たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



スミレ追っかけは続く…【奥多摩】 2011年5月8日

2011-05-12 | 野の花・山の花

 

5月8日、この日は群馬県の山に登るつもりでした。

でも、どうしても気になるスミレがあって…そう、気になって気になって仕方がないのです。

懲りない性分ですね、もうこうなると、もう病気かも・・・・です^^;

という訳で、4月29日に行った奥多摩のある尾根を再び目指しました。

見落としが無いようにキョロキョロと時間をかけてゆっくり登ってみたものの、今回も私のスミレセンサーは反応なしでした。

しかし、歩いていればこんな嬉しい出会いもあるんですね~

 

  

《 ユウシュンラン》

 

ギンランに似た高さ10cmほどの小さな蘭です。登山道の片隅にひっそりと咲くこんな小さな蘭が目に入ったもは

奇跡というほかありません。

この日朝一番の入山だったらしく登山道は蜘蛛の巣がいっぱいです。
蜘蛛の巣を手で払いながら歩くのですが、ちょっと油断した時、顔全体が蜘蛛の餌食になりました。

「ウッ」と声を上げ、横を向いたその下にこの花が咲いているのでした。

その時の感激は言うまでもありません。

ベタベタとした立派な巣を仕掛けてくれた蜘蛛さんに、心から「ありがとう!!」と感謝しました!

 

  

《 シュンラン 》

5月だというのに、こんなフレッシュなシュンランが咲いていましたよ!

  

《 フモトスミレ 》



斑入りは見つかりませんでしたが点々と咲き乱れるフモトスミレは可愛いです。

  

《 ニオイタチツボスミレ 》

花色が淡いニオイタチツボスミレですが、鼻を近づけてみると香水のような良い香りがしました。

 

  

珍しいスミレをハッケ~~ン!!

 《ノジスミレ》 《スミレ》

普通のスミレ(マンジュリカ)とは様子が違います。
葉が丸まっていて、側弁に毛、茎も葉も毛深いです。このスミレはいったいなんでしょう?
単なるスミレの変異なのでしょうか?


※ 当初、ノジスミレでは…?とご指摘をいただきそのように記載していたのですが、
ノジスミレには側弁に毛がなく、山頂より野を好むことで
A先生よりスミレと(マンジュリカ)同定していただきました。


A先生、ありがとうございました!!(2014.06.05)


 

  



《 オトコヨウゾメ  》

 

  

《 ツクバキンモンソウ 》

葉の様子が、以前佐渡で見たシロバナニシキゴロモに似ていると感じました。
日本海側に咲くニシキゴロモと太平洋側のツクバキンモンソウの違いは主に上唇の大きさにあるそうです。
花冠の上唇が極端に短いのでツクバキンモンソウだと思います。

  

  

《 ホウチャクソウ 》

チゴユリも見頃でしたが、そろそろホウチャクソウが咲き始めていました。

 

  

尾根筋を歩いているとマキノスミレ点々咲いています。

今年はずいぶん多いですね~

ですが、ほとんどが一輪ずつで、しかも少々疲れ気味の花ばかり、
そんな中、こんな立派な株に出会ってしまいました。

《 マキノスミレ 》

どうですぅ~!奥多摩でこんな大株に出会うとは、本当にラッキーです!! 

こちらは、 桜の花びらのように愛らしいマキノさんです。

 この周辺はマキノだらけ…それも、ほとんどが花弁の先端が凹んでいて、その愛らしいことと言ったら…

マキノスミレって本当に可愛いですね!

こんな美人さんたちに会えたのに“今回はハズレ”などと言って、ごめんなさい!!

奥多摩で見かけるマキノスミレは葉がピンと立ってものから、シハイスミレのような広幅なものまで様々、
中間的なものもで加わると、はたしてマキノなのかシハイなのか…迷ってしまいます。

  

気がつけば、もう五月半ば、スミレも徐々に標高の高い場所へと移っていくことでしょう!

スミレ散策は狙い通りにいかなくっても、十分に楽しむことができますね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生藤山~陣馬山 【奥多摩、... | トップ | ミョウギイワザクラの咲く頃... »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~! (矢車草)
2011-05-12 20:14:41
fu-coさんも8日は奥多摩でしたか!
我が家は川苔山でした(#^.^#)

まだちっとも名前は分かりませんけど
スミレってホントに奥が深くて・・・
今見ていて気がついたんですけど川苔山で見た
小さな小さなスミレはフモトスミレかな?
もしお時間あったら覗きにいらしてくださいませ
分からないのばっかりなんだれど初めて見たので
とっても気になってます

10日に府中の浅間山にムサシノキスゲが咲いた情報を知り
自転車でえっちらおっちら行って来ました(大汗)
キスゲ以外にキンラン ササバギンランが咲いて綺麗でした
ホウチャクソウも咲いてました
途中で雨が降りそうになって慌てて帰ってきましたけど・・・
短い時間でも行って良かったなって思いました

fu-coさんのスミレ追っかけ 楽しみにしています♪
見事なマキノ (Hg)
2011-05-12 21:49:42
スミレですね!

こんばんわ~。
ここ2回ほど奥多摩ですか^^;

見事なマキノ、これだけ大株のマキノは珍しいですね。....ミドリミツモリはこんな感じが多いですが。

珍しいスミレ、ノジスミレに似ているような?
尤も、当地では山より麓の日当たりが良く割と荒れた場所で見ることが多いですが。

ツクバキンモンソウの葉にフが入ってないのは珍しいですね、まだ若いせいかな?
矢車草さん (fu-co)
2011-05-12 22:15:42
府中ではムサシノキスゲが咲き始めたのですね!
私もお墓参りのついでに時々寄ります。
雨が続いたけど、来週もまだ大丈夫でしょうか?
他のお花たちも楽しめそうですね

Hgさん (fu-co)
2011-05-12 22:27:23
??スミレはノジスミレですか~?
葉が割と固めだったことと、咲いていた場所が山頂だったのでノジは思いつきませんでした。
調べてみると、側弁に毛があるタイプもあるようですね~なるほど…
修行が足りませんね^^;

側弁の毛といえば、大株の娘たちに毛があれば文句なしのMMスミレだったのですが、残念ながら無毛でした。。。
でも、とびっきりの美人さんたちでしょ!?
本当にうっとりでした。

ツクバキンモンソウは、すぐそばに葉脈に沿って紫色の斑が入ったものもありましたよ!
でも、花色はどれも白でした。
予定通り群馬なら! ()
2011-05-12 22:52:18
8日私は群馬で初めてヒトツバエゾスミレに逢ってきました\(^o^)/
このお山を冠にした白いお花はすで終盤でした。
予定通りだったらもしかしてお会いできた?

前回のコメント途中で切れていたようで失礼しました<m(__)m>
山梨側の林道は今週末から開通しそうです。
まだ見ぬトウカイさんにお会い出来るかもです(^_^)v
うーむ (てばまる)
2011-05-13 10:37:43
スミレは、Hgさんのお見立てどおりノジスミレの可能性大ですね。所変われば微妙に容姿も変わるスミレさんですからね~

それにしても立派なマキノさんですね。こんな大株見たこと無いです。 

あの尾根にユウシュウランがあったとはビックリです。
彩さん (fu-co)
2011-05-13 18:54:26
彩さんは群馬の山でしたか?
私も同じ山を考えていましたよ^^;

サクラソウ科のあの花の咲き具合はいかがだったでしょうか?
シソ科の植物もそろそろ咲き始める頃かな…

>予定通りだったらもしかしてお会いできた?
ですね~~もしかしたらお会いできたかも…
いつかバッタリできる日を楽しみにしています。



てばまるさん (fu-co)
2011-05-13 19:02:01
てばまるさん、こんにちは。
やはりノジスミレだったようですね!
いつも見慣れているノジさんとはちょっと雰囲気が違っていたので、考えが及びませんでした。
側弁に毛があるものも初めてでした。


>それにしても立派なマキノさんですね。こんな大株見たこと無いです。
でしょ、でしょ!!そう言っていただける嬉しいです\^∇^/
サクラソウ科とシソ科 ()
2011-05-13 22:16:42
fu-coさんこんばんは(^_^)/

やはり同じお山をお考えだったのですね。
サクラソウ科は木品で咲き始めたばかりでした。

シソ科はここではまだ固い蕾でしたよ。
GW後半に両神山の尾ノ内渓谷で綺麗な濃い紫のお花を見ました。
そこでなんとエンジ色の蕾を見たのですが開花したのを見たかったです。
彩さん (fu-co)
2011-05-14 21:39:32
彩さん、こんばんは。

>シソ科はここではまだ固い蕾でしたよ。
そうでしたか?3年前もそうでした。
タイミングを合わせるのは難しいですね!

エンジ色の花ですか?
う~~ん、何だろう??^^;ワクワクしますね~
いつかは・・・ (peko)
2011-05-15 00:13:16

 こんばんは。
矢車草さん(初めまして)も10日に、浅間山でしたか。
わたしも、気になっていたので、10日、午前中に出掛けて来ました。
ひょっとして、何処かですれ違ったかもしれませんね。^^;

 fu-coさんの三ツ峠山のブログを読んで
いつかは出掛けて見たいと温めていたのが、やっと実現しました。

 これからが楽しみな花がいっぱいでした。♪

Unknown (やまそだち)
2011-05-15 22:54:16
立派なマキノスミレですね。シハイと言っても良いような咲きぶりですね。
こちらのマキノは花は多くても3個くらいしかつかないものが多いです。
ノジスミレは昨年、スミレと一緒の群生しておりじっくり観察できました。ノジは葉っぱの縁はが破れた感じはしますね。
私も今日は最後の地元でのスミレ観察に出かけ、サクラスミレ、アカネスミレ、ニオイオッタチツボスミレがまだ健在で、コミヤマスミレも見頃でした。
Unknown (こまじろう)
2011-05-16 22:41:22
こんばんは。

私はユウシュンランが気になりました。
私も14日に奥多摩を歩いたのですが、私の歩いた尾根で
咲いているのを見かけたのは、サクラスミレ(たぶん)と
タチツボスミレ、ニョイスミレ、マルバスミレ、ヒゴスミレ
(一本だけ)くらいで、外してしまったなという感じでした。

ちょっと標高が高すぎたかもしれません。
低山のスミレの時期はもう終わってしまいますが、懲りずに
またトライしてみたいと思います。
pekoさん (fu-co)
2011-05-17 16:06:28
pekoさん、こんにちは!

三ツ峠山におでかけでしたか?

矢車草さんとどこかでバッタリできるといいですね~~^^

やまそだちさん (fu-co)
2011-05-17 16:13:06
やまそだちさん、こんにちは!
ここで見たノジスミレは、特徴にひとつでもあるナヨっとした頼りない雰囲気がなくて、葉も硬く感じました。
環境によっても変異するのですね!
そういえば、昨年岐阜県でで出会ったノジスミレもブーケのようにこんもりと立ち姿も美しい惚れ惚れするものでした。

>コミヤマスミレも見頃でした。
もうコミヤマスミレの季節ですか?
そろそろ、低山のスミレシーズンもおしまいですね!あっと言う間でした…
こまじろうさん (fu-co)
2011-05-17 18:41:57
こまじろうさん、こんにちは。

ユウシュンランとの出会いは全くの偶然でした。
小さく目立たないので、登山道で見つけるのはかなり困難ですね~
私も再びここで見つけられる自信はありませんデス

サクラスミレの便りがあちこちから聞こえてきますね!
私も会いにいく予定です♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事