硝子戸の外へ。

善いことも悪い事もわけ隔てずよく見聞きし、考え、足らない事を知り、恥をかきつつのんびりと独り言をつぶやいてます。

朝は穏やかに迎えたい。

2017-08-30 22:27:12 | 日記
昨日の朝、憂鬱なニュースで目覚める。憂鬱なニュースが執拗に繰り返される。
布団から出ると妻に「ミサイルが発射されたんだよ」と言われ、「もう、いつもの情報番組やってくれないかぁ。メディアは少しヒステリックだよ」というと、怪訝な顔をされた。
説明するのもおっくうなので、繰り返される情報を聞き流しながら黙ってご飯を食べる。

その説明を妻には告げず、ここでひっそりと行っておくことにします。
北朝鮮のミサイルはベースはウクライナ製らしく、エンジンの構造が違うのだそう。
ウクライナ製といってもロシアが開発したものであり、北朝鮮が世界からの反感を無視し打ち上げ続けることは、ロシアにとって、北朝鮮を介してのミサイルの運用、実験であり、間接的に米国へのけん制になっているのだと思う。

大国の冷戦は継続中なのです。

また、イージス艦や、F35戦闘機、無人戦闘機を運用するには、常にオンライン状態が確保されなければならず、その為には、軍事衛星が多く必要となります。現在日本の上空を飛んでいる民間の人工衛星と呼ばれている物の多くは軍事目的であり、ミサイルの補足は私達が考えているより精度は高いと思うからメディアを通しての情報はいつも違和感を感じます。

その為、Jアラートの存在も違和感を覚えます。
B29爆撃機が迫っているという速度ならJアラートも有効だと思うのですが、音速で飛んでくるミサイルにそのスピードではどうにもできない。おそらく、仮にどこかの街に着弾して大きな被害が出たとします。其の被害をスマホで遠くから撮影し、ネット上に発信されるのと同じ速度でJアラートが発信されるのではないかと思うのです。

注意喚起は必要ですが、被害が出たわけではなく、戦闘状態にもならないのだから、恐怖心や敵対心を煽るような報道は、外交や国政を保つ為にも考えるべきであるけれども、軍備をいま以上に充実させることと、米国から最新鋭の兵器を購入する事で、貿易摩擦を減らすことが真の目的であるなら、国民の同意を得る為には昨日のようなヒステリックな報道も仕方なしなのかなと思ったのです。

でも、北朝鮮への経済的制裁で、石油の輸出を止める事をしてしまった場合、かつての日本が選択した道を取る可能性が高いと考えられるけれども、位置的に三方から大国に挟まれているので、損失、国の存続を考えると、簡単には戦争には踏み切れないのではと思うのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「ワンダーウーマン」を... | トップ | 遠い異国に思いを馳せてみる。 »

コメントを投稿