寮管理人の呟き

偏屈な管理人が感じたことをストレートに表現する場所です。

余命三年時事日記 外患誘致罪 / 余命プロジェクトチーム (著) 

2016年09月19日 | 書籍
平成21年(2009)9月初旬に私は滋賀県大津市を旅した。ポッポ内閣発足直前にあたり、大層憂鬱だった。マスコミの大擁護と大震災発生によってトクアの傀儡政権によるろくでもない政治ごっこが3年以上も続いた。そしてついに日本国民の怒りが頂点に達し無能な連中は追放されたのだった。

R4の経歴詐称(二重国籍)問題が浮上した後に刊行された余命本シリーズ第4弾には旧眠巣の悪行が(頭のいい小学生に理解できるように)経時的にまとめられ売国奴のリストまでついている。名前の挙がった(二重国籍も疑われる)関係者はガクブルだろう。

揺れに揺れまくった平成28年は遵法精神の欠如したゴミ溜め共の大掃除で終わりそうである。私達が梅安先生の如く冷淡にド悪党の首筋に仕掛針を打ち込む時がもうじき来る。時代遅れとなった新聞・テレビがネットのスピーディーな調査力とバランス感覚に白旗を上げる日は意外に早いと思う。

梅安

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超簡単!雷豆腐 | トップ | 広島県福山市延広町5‐9・株... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。