たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



アオキラン 【南アルプス山麓】 2014.09.11

2014-09-17 | 野の花・山の花

 

 



個人的には綺麗だとは思わないけれど、なぜか腐生ランが気になって仕方ありません。

腐生ランは、葉緑素を持たず、ラン菌と呼ばれる菌類と共生する植物で、光合成はしません。


今年出会った腐生ランは、キバナノショウキラン、ツチアケビ、エゾサカネラン、ムヨウラン、

そして、人の名前が付いたタシロラン(田代蘭)、トラキチラン(虎吉蘭)など…

その他にも出会ってみたいランは数知れずあるけれど、田代、虎吉に続く人名がつくランといえば

当然の流れで、アオキラン(青木蘭)には是非会ってみたいものです。

という訳で、

今年最後のランはアオキランと決め、早速、南アルプス方面へ一人で出かけてみることにしました。

もちろん、目的はアオキランだけではなく、3000mの稜線に咲く三種のリンドウも狙っています。


アオキランは時期的に少し早すぎたようで、数も少なく粘って粘ってやっと数株を見つけるに留まりました。




【アオキラン】



最初に見つけたアオキランはやや黄色味がかっていました。
もう終わりなのかと勘違いするほどヨレヨレに見えましたが、実は、上部に向って開花している最中でした。

9/10          9/11

前日に比べ、下から二個目の花が開いています。



成長すると茶色というか赤味が増すようですね~ 

 

 妖怪(?)または般若のお面を想像してしまいました!!^^;



何とも不思議なお顔です。。。





こちらも黄色っぽいので若い株なのでしょうね~↓




時期的に少し早すぎたようでね!連休明けがベストだったようです。

とはいえ、

数は少ないけれど、どうにか自力で探すことができて、まずはめでたしめでたしです^^;

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山麓で初秋の花を満喫 ... | トップ | 北岳 【南アルプス】 2014.... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む