硝子戸の外へ。

善いことも悪い事もわけ隔てずよく見聞きし、考え、足らない事を知り、恥をかきつつのんびりと独り言をつぶやいてます。

読書の秋に。

2016-09-15 21:35:54 | 日記
どうも心身ともに調子が悪い。パソコンを開くことも、読書も進まない。そんな中、一か月ほど掛かって小林秀雄賞受賞作の帯文に惹かれて購入した加藤陽子さん著『それでも、日本人は戦争を選んだ』を読み切る。

本当にいい本だと思います。そして、この本が同じ過ちを繰り返さない為の布石になるといいなと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穏やかな死を迎えるには | トップ | 科学が切り開く未来とは。 »

コメントを投稿