硝子戸の外へ。

善いことも悪い事もわけ隔てずよく見聞きし、考え、足らない事を知り、恥をかきつつのんびりと独り言をつぶやいてます。

ゴースト。

2017-07-23 20:59:47 | 日記
日報隠蔽疑惑問題についての記事を読んでいて思ったことを一石。

稲田さんを辞任させ、その後に安倍さんもという流れに持ってゆきたいというストーリーを感じますが、もし、稲田さんを辞任させることができたとしたら、誰が、どのような理由で隠蔽する事を決定したのかを、この問題の責任を稲田さんに求めた人や、問題にかかわった関係者、メディアは伝えなければならない義務があるように思う。
でも、おそらく、その情報開示にはメリットがないから誰も引き受けないように思う。

もし仮に、稲田さんが純粋に国や国民を護りたいという想いで議員をされていらっしゃるのであれば、スノーデンさんと同じように、覇権を握り続けたい者から圧力が掛かっているではないかと感じたのです。

そのように捉えた方が、現在の状況にも合点がいくように思われるのです。

政治って、どうしてこうも複雑なのだろうか。これではゴーストを捕まえようとするのと変わらないと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 護りたい。 映画「海賊と呼... | トップ | 一年前の事件をもう一度考え... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。