寮管理人の呟き

偏屈な管理人が感じたことをストレートに表現する場所です。

岡山県津山市伏見町41・本琳寺にある遊女の供養塔

2017年08月27日 | 
旧出雲街道より伏見町の小路に入り陰鬱な気持ちを抑えながら南下した。非常に短い思案橋を渡った先に真宗大谷派不遠山本琳寺がある。

山門

本堂

本堂が新しいことに気付いてちょっと変だなと思ったのだが、それは平成20年(2008)春に再建されたものだった。本堂前から墓地へ移動する。遊女の供養塔はブロック塀に近いところに建立されていた。

供養塔

銘文

裏面に「卜地于本琳寺中改葬遺骨建納骨碑以行追弔法會又将合葬今後遊女病歿者永久弔祭云因記其略歴……昭和三年三月 津山遊廓組合事務所誌」という刻銘あり。私は「人生いろいろ…天国と地獄はいつも紙一重…」と呟き寺を出てかつての遊里へと足を向けた。

銘文(拡大)
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島県福山市霞町2丁目7・... | トップ | 広島県福山市明治町7・住友... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事