寮管理人の呟き

偏屈な管理人が感じたことをストレートに表現する場所です。

カレー焼きそば

2007年07月31日 | 外食

初老の御夫婦が経営するお好み焼き屋の人気メニューである。カレーソースは自家製でウスター由来の酸味が前面に出ている。スパイスも適度に効いており、ビールが進む。

ヒリヒリ具合が私にはちょうどいい。スパイスは沢山入れればよいというものではなく、やはりバランスである。品よくまとめてあるのがプロのセンスだ(笑)

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒メバル

2007年07月30日 | 食材

日本料理屋の主人からいただいた黒メバルを煮つけた。広島ではカサゴよりもメバルの方が格上である。

内臓とウロコを大まかに取ってあったので、微調整だけで済んだ。霜降りにしてからたっぷりの酒で煮る。薄口醤油とみりんで味を調え完成。鮮度のいい魚に砂糖や濃口醤油を多用するのは愚の骨頂だ。

美味しいものは人を幸せにする。そして日本人に生まれてつくづく良かったと再認識するのである。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしマーケット

2007年07月29日 | 

アイビースクエア内でガラクタ市をやっていた。ラムネの壜や、ブリキのおもちゃ、ソノシート、器などが売られていた。

売れ筋は牛乳メーカーの名前の入った木箱、ウルトラマングッズであった。私は古本を二冊買い求めた。

ゲッターロボの色鉛筆に目をつけていたのだが、他の店であれこれ物色して再び戻ってきた時には消えていた。少し後悔した。

掘り出し物

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡山名物白桃

2007年07月29日 | 

商店街のスーパーの店先に白桃がたくさん並んでいた。値段はピンからキリまで。糖度が高いのは値段が張る。3800円のケースに興味がわいたが、「その金で缶ビールが××本飲めるわ」と思い、購入は控えたのである。今年も親戚から白桃の贈り物が届くという甘い期待を抱きながら‥‥

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うなぎがニョロニョロ

2007年07月28日 | 食材

生け簀で蠢いているうなぎはすべてあの世逝きが決まっている。カウンターでうな重ができ上がるのを待っていたところへ、オヤジが登場して暴れるうなぎを次から次へとさばいていった。惨たらしい場面を見ても食欲は一向に落ちないのだ。

蒸しをかけないうなぎは皮目がバリバリで香ばしい。中はふっくらしているが、関東風のような上品さには欠ける。あの一種物足りなさが次第に病みつきになることを不幸にも地元民は知らない。美味すぎないというのは日本料理にとって重要なポイントである。

地元のうな重

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すだちおろしうどんを食って暑さを吹き飛ばせ

2007年07月28日 | 外食

いつの間にかパジャマを脱いで真っ裸で寝ていた。扇風機は回りっぱなし。寝汗で髪がグチャグチャだ。洗面を済ませて急に冷たいうどんが食いたくなった。

チャリンコに乗り駅前のなか●に向かう。すだちおろしうどんの食券を購入してしばらく待った。すだちを搾り、濃口だれをまわしかけよく混ぜてから食らう。喉越しがよい。爽やかな酸味でトローンとした目が覚めた。

さて猛暑の中を出立だ。

にほんブログ村 料理ブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒートアイランド

2007年07月27日 | 日記
真夏日そして熱帯夜。湿度の高さは異常である。少し歩いただけで汗がダラダラ流れる。今からクーラーなど使っていたら、長い夏をのり切ることはできぬ。

一杯引っ掛けて店を出ると立ち眩みを起こしそうな熱気を感じた。直帰せずにバーに寄った。カクテルを二杯飲み、ウトウトしながら「死刑台のエレベーター完全版」を丸々一枚聴いてしまった。

勘定を済ませて重い扉を開けたのが22時半。少し風が出ていた。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茗荷が大活躍

2007年07月27日 | 食材

チャーハン、冷奴、刺身、そうめんつゆの薬味として茗荷をよく使っている。茗荷は爽やかな風味がウリで、まさに夏向きである。

刺激臭が強いので拒否反応を示す人が多いのも事実だが、シャンツァイとかバジルの好きな人には受け入れられていると思う。独特の癖をやわらげるには水にさらすとよい。

茗荷めしという料理を私はまだ食べたことがない。友人が「ほんまに美味いで」としつこく語るので、一度作ってみようかな。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投票を終えてスイカにかぶりつく

2007年07月26日 | 食材

土日は県外にいるため、役所で期日前投票を行なった。意外に若者が多くて驚いた。この参議院選挙では投票率がかなり上がることだろう。

偏向メディアが連日何を書きたてようが私の信念はまったく変わらない。ここが、もと非国民との大きな違いなのである(笑)

風呂からあがって冷蔵庫を開けるとスイカが入っていたので急遽休肝日とした。甘みは若干弱いが、みずみずしくておいしい。冷たさで脳が痛くなるほどだ。夏にはやはりスイカが合う。調子に乗って食べすぎたかもしれんな。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水浴びせずにはいられない

2007年07月26日 | 日記
朝から灼熱地獄である。蝉の鳴き声すら鬱陶しい。コンビニ前の水溜りでハトが三匹じっとしていた。何とも間抜けであるが、暑くて堪らないのだろう。見ていてこっちまでムシムシしてきた。私もこれから冷水を浴びよう。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アコウ骨蒸し

2007年07月25日 | 食材

アコウ(キジハタ)は初夏からお盆まで主役になる白身魚である。私はハモよりも実はこっちの方が好みだ。大アコウ(60cm級)になると、旨味・弾力ともに抜群で暑苦しさを吹き飛ばしてくれる。

愛媛県では大アコウがバンバン水揚げされ、広島県内で食べるよりも割安感がある。そして料理人もネチネチと講釈を垂れないので、わざわざ遠出して食べる価値は大だ。

造りにして残った頭を酒蒸しにしたのは非常に美味しい。鯛とかスズキのように強烈な自己主張をしない魚で、その繊細な味を愛する魚食いはたくさんいる。カンカン照りの日にあえて蒸し物を口にして精をつけるのだ。ウナギより遥かに品がある。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小松菜と揚げの炊いたん

2007年07月24日 | 家飯

質素極まりない健康食。便通が良くなる料理である。小松菜は予め塩水でさっと茹でて5cmの長さにカットする。油抜きした揚げと使用済みの昆布と一緒に八方だしで煮る。

高菜のようなえぐみがないから私は好きだ。揚げの代わりに豚肉を使うと更に美味しくなる。冬場は水菜を使って同じ要領で調理すると立派なお惣菜に昇格する。

にほんブログ村 料理ブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死に様

2007年07月24日 | 日記

歩道に犬の糞らしきものが落ちていて思わずよけたら、違っていた。捕食者の餌食にならず天寿を全うした蝉。既に肉はアリンゴが持ち去り、殻だけが残っていた。

夏は虫の死骸をよく目にする。人間の物差しで命をはかると、それは「あまりに短い」と思えるが、虫の物差しでは「充分に生きた」ということになるのだろう。

虫は子孫を残してあっさり死んでゆく。業の深い人間のように悪あがきしないところが素晴らしい。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水田

2007年07月23日 | 日記

稲が生長して50cm程度の背丈になっていた。からっと晴れたのは本当に久し振りである。梅雨明けはここ数日中だろう。

日照時間が短いと米は不作になる。これからが一番大切な時期だ。今週はずっと晴天続きの予報が出ていた。本格的な夏の到来である。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下町の夏まつり

2007年07月23日 | 日記

駅からの帰り道、公園の方から民謡が聞こえてきた。町内会の夏まつりをやっており、着物を着た御夫人が黒田節を歌っていた。私は足を止めた。このような下町の行事はめっきり少なくなったことに気付いた。

古い建物が取り壊されて、その跡には高層マンションが建つこの頃。あと数年もすれば下町の風情は消えてしまうことだろう。

夏祭りを行なっている場所に最も格式高い料亭があったことを知る者は少ない。『富士仙別荘』は戦災で焼失して再建されなかったのである。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加