たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



高尾山~北高尾山稜 2008年11月29日(土)

2008-12-05 | 高尾、中央沿線の山

*
*
*

久しぶりに高尾山に登ってきました。
大人気で、いつ訪れても混み合う高尾山のこと、行きたいと思いながらもその機会をつくれませんでした。
紅葉も盛りを過ぎた今なら人の流れもスムーズになっているはず、今回は1月に歩いた陣馬山~高尾山を逆コースで歩いてみることにしました。

私たちが京王高尾山口駅に着いた直後、電車の運転停止のアナウンスが…
何やら、人身事故で運転再開の見込みがつかないとのこと、本当にタッチの差でセーフでした。
時刻は8時10分、今まさに車中の人は本当にお気の毒です。

そのせいでしょうか、普段の休日に比べても静かな高尾山に感じます。


【山行日】 2008年11月29日(土)

【メンバー】夫、たんべぇ

【コース】高尾山口08:15 → 高尾山頂09:20/35 → 城山10:20/30 → 小仏峠10:50 →
景信山11:15/25 → 堂所山12:10/35 → 杉の丸13:55 → 杉沢の頭15:00 → 富士見台15:05 → 地蔵ピーク16:00/05 → 駒木野16:20
【行動時間:8時間5分(休憩含)】



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


休日にしては人が少ない高尾山入口




琵琶滝のある6号路を登ることに決めて歩き始めると沢音が心地よく響いてきます。
半年前に歩いた6号路にはスミレシーズンの最後を飾るコミヤマスミレが咲いていましたが、今の季節はめぼしいお花も見当たらないので道草することもなくさっさと歩くことができます。
一時間と少しで高尾山頂に到着しました。



綺麗な紅葉が残っていました。

紅葉の下でサンドイッチと熱いお茶で一息入れたら、陣馬山に向けていざ出発です!

城山の茶屋のなめこ汁で温まり、小仏峠の茶屋では天然のナメコをお土産に買ったりなどして秋の高尾を楽しみました。



景信山はこんなに空いています。
あいにく遠望は利きませんが、日だまりは気持ちよく、ベンチで食べた冷たいミカンが格別美味しく感じました。

堂所山まで巻道を使わず尾根を忠実に歩いたので思いのほか疲れ、明王峠でランチのつもりが、手前の堂所山に変更となりました。



12:10/12:35
もう12時を過ぎているのですからお腹がすいて当たりまえです。
メニューはいつものレトルトぜんざいとカップラーメン、相変わらず進歩ナシ…




目の前の生藤山が美しい!!

堂所山で休憩していると、北高尾方面からの登山者が続々とやって来ました。
“北高尾山稜”、、、興味津々、その中のお一人に登山道について尋ねてみました。
健脚そうな男性は、JR高尾駅からここ堂所山までほとんど休憩なしで歩き、所要時間は約4時間とのこと。道ははっきりしているそうですが噂どおりなかなか厳しそうです。
う~~ん、でも、やはり行きたい…陣馬山、北高尾、陣馬山、北高尾、、、、今の時刻は12:30、急げば日没までに着くかもしれない、最悪、暗くなってもヘッドランプもあるし大丈夫、迷った末、ここで陣馬山への縦走を北高尾へと変更しました。

実は昨夜、八王子城山から入る北高尾コースを検討していたのですが自信がなく断念していたのです。
生の声を聞くことができて、行きたい気持ちが一層高まりました。

そうと決めたら、のんびりくつろいではいられません。急いで準備を整え出発です。



笹に覆われた一本道を下ります。




高尾の縦走路に比べるといくらか標高が低いので、この時期でも山肌を彩る紅葉がキレイです。



先週のこの一帯は見事な色付きだったことでしょう!
なかなか見ごたえのある素晴らしい景色が広がります。

たくさんのコアジサイと思われる背の低いアジサイがドライフラワーになって残っていました。



左手に木々の間から奥多摩の大岳山が見えます。



関場峠
堂所山から八王子城山までの距離は丁度8km、ここ関場峠から小下沢林道へ下りることもできるそうです。




13:05  三本松山




13:27  大嵐山
堂所山を出て約一時間、手書きで“大嵐山”と書かれています。ここから富士見台まで1時間30分とのこと、まだまだ先は長いです。




14:15  狐塚峠



地名は分かりませんが、ここで林道に飛び出します。
ここからも小下沢へ下ることが出来るようですが、今は工事中のため通行禁止となっていました。
小下沢に下りるつもりだった男性三人組が途中まで行ってみるも、やはり突破できなかったとのことで引き返してこられました。



こんな可愛い実を見つけました。何の実でしょう?
ノササゲの実?




トネアザミ



15:00  杉沢の頭



15:05 富士見台分岐



真新しい道標にバス停まで80分と書かれています。
ここまで来るのにいったいどれだけアップダウンを繰り返したことでしょう!?
ほとほと疲れました。はぁ~~

辺りは段々と薄暗くなってきます。




旧道との分岐
新道は左に迂回させられます。




15:55  地蔵ピーク

ようやく先が見えてきたので一本立ててエネルギーを補給、その先は急な斜面を慎重に下ります。中央高速道の高架の下をくぐり、民家が見えてくればすぐに駒木野バス停のある車道に出ます。
タイミング良く16:20のバスに乗ることができたので、車道歩きはまぬがれました。

いや~~それにしてもすごいアップダウンの北高尾山稜、覚悟をして臨んだものの途中でバテそうでした!
行けども行けども果てしない大小ピークの連続、トレーニングには持って来いのコースかもしれません。

少々きつかったけど、前々から行きたいと思っていた北高尾山稜を歩くことができてとても満足な山歩きでした。

心地よい疲労を感じながら高尾駅から乗った中央特快でウトウト、駒木野バス停から一時間で我家に戻ってくることができました。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大室山~加入道山【丹沢】 2... | トップ | 高川山【中央沿線】 2008年1... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ( カモシカ)
2008-12-08 12:43:06
紅葉の高尾は、めちゃ混みのイメージですが、それほどでもなかったようですね。
山行途中でのコース変更は、なかなか出来ない弱気な私です。
>駒木野バス停から一時間で我家に戻ってくることができました
いいなぁ、近くて。
カモシカさん (たんべぇ)
2008-12-08 21:29:41
カモシカさん、こんばんは!
ご無沙汰しています(^^ゞ
この日は、京王線のトラブルの影響でしょうか?とても空いていました。
名残の紅葉も楽しむことができたし、とてもラッキーでした。
特に、北高尾山稜ではまだ十分に楽しむことができました。このコースお勧めです!!
>いいなぁ、近くて。
乗り継ぎが順調だとこんなに早いのですね~私もビックリでしたよ!
Unknown (つばさ)
2009-01-02 09:40:18
あけましておめでとうございます。
元旦に、同じようなコースを歩きました。
北高尾はアップダウンがあって、本当にトレーニングにはいいかもしれません。高尾山は人がいっぱいでしたが、元旦でも北高尾は静かな山歩きを楽しめました。
つばささん (たんべぇ)
2009-01-06 22:56:54
つばささん、お返事がおそくなって申し訳ありません。
改めまして、あけましておめでとうございます。

元日の高尾はずいぶん混みあっていたことでしょうね?
そんな中、さすがに元日に北高尾を歩く人はよほどの物好き?と思われます(笑)ごめんなさい(^^ゞ
でも、私もここ結構気に入ってます。アップダウンの連続で少々疲れましたがなぜか又行きたい気分です。
今度は八王子城址から逆コースを歩いてみたくなりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事