探墓巡礼顕彰会-歴史研究会連携団体による墓碑調査プロジェクト-

全国歴史研究会の連携団体「探墓巡礼顕彰会」のブログです。

青山霊園巡墓会終了しました

2009-11-30 21:56:49 | イベント
昨日29日(日)当会と全国歴史研究会墓碑研究部会共催の初のイベント青山霊園巡墓会が開催されました。

懸念された雨も無く、時折薄日も差す天気となりました。
12:30より受付を開始し、歴史研究会主幹吉成先生、探墓巡礼顕彰会会長釣先生よりご挨拶がありました。
歴史研究会会員・非会員合わせ、約20名の方にご参加頂きました。
今回の講師はこのブログを連載している4人でメンバーで行いました。

この日巡ったのは坂本龍馬ゆかりの人物を中心とした16名のお墓。

大江 卓
 土佐藩士、陸援隊士。晩年は、部落解放運動に力を入れた。

後藤象二郎
 土佐藩士、龍馬が提案した船中八策を基に大政奉還を土佐藩主山内豊信に進言する。維新後伯爵。

沢辺琢磨
 土佐郷士、坂本龍馬の従兄弟、日本初の日本正教会長司祭。

香川敬三
 水戸藩士、陸援隊士。近藤勇の斬首を主張。維新後、伯爵、昭憲皇太后の側近。日露戦争の際に皇后の夢に龍馬が出たと宣伝。

勝 小鹿
 幕臣勝海舟長男、幕末維新時はアメリカへ留学。帰国後海軍に入るものの海舟に先立つ。『夢酔独言』で知られる海舟の父小吉(夢酔)も眠る。

野村維章
 土佐藩士、海援隊士、薩摩藩士川端平助誤殺事件の際、沢村惣之丞の介錯を務める。維新後男爵。

西山加尾 
 龍馬初恋の人、兄平井収二郎は土佐勤王党として活躍するも粟田宮令旨事件により切腹。

太田時敏
 南部藩士、新渡戸稲蔵養父。『武士道』の中に「過去を敬うことならびに 武士の徳行を慕うことを私に教えたる我が愛する叔父 太田時敏にこの小著をささぐ」と書かれている。

川路利良
 薩摩藩士、初代警視総監、西南戦争で政府軍の指揮を執る、「警察に興りて警察に終わりし者」と呼ばれる。

大久保利通
 薩摩藩士、維新の三傑、親友西郷隆盛と決別し、西南戦争で西郷を討伐する。石川県士族島田一郎らにより紀尾井坂にて暗殺される。

佐藤政養
 幕臣、学者、初代鉄道助、勝海舟門弟。

丸岡莞爾
 土佐藩士、沖縄県知事、歌人。長男桂も歌人で孫明は作家。

斎藤利行(渡辺弥久馬)
 土佐藩士、元老院議官、佐佐木高行や坂本龍馬とともに武器調達を行う。

楫取素彦(小田村文助)の妻
 長州藩士楫取素彦の妻、吉田松陰の妹、久坂玄瑞未亡人。夫素彦は龍馬を桂小五郎に引き合わせ薩長同盟の影の立役者となる。

中江兆民
 土佐藩士、思想家、自由民権運動の理論的指導者、「東洋のルソー」と呼ばれる。

白峰駿馬
 長岡藩士、海援隊士、アメリカに留学し、造船術を学ぶ。帰国後、白峯造船所を横浜に設立。

私は他にも宮島誠一郎(旧米沢藩士で貴族院議員)と尾崎三良(三條実美の家臣で維新後男爵、新聞紙条例・讒謗律の起草をする)の解説もさせて頂きました。

家紋に対するご質問が意外と多く、特に大江卓、丸岡莞爾の家紋が珍しい家紋でご興味を持たれた方も多くいらっしゃいました。
不勉強で明確な解答が出来ませんでしたが、今後の調査課題とさせて頂きますので、成果が出次第このブログ上で発表したいと思います。
他にも当日質問できなかったことなどありましたら、このブログの方でも受け付けたいと思います。

日が傾くにつれ、気温が下がり寒くなりましたが、3時間に及ぶ巡墓にご参加頂いた皆様に感謝し、改めて御礼申し上げます。

今後もこのような巡墓会を開催したいと思いますので、よろしくお願いいたします。
(文責:カネコ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 29日(日)青山霊園巡墓会迫る | トップ | 避けて通れない場所 鹿児島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。