がほぼ無くなるまで煮詰める(醤油と少量の砂糖で味を調える)。酢の作用で小骨がやわらかくなりさっぱりした味わいを楽しめる。安い食材はひと手間かけることで格段に美味しくなる。

梅煮2

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見返りを求めない寄付行為が街を育てる

2015年01月26日 | 日記
我が街でも地元の宝を修復する資金を寄付で集める動きが出て来た。補助金をあてにせず広く市民から小口のお金を募るやり方は賢いし好感が持てる。見返りを求めず可能な範囲でお金を出す(徳のある)人の数で大体街のレベルと未来像が見えて来る。全国の無残に消滅していく田舎町に共通して言えるのは故郷の為に身銭を切り汗を流す人間が極めて少なく町おこしの失敗を行政や環境の所為にしていることだ。発展を続ける街をじっくり観察した上で謙虚に学ぶ姿勢が重要なのだ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加