寮管理人の呟き

偏屈な管理人が感じたことをストレートに表現する場所です。

ローカル放送局制作の旅番組などを見て友人も呆れる

2009年11月13日 | 日記
先週、ローカル放送局の体たらくについて率直な感想を述べさせてもらったところ、今週の放送録画を見た友人からこんなメールが届いた。

「録画を笑いながら見たよ。広島の大恥と言うべき三文芝居だ。首振り四流板前の寒いギャクやビリケンてかりおやじのレポートは最悪だったな。知力に乏しい者はゆっくりと自分なりに消化した上で番組を作ることができないようだ。低レベルの類友ほど性質の悪いものはない。三日マシになればいいと君は言ってたが、上向くどころか前より酷くなったんじゃないのか…」

私が笑いこけたのは言うまでもない。そしてすぐに畏友宛に返信したのだ。

「大根役者がこれほどそろったマイナー劇団はある意味貴重だろう。分数のできない者が微分方程式を解こうと無駄な頑張りをしたところで知恵熱すら出ないはずだ。ウマやシカに上沼えみちゃんの尻の垢を煎じて飲ませてもIQは上がらんよ。下手糞な演技をカバーするために蛸板前の首と両腕に鋼鉄製のギブスをはめさせ、代わりに助手の猿に包丁を握らせるとか、男性ホルモン過多のビリケンおやじには毎回変わったヅラとド派手な衣装を着せるとか、そういう遊びに走らせる手もありかと(笑)」

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おでんの汁を再利用した手羽元のトマト煮込み

2009年11月13日 | 家飯

和のだしとトマトの相性は意外によいと以前に書いた。手羽元は塩コショウして小麦粉を塗して余分な粉をはたいておく。

手羽元と野菜(乱切りにした人参、ジャガイモなど)を油で炒めてカットトマト(ホールトマトを使う場合は手で揉みほぐす)を加えたおでんのだしで煮込む。味醂(あるいは砂糖)を足してほんのり甘みを出し、とろみがついたら完成。

皿に盛る際にバジルをのせるときれいである。鶏と野菜の旨みが出たスープはやさしい味だ。始末料理には違いないが、結構気に入っている。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加