たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



里山散策 【山梨県】 2015/04/12

2015-04-13 | 野の花・山の花

 




満開の桜の背景は南アルプス連峰、甲斐駒ケ岳が猛々しく聳えます。

なんと贅沢な景色でしょう!!

こんな素晴らしい花見日和なのに人影はなく、まさに独り占め状態!!



春爛漫の散策路は少し歩くだけで上着が邪魔になるくらいのポカポカ陽気です。





そこに飛び出してきたのは、ワンちゃん…?

目と目が合い、しばらくにらめっこ、ほっそりした顔立ち、細めのお目々、もしかしてキ、キツネ…??

そこに立っていたのは野生の狐だったのです。

キタキツネは何度も出会っているけど、本土で野生のキツネに出会うのは初めての経験。

こ、これは写真撮らなきゃと、カメラに手を伸ばした途端、クルリと踵を返し猛ダッシュで立ち去ったのでした!



あ~~正面から写真撮りたかったな!!


さて、

最初に出会ったのは、ニオイタチツボスミレ、透明感のある美しい紫色と上品な香りが

惹きつけます!



【ニオイタチツボスミレ】


一輪だけでも素通りできず、カメラを向けたくなります。

久しぶりに晴れたこの日、農家の方は畑仕事に忙しそうですね!

それにしても、このロケーションは贅沢過ぎます。

【アカネスミレ】




畑の畦では、ノジスミレがそこかしこに咲き乱れています。

お花は美しいのに勝手気ままな立ち姿は、どこから撮ったらよいものか、悩みの種です。

この日、ノジスミレだけで何枚撮ったか数えきれないほどですが、どれもゴミ箱へ直行です(泣)


【ノジスミレ】

 

ノジスミレが咲き乱れる土手にさらに濃い紫のスミレを見つけました!

小川を挟んだ向こう側です。

橋を渡ってみると、本当に美しいスミレ、マンジュリカでしょうか?

一際濃い味付けで、とても目立ってました。


【スミレ(マンジュリカ)】




カントウタンポポと八ヶ岳




ヒトリシズカが咲くその脇にイカリソウがひっそりと咲いています。

【イカリソウ】



イカリソウも可愛いけれど

今日のお目当てはイブキスミレです。

このところ、寒い日が続いていたので、開花はまだ先なのではと心配でしたが

逆にちょっと遅かったかもしれません。


すでに開花した花達は、この所の寒波の影響なのか、

かなり傷んでいるように見えました。

その中で、比較的新鮮な株を懸命に探します。



 ↓ 実物は純白に見えたのですが、残念ながら少し色が乗っていますね!

なかり色白のイブキスミレです。

蕾もほとんど見かけなかったので今年はこれで終わりかな…

2008年以来、毎年のように訪れているのですが、今年は心配になるくらい花数が少ないかも…

次のお目当てはゲンジスミレです。

明日にでも開花するかな。

【ゲンジスミレ】



こちらはちょうど見頃、ゲンジスミレの独特の花色が魅力的です。



ゲンジスミレは5株ほど見られました。



 

アカネスミレはこんな見事な大株も…

【アカネスミレ】




そのすぐ脇に咲いていた変わり種のスミレちゃん。

花茎が無毛なのでふっくら型のオカスミレだと考え、適当にシャッターを切ったのですが、

パソコンに取り込んで確認すると、側弁に毛がありません!

南高尾にも側弁が無毛のオカスミレを見たことがあるので、オカスミレの無毛タイプかな…??

でも、でも、


【??】 クリックで拡大できます。


傍に咲いていたマスバスミレ↓ 花弁が丸っこくて何となく似てる…

ほら、この二種、どことなく顔立ちが似てるでしょ??

雑種かな…と、妄想たくましい私です^^;;


【マルバスミレ】


下ばかり見ないで少しは遠くに目を向けてと言わんばかりに、芽吹き前の山肌を辛夷の白が自己主張しています。

アズマイチゲの白い花が土手一面を飾っていたり、ニリンソウがようやく咲き始めていたりと、

里山の春は始まったばかり…


【アズマイチゲ】



東京ではソメイヨシノは散ってしまったけれど、ここではソメイヨシノもエドヒガン系の枝垂れも一緒に咲き、

濃淡様々に咲き競っていましたが写真はソメイヨシノばかり、、、あらら^^;







いつもは車でやって来てポイントだけの散策でしたが、

高速の渋滞を考えると億劫になり、今回は電車での一人旅でした。

駅から駅へ約10kmほど歩くゆっくりゆっくりの散策。

雨上がりのくっきりとした山なみと満開の桜は想像以上の美しさで、ため息の連続でした。

初めてこの地を訪れて以来、毎年のように来ているのですが、

南ア、八ヶ岳がこれほどくっきり見えたのは初めてかも…

往復の電車から窓越しに見える甲府盆地の桃畑もいいものですね!

お天気にも恵まれ、楽しい散策ができました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高尾散策 2015/04/03 | トップ | 交雑種のスミレを求めて  2... »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いですね甲斐路 (てばまる)
2015-04-13 21:26:53
毎年気になっているのですが、なかなか行く機会に恵まれずというか週末しかないのでチャンスが少なすぎ(T-T) でなかなか行けてません。イブキあるし他のスミレも多いまさにスミレ街道ですね。10㎞ですけどこれだけスミレが出てくるなら飽きませんね。 某所のイブキも花付きが極端に悪かったようで冬場の気温とかが影響してるかもですね。

ちなみに10㎞、何時間くらいかかりました?
甲斐の山でしたか (t-yam1)
2015-04-13 23:28:12
fu-coさん、こんばんは!
久しぶりの晴れ日でしたね。もしかしたら高尾かなと思いながら、同じ日に高尾に出かけてきました。
電車はすごい人でしたよ! 皆さん晴れ間を待っていたのでしょうね。もう降りる前から憂鬱でした。
甲斐の里山は正解だったと思います。

実は、あえて高尾を選んだのは、てばまるさんの葉の黒いスミレの葉だけでも探したかったのです。でも、今まで以上に丹念に探したのですが、みつかりませんでした。
でもでも、全ての登山者に追い抜かれる花探しも、楽しいものでしたよ。また、今後ですね。
高尾はこれで終わり。次回はさらに奥に向かいます。
何てことはありません。fu-coさんとてばまるさんの追っかけです。
てばまるさん (fu-co)
2015-04-13 23:29:55
ここは結構遠いので、貴重な週末の選択肢には入りづらいかもしれませんね!
でも、なかなか良い所です。

>ちなみに10㎞、何時間くらいかかりました?
パンフレットでは3時間となっていますが、ジックリ観察しながら歩くとももう少しプラスした方が良さそうです。
ちなみに私は3時間40分もかかってしまいました。
往復鈍行列車に揺られ、のんびり一人旅でした。
t-yama1さん (fu-co)
2015-04-13 23:49:10
t-yam1さんは高尾でしたか?

好天の日曜日でしたので高尾は混んでると考え、迷った末、甲州へ向かいました。
中央本線も高尾に負けず劣らぬ混雑ぶりで、勝沼ぶどう郷まで立席の方がいました。

てばまるさんが見つけた黒い葉のスミレちゃんはいったいどこにいるのでしょうね?^^;;
私も探しているのですが、見つかりません!!
土日に、てばまるさんの後をこっそり追跡してみよっかな…アハハ

t-yam1さんの沖縄の魅力あふれる植物、特にランは羨まし過ぎて目の毒です^^;;
追伸 (t-yam1)
2015-04-13 23:50:56
あっ! 追っかけの場所は当て感です。
間違っているかもしれません。それも良し、としましょう。
おはようございます (peko)
2015-04-14 05:57:15

 イブキスミレの何と優しい色合いなのでしょう。
お天気が良くて、良かったですね。
電車での選択技も有なんですね。

 3日はやはり高尾でしたか。
もしかしてバッタリも有かな?と、私も出掛けました。^^;
臨時のバスも出ていましたよ。

 阿蘇のスミレ散策は、遅くて、残念でした。
福岡では、可愛いシハイスミレを愛でてきました。♪

 
すてきな里山 (はなねこ)
2015-04-14 19:04:14
ここのイブキスミレは、ふわっとやわらかで綺麗ですね。
やはり、fu-co さんの腕と愛情なんでしょうね。
丸い顔立ちの色の濃いスミレは、とても気になりますね。
私も交雑病でしょうか。(^^;
素晴らしいロケーションでのんびりとスミレ探し
ここはとても良い所ですね。
Unknown (やまそだち)
2015-04-14 19:12:29
スミレ三昧、良いですね。
イブキにゲンジ、羨ましい限りです。
今年はまだスミレもあまり見ていません。くすん!!
t-yam1さん (fu-co)
2015-04-14 19:52:14
>あっ! 追っかけの場所は当て感です。
スミレの季節はあちこちに出没していますので、変なオバサンが這いつくばって撮影していたらぜひ声をお掛け下さいませ^^;

pekoさん (fu-co)
2015-04-14 19:58:00
pekoさん、お帰りなさい!

阿蘇のスミレ、今年は早かったのですね~
ベストなタイミングだと思ったのですが…
九州のシハイスミレは特別に色が綺麗ですよね!
楽しみです。

3日はpekoさんも高尾でしたか^^;
掲示板で拝見したあのスミレかな??
私は急ぎ足だったのであのような立派な株は見過ごしていたようです。
はなねこさん (fu-co)
2015-04-14 20:05:41
同じ日に逆方向から歩いていたのに、ニアミスするとは…
近道を選ばなければバッタリできたのに、残念です!!

お天気に恵まれ、お互いに良い花見が出来ましたね^^
イブキさんは少し遅かったけれど、楽しい散歩道でした!

>私も交雑病でしょうか。(^^;
ウンウン、多分重症だと思われます^^
でも、あのスミレは何だか怪しいですよね~~ワクワク
やまそだちさん (fu-co)
2015-04-14 20:12:52
今年はやまそだちさんのフィールドは、スミレは遅れがちなのでしょうか?
でも、これから先、恒例の群馬周辺のお土産がワンサカ出てきそうですよね~

あまり羨ましがらせないでくださいね^^

Unknown (こまじろう)
2015-04-15 21:25:46
ご無沙汰しています。

関西に引っ越して一年過ぎ、関東圏の花探索が懐かしいです。fu-coさんの歩かれた10キロも、二度ほど歩きましたが、当時のことを思い出し、楽しませて頂きました。当時はここまで色々な種類の花を認識していませんでしたがf(^^; ゲンジスミレを初めて観察したのもここでした。

場所が重なることはあまり無さそうですが、こちらも関西ならではの花、関東ではあまり見られない花と少しずつ出会っていきたいと思います。
Unknown (vol)
2015-04-16 19:31:28
はじめまして。そっと覗かせていただいています。
きょう おっととすみれと歩きのお出かけをしてきました。たぶん この記事と同じところです。
そして あのふっくらすみれを見て どなたか撮影の形跡があったので きっとどこかに載っているだろうと探していたら たんべぇさんのところにたどりつきました。
わたしも 何かの交雑だろうと思って撮ってきましたが もっとちゃんととってくればよかったなあといつものように後悔中です。 まだ帰ってきて写っているか見てるだけなので ブログアップはしていませんが そのまえに疑問を解決されていないかなあと期待して ネット徘徊していました。 正体は何なんでしょうか???
しかし どのすみれも とってもきれいに撮影されてますね~~ いいなあ
私のは変な色になったりで またまたがっかりしてます。
こまじろうさん (fu-co)
2015-04-16 20:50:52
こまじろうさん、ご無沙汰しています。

ここはとても素敵な里山ですよね!
高山好きのこまじろうさんが里山散策をされるとは意外でしたが、はやりそれだけ魅力的な場所だということですね!
ところで。
関西といえば、私の姉夫婦も関西に引っ越して数年経ちます。最初は乗り気ではなかったのですが、今ではすっかり気に入っているようです。
私も花散策を兼ねてぜひ出かけてみたいと考えていたところです。
voiさん (fu-co)
2015-04-16 21:06:17
volさん、こんばんは!
えっ、>初めまして、でしたっけ??
volさんは、有名なお方なので、こちらの方は一方的にすっかりお知り合いになっていたつもりでした^^;;
失礼しました!!
やはり、volさんの確かな見立てでも交雑種を疑っていると伺い、俄然嬉しくなりました^^
が…
素人の私には手に負えないので、しばらく放っておこうと諦めていました^^;;

どなたか助けてくださいませm(_ _)m
Unknown (vol)
2015-04-16 21:40:13
すみません 投稿してから よく考えたら はじめましてじゃないなあと思ったんですが 修正できないのでそのままにしてました(^^ゞ
こちらこそ 失礼いたしましたm(__)m
私も素人で 観察というのはあまり考えないで とにかくかわいいのや 面白いの(ツーショットとか)をただ撮るだけなので 交雑種などはほとんどわかりません。なんだかめだったので あれ~?と思っただけで そしたら fu-coさんも あれ? だったみたいなので 良かったと思いました。
解明されるのを期待してます!よろしくおねがいします。
初めまして (るたん)
2015-04-16 23:59:04
だんべいさん、初めてコメントします。
まさに地元の風景に、おもわず初コメントさせていただきました。
山梨の北の方、何度も訪問していただきありがとうございます!
地元の私ですら知らないお花、改めて地元の素晴らしさを感じさせられます。
私は茅の西麓なので、また今回のようなスミレが見えるかはわかりませんが、
イブキさんなど、素人でもわかるものですか?
この週末は久々に山やお花に会えそうなので、
ちょっと注意して覗いてみようと思います。
volさん (fu-co)
2015-04-18 13:22:18
volさん、重ねてのコメント、ありがとうございます!

volさんも案外似たような感覚でスミレに向っておられたのですね^^?
と、言ってもスミレ歴の浅い私と一緒にしてしまっては申し訳ないですが、何だか嬉しいです

謎のスミレはしばらく保留にしてワクワク感を楽しみたいと思います。
解明できた時はきっと喜びが倍増するでしょうね~^^
るたんさん (fu-co)
2015-04-18 13:36:05
るたんさん、お立ち寄りくださり嬉しいです。

るたんさんの地元は山梨県は、近頃では移住希望者が殺到していると聞きます。
本当に良い所ですよね!
晴れた日の峰々の輝き、色とりどりの草木、我が家からも日帰りで行けるので、かなりの頻度でおじゃましています。
イブキスミレは、見方によってはタチツボスミレに似てるなどと言う人もいます(←我が夫)が、その気になれば、明らかにその違いは分かると思いますよ^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事