黄門の釣りバカ・旅バカ

人生、何でもバカになれる時が一番幸せである・・・と思う

退屈な毎日ですが・・・でも

2016-09-18 | 日常生活

私ごとです。
数年前に左目が緑内障を発症し今日に至っています。
ここ2年少し前からは最新機器が完備された医院に通っています。
1箇月検査、そしておおむね3箇月に一度の精密検査があります。

緑内障とは。
視神経が障害を受け、視野が欠けていく病気です。
はっきりした原因は分りませんが、眼圧を上げないよう、今のままの眼圧を維持するよう点眼薬によって現在治療しています。

レーザー治療や手術治療もありますが、そこまでは悪くなっていません。
とにも、かくにも、定められた時間帯に目薬を忘れないように
毎日、規則正しく5種類の目薬を点眼するのですが・・・今シーズンの美山では朝は忙しくて、昼は目薬を忘れたり・・・で、我が家に帰った日曜日と美山では、夜のみ正規の点眼が出来たこの3箇月でした(汗)

以前はクーラーに目薬を保管して、昼間の食事時に点眼していたのですが、最近は意志が弱くて時々しか点眼ができていません(汗)

                 (5種類の目薬と・・・点眼の時間帯)
 

点眼すると約1分間~2分間、目頭を押さえます。
でないと鼻から喉に薬剤が流れます。
その後、暫く目を閉じています。

これが、なかなかできません(汗)
続けて目薬を点眼できたら良いのですが、時間を空けてから次の点眼となっています。
朝と昼はどうしてもズボラをします(苦笑)

こんな状態が長く続きましたので・・・再度の精密検査を受けることになりました。
ですので・・・精密検査の当日(20日)の数日前から規則正しい生活を送っている今日です(苦笑)
そうでないと正常な値が出ない可能性があります。

      (おくすり手帳と緑内障手帳)
 

なんとか現状維持が続けば、来年も鮎釣りができます。
そのためには、定められた時間帯に点眼するよう毎日努力しなければ(苦笑)
釣行しても、必ず昼間の点眼を忘れないようにしなければ(汗)



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

南川(3)

2016-09-13 | 南川(アユ)

9月12日(月)

天気・・・曇り
水位・・・やや高、濁りなし
場所・・・久坂堰堤上及び名田庄大橋下流

今回も仲間の車に同乗させてもらい、南川に出かけて来ました。
午前10時前現地到着。
上流部から下流部まで空いている場所を探しながら偵察。

平日ですが、釣り人さんは多いです。
そこで専用区ではないですが、水位が少し高く流れのある場所では網入れが出来難い久坂堰堤上(堂本川合流下)に入ることに。

                   (支流の堂本川合流地点下と仲間)
 

小さな鮎が水面を跳ねています。
ここで昼前まで3匹。

       (本日第1号の背掛かり)
 

仲間は8匹
昼食後、名田庄大橋(国道162号線)の下流に場所移動します。
ここで2匹追加。

                  (上流に名田庄大橋と仲間)
 
 
あまり釣れる雰囲気でないので、下流に場所を探し求めて行きますが、釣り人さんが多くて朝イチ入った元の場所に戻ります(汗)
ここで終了の午後4時30分まで粘り4匹追加。

      (本日の最長寸・・・21cm)
 

全体に小、中サイズでした。
1日中曇り空で水温が上がらず、追いは悪かった感じがしました。

釣果
9匹(15cm~21cm)

 


 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

南川(2)

2016-09-10 | 南川(アユ)

9月9日(金)

天気・・・曇り昼前に通り雨が降る、のち曇り
水位・・・約20cm高・・・薄い笹濁り
場所・・・久坂大橋上及び秋和橋上流

本日は仲間の車に同乗させてもらい南川に。
午前10時前現地到着。
水位は、この時点では約30cm高で笹濁りです。

南川は狭い場所が多くて、特に水位が高いこの日の瀬では、流れの押しが強くてオトリが入りません(苦笑)
少し弛みや水深のある流れの緩い場所では、釣り人さんがたくさん竿を出されています。
あちら、こちらと竿を出す場所を探して下流部まで行くも、たくさんの支流から流れ込む谷水で、余計に水位が高くて断念。

最初に偵察した久坂大橋上に戻り入ることに。
流れの緩い、オトリが入る場所は、すでに常連の先客が居られます。

              (比較的流れが緩い久坂大橋上の釣り人さん)
 
 
なんとか石裏で我慢の釣りです。
そしてなんとか小いさいですが1匹ゲット。

   (本日第1号のチビ鮎・・・16cm)
 

これをオトリとして使いますが、押しが強くて直ぐに水面をペタペタと浮いて潜ってくれません(涙)
昼前に暗雲が・・・一時土砂降りです。
ズブ濡れです。

釣れる気配が無く、撤収して場所移動。
また、あちら、こちらと入る場所を求めて探します。
やはり、川幅の広い、少しでも流れの緩やかな場所には、数人の釣り人さんが居られます。

やっとこさ、秋和橋上流部の、川幅の広い場所に最終決定(笑)
ゆっくり目の仲間と昼食タイム。

                        (下流に秋和橋)
 
 
ここなら安心してオトリが使えます(爆)
型は小さいですが、目の前の瀬では群れ鮎が飛んでいます。
ここで、夕方の午後4時30分頃まで粘り、小、中サイズを10匹。

        (メーンの中サイズ)

 
久しぶりのツ抜けです。
仲間は少し上の深場やトロ場で良型(21cm~23cm)8匹。
海産鮎特有の引きを堪能。

              (仲間が竿を出していた水深のあるトロ場)
 


良型狙いなら・・・深い場所、トロ場。
数と小型狙いなら・・・浅い場所。
朝からは水温が低くて追いが悪いです。

まだ2回目の釣行ですが・・・少しでも水温が上がる午後からの方が釣れると思います。
次回からは、もう少し遅い目に出発しょうかなぁ~(笑)

釣果
11匹(16cm~21cm)

 



 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

南川(1)

2016-09-08 | 南川(アユ)

9月7日午後(水)

天気・・・晴れのち午後3時前から豪雨・・・のち曇り
水位・・・やや減水
場所・・・中名田橋上

地元美山川の網入れが終わり3日間経過、鮎の顔が見たいので今年初めて南川に出かけて来ました。
午前10時前現地到着。
上流部から下流部に空いている場所を求めて走行します。

平日ですが、要所、要所には釣り人さんが居られます。
何個所か橋の上から川を覗くも、石の色は悪いです。
水況や時間的なこともあるかもしれませんが、昨年よりも鮎の姿が見えず、見えても少ないように思います。

専用区の少し下流部にあたる中名田橋左岸の河川敷に車を止めて入ることに。

                  (下流に見えるのは中名田橋)
 

橋の上下には釣り人さんが居られますが、少し上流はガラ空きです。
足元のチャラ瀬には群れ鮎が飛んでいます。
ここで昼までに型は美山川と比べると小さいですが、3匹ゲット。


        (本日第1号のチビ鮎)
 
 
昼食後、再度同じ場所で釣ります。

なんとか退屈せず?遊べます。
型は中サイズが多いでした。
しかし掛かってからの引きは、海産特有の強い引きでスリルがありました。

                     (本日の最長寸・・・21cm)
 

しかし午後3時前に雷鳴とどろき豪雨(涙)
何とかツ抜けを期待しましたが、5匹追加の時点で終了。
深場狙いの釣り人さんは、良型(22cm~25cm)ばかりでした。

       (豪雨の中名田橋の下)
 

約30分間の豪雨の間は、橋の下に避難。
雨が止みましたが、位が少し上昇、濁りも入り皆さんと一緒に引き上げることに。

釣果
8匹(16cm~21cm)

  

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美山川情報(72)

2016-09-03 | 美山川鮎情報
9月3日(土)

天気 晴れ時々曇り
水位 平水 濁りなし

場所 スタンド前
網入れ 約60匹(17cm〜22cm)・・・午前11時過ぎ迄

本日は網入れです。
淵や深場には網入れの場所取りがされています。
しかし、瀬やチャラ場は誰も居られません。

そうなんです。
先日の増水で石アカが飛んで白川状態になり、鮎の姿が消えた?見えなくなった?ためだと思います(涙)

せっかく仲間が場所取りをしてくれたので入りましたが、やっぱり鮎は少なかったです(悲)
普段なら200〜300匹楽々獲れる場所です。

美山川情報は、本日をもって終了いたします。
釣り人の皆さん、その他の皆さん、誤字、脱字、コメント返信遅れ等ありましたが、3ヶ月もの長い間ブログを訪問していただき有り難うございました。

次回から、南川等の釣行をアップする予定。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

美山川情報(71)

2016-09-02 | 美山川鮎情報
9月2日(金)

天気 晴れ時々曇り
水位 やや高 濁りなし

場所 上江和及びスタンド前周辺
釣果 5匹(18cm〜22cm)

いよいよ明日は網入れです。
名残惜しいですが、美山川での最後の友釣りの日を迎えました。

朝晩は涼しく、川や田んぼにはトンボが飛び交い、草むらにはコオロギが鳴き、ここ美山はいよいよ秋を迎えます。

なんとかデカ鮎の引きを楽しめました。
最後の友釣りを楽しむ釣り人さんで場所により賑やかでした。

本日、自宅に帰るつもりでしたが、明日は網入れを仲間とします。
しかし、せっかく場所取りしたところを潜って様子を見ましたが、数匹しか鮎が見えません(涙)

少し休み、来週からお隣の南川で引き続き鮎釣りを楽しみます。
釣行すれば、引き続きブログに書き込みますのでよろしく。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

美山川情報(70)

2016-09-01 | 美山川鮎情報
9月1日(木)

天気 晴れ時々曇り
水位 約5cm高 濁りなし

場所 上江和周辺
釣果 8匹(18cm〜22cm)

昨日の朝イチ「黄門さん、美山川は竿が出せまっせ!」「水位も濁りも大丈夫でっせ!」と現地から仲間の連絡。
我が家モードなので、重い腰が上がらない(苦笑)

「黄門さん、あまり石アカは飛んでいません」「釣果は7匹でした」 と夜に仲間から情報連絡。
てなことで本日、遅い目に出勤。

天気、水況は絶好のコンディションなれども思うように釣れません(涙)
特に朝イチは水温が低く追いません。

昼過ぎからなんとか掛かりましたが、今までのように鮎の姿が見えません(涙)
玉石やチャラ瀬や流芯の一部は石アカが飛んでいます。

地元の網入れの人が、あちこち潜って川の様子を見られていましたが「先日の増水で良型が落ちた」「鮎が少なくなった」と言われました。
急に気合いが抜けました(涙)

友釣りは、残すところ明日の1日となりました(悲)
悔いのないよう楽しんで終わります。

網入れの準備をしていますが、要所、要所は場所取りがしてあり、素人は入る余地なし(涙)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美山川情報(69)

2016-08-30 | 美山川鮎情報
8月30日(火)

天気 曇り時々晴れ
水位 約70cm高 赤濁り・・・午前7時現在

昨晩から深夜にわたり本降りの雨が降り続きました。
その影響で水位が急上昇し、濁りもでました。

今シーズン初めての大増水と赤濁りです。
多分、石アカが飛び、過去の事例から推察すると鮎の一部が下がったかも。

今シーズン美山川での友釣りは終わったかも。
暫く釣行は無理なので、一旦我が家に帰ります。

天気は良いのだが残念です(苦笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

美山川情報(68)

2016-08-29 | 美山川鮎情報
8月29日(月)

天気 曇りのち昼過ぎから雨が降る・・・風は吹かず

水位 約25cm高 笹濁り・・・水位は上昇中・・・支流の知見谷川は赤濁り・・・午後7時30分現在

場所 上江和周辺
釣果 3匹(20cm〜22cm)

台風の影響?急に朝晩涼しくなりました。
それに伴い昼間の美山川も涼しくなりました。

水温が上がらず追いが悪いです。
数日前の温水状態と違ってオトリの疲れは比較的長持ちします(笑)

雨にも負けず!釣り人さんはあちこちに居られましたが、昼過ぎからの雨で殆んど引き上げられました。

本降りになってきた午後3時頃ギブアップ!
明日の釣りは今夜に降る雨が心配ですが・・・さてさてどうなることやら(苦笑)

他の釣果・・・仲間
元合鴨養鶏場下周辺 ツ抜け
棚野川 ツ抜け
黒田大橋周辺 単発!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美山川情報(67)

2016-08-27 | 美山川鮎情報
8月27日(土)

天気 曇り時々霧雨
水位 平水 濁りなし

場所 上江和周辺
釣果 3匹(20cm〜22cm)・・・昼過ぎ迄

昨日及び夜に降った雨で朝イチ水位が平水強まで回復しました。
支流の知見谷川は笹濁りです・・・午前8時現在

鮎釣りにとっては嫌な小便水でした。
夏休みも終盤、天気も悪いので川遊びのファミリーはおられません。

釣り人さんも場所により少ないです。
本日は昼過ぎ迄の早仕舞い。

明日の日曜日は、お休みします。
来週の釣りは、台風10号の進路によって、どうなることやら(苦笑)

網入れ迄あと1週間、なんとか楽しみます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加