寮管理人の呟き

偏屈な管理人が感じたことをストレートに表現する場所です。

手羽中の甘辛煮

2017年10月09日 | 家飯
手羽先の先端部(肉はほとんどない)を切り取ったものを手羽中といい、最近ではそれを半割して手羽中ハーフという名称で売られることが多い。脂が多く旨味も強いので幅広い年齢層に人気がある肉だ。私は20代の頃遠くの海無し県で暮らし夕飯に手羽中を焼いてよく食べていた。

今回は更にひと手間かけて甘辛煮にしてみた。手羽中に塩・コショウを振り小麦粉をまぶしてフライパンで揚げ焼きにする。行平鍋で調味液(濃口醤油・味醂・酒を各1の割合で混ぜる)を加熱し油切りした手羽を投入。タレが肉によく絡んだら火を止めて煎り胡麻を振りかける。ビールの定番アテだが、ご飯の友としてもいい。

調理後
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薄切りラム肉の炒め物

2017年10月01日 | 家飯
子どもの頃にはマトンを高い牛肉の代替品としてよく食べたものである。学校給食で出される鯨肉と同様に臭みが強くて印象は良くなかった。30代になって大阪でラムの焼肉を口にして「子羊は癖が少なくて旨いんだな」と思った。

ラムの薄切りはおろしニンニクを揉み込んでシンプルに塩・コショウで味付けするのが私の好みである。やわらかくて豚肉よりもあっさりしており胃にもたれない。肥満を気にする中高年にもっと買ってもらいたい食材だ。

肉野菜炒め
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋ナスのカレー

2017年09月29日 | 家飯
秋ナスの皮はかたいのでピーラーで剥き1cm程度の厚さにスライスしてサラダ油で炒めておく。炊き上がった飯を器に盛りチキンカレーのルーをかけナスのソテーをトッピングする。肉よりナスの方が美味いというのが大いに笑える。旬の食材にはやはり力がある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芋づるの佃煮

2017年09月18日 | 家飯
芋づるとはサツマイモの茎のことである。可食部位として昔から調理されており最近では朝市で売られるようになった。芋づるは蕗(ふき)のように皮をむく必要がないから下処理は楽だ。

ボイル後

大鍋に湯を沸かして芋づるをやわらかくなるまで茹でる。ザルに移して粗熱をとってから5cm程度の長さに切り分けて佃煮にした。適度に歯ごたえのある芋づるはいい箸休めになる。長期保存する場合は小分けして冷凍する。

佃煮
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カープラムネ(齋藤飲料工業)を買ったかい?

2017年09月14日 | 家飯
今晩は広島東洋カープの2年連続優勝を祝してカープラムネで乾杯するはずだったのに…巨人が阪神と引き分けたのでマツダスタジアムでの胴上げは消えた。気を取り直して話を続けよう。カープラムネの製造元は広島県福山市北本庄5丁目の齋藤飲料工業株式会社である。

原材料

カープファン

ラムネの自販機

県外の人は会社の前にラムネの自販機があるのをご存じだろうか。私は昨年優勝が決まってから買いに行ったのだが、ずっと売り切れの状態が続いたので今年は早くから買いだめしておいたのだ(笑)。今すぐ飲みたい人はネット通販(大人買い)という手があるよ。優勝は16日以降に持ち越しとなりラムネが更に売れて社長は大喜びだな。

カープファン2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島県福山市西深津町5丁目19‐43・旧中国中央病院第一職員宿舎跡地

2017年07月31日 | 家飯
蔀山(しとみやま)の麓から見た旧中国中央病院第一職員宿舎跡。山下産業が遺構の解体工事を行い積水ハウス株式会社福山支店の管理地になった。

空地B

空地C

現在空地にはその旨を示した看板が立つ。蔀山バス停周辺には新しい家が増えた。ここにも何れ同様のものが建設されるだろう。

空地D
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備後地方の漁師料理・メバルそうめん

2017年07月22日 | 家飯
煮魚そうめんは地元の漁師料理。真鯛で作るのが最も有名だが、黒メバルもいい。私は梅雨が明ける前にメバルそうめんを堪能したのだった。走島出身の女性は魚を煮付けた汁でそうめんを軽く煮込むと話していたが、私は茹でて氷水でしめためんに煮汁をかけるだけにした(こうするとあっさり食べられる)。食欲が減退する暑い日には炭水化物と蛋白質を一緒に摂取するのがベストだからおすすめだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレーパンチロル

2017年05月28日 | 家飯
チロルチョコのセブン‐イレブン限定商品。1袋3個入り(※1個33円・税込み価格)をレジ付近で見つけて怖いもの見たさで買ってしまった(笑)。

菓子B

菓子C

黄色いチロルを舌にのせた瞬間はありふれたミルクチョコなのだが、次第にカレーパンの味になってくる。中にサクサクのクルトンが入っているのが面白い。まだ食べていない人は試してみる価値ありだ。

菓子D

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旬のグリンピースを味わう

2017年05月12日 | 家飯
グリンピース(うすいえんどう)は味が落ちやすい、実に厄介な食材である。収穫後はすぐに鞘から豆を取り出して塩茹でにする(食べきれない場合は小分けして冷凍保存するのがベスト)。

処理

料理

我が家の豆ごはんは炊き込みではなく混ぜ込み方式で作っている(米が炊き上がったところへ塩茹でにした豆を入れて蒸らす。こうすると豆臭が発生せず色合いも綺麗)。初物はとりあえず翡翠煮とパスタにした。どちらも旨味を少し足すだけで豆の風味を活かし切る。言うまでもないが、豆をフォークで潰して炒めることでパスタソースの旨味と甘味は増す。

料理2

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏のワラビを食す

2017年05月09日 | 家飯
ワラビは根元のかたい部分を切り落として重曹を全体にうっすらと振りかける。ワラビを鍋に移して熱湯を回しかけて落し蓋をして一晩置くとアクは抜ける(※アクが出て水が褐色になる)

処理後

アク汁を捨ててワラビを水洗いして一度茹でこぼす。食べやすい大きさに切ったワラビを出汁に30分浸けて淡い旨味を含ませる。ワラビの持ち味を堪能したい方にはお浸し作りをすすめたい(ちょっとヌルッとした食感が私は好き)。

お浸し

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タケノコ姫皮の梅肉和え

2017年04月23日 | 家飯
タケノコの先についている薄い皮を姫皮という。私の場合、捨ててしまうことが多いが、食用になる部位でもある。細切りにして吸い物や味噌汁の具にするといい。今回初めて鶏ハムで梅肉ペーストと和えた姫皮をサンドして味わった。酸味と塩気のバランスが癖になりそうな酒肴だ。

皮

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豆腐の木の芽田楽

2017年04月22日 | 家飯
木の芽味噌の残りで豆腐田楽を作った。水切りした豆腐の両面をフライパンで焼き味噌を塗り更にオーブンで加熱する。地味な料理だが、私にとっては贅沢な一品である。強い香りとともに程よい辛味が豆腐の味を引き立てる。春は素晴らしい季節だ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清々しい香りの木の芽味噌

2017年04月22日 | 家飯
木の芽とは山椒の若芽のことで今が旬である。4月半ば位までは葉がやわらかくて爽やかな香りが強く最高の状態と言える(中国地方では孟宗が出回る時期とちょうど重なる)。木の芽を大量に使いたい時にはすり潰して白味噌と合わせる。煮含めたタケノコとスミイカを木の芽和えにして酒を飲んだ。日本人に生まれて本当に良かったと思える瞬間だ。

木の芽和え

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年はタケノコの裏年

2017年04月21日 | 家飯
タケノコが不作という話を聞きスーパーで値札を見たところやはり高かった。我が家は毎年タケノコを貰うので買った試しがない。歯ごたえのいい部分は手羽元と一緒に炊き、残りは炊き込みごはんにした。味の良いタケノコはコテコテの鰹出汁など必要ないので料理が楽だ(笑)

タケノコご飯

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚肉ソーセージ入りポテトサラダ

2017年04月03日 | 家飯
ニッスイのテレビコマーシャルを見てつい作ってしまった。私が使ったのはマルハニチロの製品(子どもの頃は本当によく食べていた)だが。ほんのり甘いソーセージとポテトサラダの相性はすこぶるいい。魚肉の味は自己主張し過ぎないのでバランスが取れるのだ。ピンク色は春らしくて美味しく見えるよ。スーパーでおさかなのソーセージを買うお母さんはとても多い。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加