硝子戸の外へ。

善いことも悪い事もわけ隔てずよく見聞きし、考え、足らない事を知り、恥をかきつつのんびりと独り言をつぶやいてます。

混迷する政治。

2017-10-11 18:15:40 | 日記
朝のニュースで、各政党の代表者さんの主張を聞いていて思ったことを少し。

危機感を煽っているように感じるのだけれど、どうもピンと来ない。それは僕が政治や国の行く末に関心がないからかもしれないけれど、関心がないとしても、解りにくいのです。

しかし、唯一分かりやすかったのは「日本維新の会」さんの主張です。

地方がすでに出来ていることを、国内全体でやりましょうというのだから、しっかりとしたビジョンがあります。

また、2012年から紆余曲折を経て現在に至る「会」なのであるから、組織としての中身も成熟しているのではないでしょうか。だから、これから子育てをしてゆく、子育てに奮闘中の人達がこの点に気づけば、投票数は伸びるような気がするのです。

希望の党はまだ生まれたばかりなので、不安定要素が多く、メディアが取り上げるほど、伸びないように思うのです。

しかし、混迷する政治はいつまで続くのでしょうか。その経過を地方の片隅から静かに見守ってゆきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加