たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



苗場山【新潟県】2145m

2007-06-13 | 新潟、北陸、尾瀬とその周辺の山

2007年6月10日(日) 

朝一番の天気予報を見ると新潟県湯沢町は曇りとのこと。予報を信じて苗場山に登ることにしました。
関越道に入ると雨足は強まりワイパーが利かない程でしたが、湯沢ICに着くころは霧雨となり、逸る気持ちで祓川コースの登山口へと向かいました。
途中にゲートがあり、門番らしきオジサンにストップをかけられました。

たんべぇ「苗場山に行きたいのですが通していただけますか?」
オジサン「山には入れないよ!」
たんべぇ「え~っ!そうなんですか?どうしてですか?」
オジサン「今年は雪が多くてまだ山には登れないよ!まだ誰も登ってないよ!」

もう6月中旬だし、にわかには信じられないオジサンの言葉

内容を理解できないままやりとりをしてようよくわかったのですが、オジサンは無許可の山菜採りを取り締まっているらしいのです。
私たちは山菜採りではなく山登りだと言ってもなぜか信じてもらえません!
懸命に説明し、登山計画書を書いてようやくゲートを開けてもらえることになりヤレヤレ!
最後に「山菜はゼッタイ盗らないように!!」ときついお言葉をかけられました。
やっぱり信じてもらえてなかったみたい、、、ショック!
はい、山菜は採りません、興味もありません、なぜならアク抜きとか調理が面倒ですから…でも、食べるのは好きです!

われわれはよほど山菜好きに見えたらしいです。

いやな出来事は忘れ、タニウツギが美しい林道を進み、町営駐場に着いたのは8時10分です。

【交通手段】 マイカー

【メンバー】夫、たんべぇ

【コース】第2リフト町営駐車場 08:25 → 和田小屋08:45/55 → 下ノ芝09:40 → 顕彰碑 10:40 → 神楽ケ峰 10:55 → 雷清水 11:10 → 苗場山12:15/45 → 雷清水 13:35 → 神楽ケ峰 13:50 → 下ノ芝 14:50 → 和田小屋15:40 →  第2リフト駐車場 15:55
<歩行時間:7時間30分(休憩含)>

駐車場には20台ほどの車が停まっていましたがほとんどが長岡ナンバーで山菜採りの人みたいです。

山登りの人は確かに見かけません。私たち大丈夫でしょうか!?


<08:25>不安な気持ちを抱きつつ出発です。クリックで地図を拡大
和田小屋まで車が入れるそうですが、宿泊者専用とのことなのでここから歩きます。


<08:45/55>和田小屋です。霧雨だからと雨具を着けずにいましたがここでカッパを着ます。登山口はゲレンデの右側にあります。


さてここから本格的な登りです。
カッパを着ての登りは暑くて嫌いですがこの日は比較的気温が低く、それ程苦になりません。


<09:40>和田小屋から45分で下ノ芝です。
下ノ芝を少し進んだ場所で3人のパーティーとすれ違いました。
たしかオジサンは「今年は雪が沢山残っているから山に登った人はいないよ!」って言っていたけど…

この方々は小屋泊まりだった方たちで、雪の状態を尋ねると雪はあるけどアイゼンなど必要なしとのこと、安心しました。
その後も3パーティーとすれ違いました。


雪の登山道は時折踏み後が消え、ピンクのテープが頼りです。


六合目です。


道標が整備されています。


ピンクのハチマキを締めた上ノ芝道標、濡れた木道は滑りやすくて危険です。


<10:40>顕彰碑。ここから少し進んだ股すり岩の手前で、緩くなった雪を大きく踏み抜いてしまいました。踏み抜いた左足は宙に浮いていて、もがくと体ごと落ちそうです。そ~っと這い上がることに成功しましたがそれからは「踏み抜き恐怖症」との闘いです。


股すり岩、ここを下りました。


また、雪が…
踏み跡をたどって進みます。


「こっちにトレースあるよ!」と声を掛け合いながら行きます。


<10:55>神楽峰に到着です。展望は全くなし!峰というより通過点といった感じです。

ここから一旦下ります。

 


<11:10>雷清水。冷たくておいしい水がジャージャー流れています。
傍にペットボトルがたくさん置かれていましたが、これどういう意味なのでしょうか??


おいしい水で喉を潤していると、ガスが流れて苗場山が見え隠れ、うぉ~っとかわぁ~とか思わず声が上り、刻一刻と変わる景色を眺めながらさらに下ります。
鞍部はお花畑になっていてシラネアオイ、アズマシャクナゲ、ミネザクラなどがみずみずしい花を咲かせています!さらに大きな歓声をあげて幸せにひたります


シラネアオイ【白根葵】


アズマシャクナゲ【東石楠花】


ミネザクラ【峰桜】


コヨウラクツツジ【小瓔珞躑躅】 

 
ナエバキスミレ【苗場黄菫】


ミヤマスミレ【深山菫】

お花畑を過ぎると登りになります。苗場山への最後の登りです。
短いけど結構な急坂をはぁ~はぁ~言いながら登っていると、ナエバキスミレやミヤマスミレなどがお出迎え、写真撮りまくりのたんべぇはなかなか前進しません! 



先に進んだ夫は待ちくたびれ…
登り切ったココは本来なら広大な湿原が見渡せ、木道を辿れば迷うことなどない場所です。
でも、踏み跡ははっきりしない上、ガスで前が見えないので待っていたそうです。
ガスさえなければどうってことない所ですがここは慎重に。


雪原はほんの少しでした。木道が現れました。


やっと山頂の小屋(遊仙閣)が見えてききました。


<12:15>苗場山山頂です。嬉しくて気取ってポーズ
30分ほどのランチタイムの後は来た道を戻ります。


だ~れもいません!


池塘も見えます、雪が消えると色んな高山植物が咲くのでしょうね~


下りの木道は滑りやすいので歩きづらいです!


時折、陽もさし明るくなってきました。


<15:40>歩きづらい道を脱出、和田小屋のあるスキー場に着きました。


<15:55>第2駐車場に無事戻りました。
チップ式の立派なトイレがあったのですね~登るときは気が付きませんでした。

【苗場山で出会ったお花たち】


オウレン【黄蓮】今回は葉っぱも確認できました!


コシジオウレン【越路黄蓮】


バイカオウレン【梅花黄蓮】


イワナシ【岩梨】


ミズバショウ【水芭蕉】


サンカヨウ【山荷葉】


ミヤマツボスミレ【深山坪菫】ニョイスミレの高山型


ムラサキヤシオツツジ【紫八染躑躅】


クロウスゴ【黒臼子】


エンレイソウ【延齢草】


タケシマラン【竹縞蘭】

 
ショウジョウバカマ【猩々袴】
そのほか、ユキザサ、イワカガミ(蕾)、タムシバ、ツバメオモトなども咲いていました。

スキーで有名な苗場山ですが登ってみると植物が多く、変化に富んだ魅力的な山でした。
雪道をズポッと踏み抜いたり濡れた木道で滑ったりとアクシデントも多く発生しましたが沢山のお花に出会えて満足な山旅でした。
でも、山頂の広々とした高層湿原を見たかったなぁ~~!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笠取山【奥秩父】1953m | トップ | 天城山【静岡県】1406m »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロビン@お仕事)
2007-06-13 12:32:08
おぉー ダンナさまとの山行ですかぁ~
いいですねー
苗場は長い長いと聞いていたのですが
日帰りでサクっといってますね。
なんたってCTかなり縮めてますやん。すごぉー!

私も高層湿原に弱いので行ってみたいリストUPです。
こんなに雪が残ってる中に、花々が元気に
咲いているってケナゲですよねー
★ロビンさん (たんべぇ)
2007-06-13 22:23:31
苗場山は祓川コースなら日帰りで全く問題ないよん!
何しろ、和田小屋の標高は1300mもあるからね~
ロビンさんなら楽勝っちゃ!

シラネアオイが咲くこの時期もいいけど、これからも次々とお花ちゃんに会えるよ!
是非行ってみてね!広々とした湿原の写真を見せてください
Unknown (sanae)
2007-06-14 11:21:10
お天気は生憎のようでしたけど、この時期なればこそのお花たちに出会えてよかったですね。
私も山頂に行くとガスでまだ快晴の広々とした様子を見ていないのです。
いつかそういう風景みたいなぁ・・・(^^ゞ
★sanaeさん (たんべぇ)
2007-06-14 22:32:49
こんばんは。
sanaeさんも快晴の苗場山はまだだったのですね!?山頂付近がお花の季節を迎えたらステキだろうな~と思いました。
この時期も雷清水を下ったお花畑は本当にきれいでしたけど

今朝のN○Kで横岳のツクモグサ放送してました。
10日ぐらい送れていて7月まで楽しめるのだそうです、sanaeさんのツクモちゃんかわいいですね
お花きれいー (まゆ太)
2007-06-15 12:22:04
たんべぇさん、こんにちはー
百名山完登、がんばってますねー(^^)
わたしも苗場山登ったとき、ガスガスでした(涙)。
秋だったので、お花も楽しめず、絶対リベンジ!って思ってます。でも、お花の時期はガスっていてもいいですねー。こんなにたくさん咲いてるんだなー。
オウレンってこんなにたくさん種類があるのですね?!水滴の効果?か、とっても幻想的です!
★まゆ太さん (たんべぇ)
2007-06-15 20:42:20
苗場山は百名山でなければ興味がなかった山かもしれませんね~多分(^^ゞ
でも、登って良かったです!お花がこれほど多いなんて驚きだったし、一瞬ですが景色も見ることできたしね~深Qさんアリガトです。
たしかに雨もまた水滴効果を狙えるから悪くないかも…

百完登はまだまだかな~あと3年を目標に頑張ります。北海道はまだゼロですから先は長いです。
まゆ太さんこそ着々と近づいていますね~
応援していますよ~!!
Unknown (まきくま)
2007-06-16 15:56:43
たんべぇさんの写真はほんとにきれい。
みんなの撮った写真見るとき、こんなの見られてうらやましい、とかくやしい、とか思うけど、たんべぇさんのは、あー、うれしいな、って思うほどです。はあ、きれいや。
(なぜに 激賞)
Unknown (ぜいぜい)
2007-06-16 17:49:26
門番のおじさん、怖いですねえ。
まっきーだったら絶対ひっかかって行かせてもらえませんね~
お花の多さにびっくりです。きれいですね。
苗場山は昨年秋に計画して、赤湯までグルリップの予定だったのですが
相手の方の都合でまだ行けていません。この時期もいいですね。
★まきくまさん (たんべぇ)
2007-06-18 10:19:42
写真をなぜに褒めちぎってもらって嬉しいやらウレシイやら
たけさん伝授の“数打ちゃ当たる”作戦を実践してますから!

この時期の苗場山はまきくまさんにとっては目の毒かもしれないですね~アレが多すぎて!!
★ぜいぜいさん (たんべぇ)
2007-06-18 10:28:32
ぜいぜいさんもまだ未踏でしたか?
秋も良さそうですね~なしにろガスガスで、ほとんど景色を見れてないので…
再訪しなければこの山の良さはわからないと思いますね!!
今度行くときは、その赤湯コースも検討してみます。

>まっきーだったら絶対ひっかかって行かせてもらえませんね~
うんうん、たしかに(笑

こんにちは。ヾ(´▽`) (さるや)
2007-06-18 11:24:02
たんべぇさま、初めまして。
お花の写真が綺麗で、名前も和名まで入っている。 (*´∀`)ノ
なんて、美しいブログでしょう~。
相棒と、綺麗なブログだね~って、覗かせて頂きました。
土曜日に平標山から、くっきりな苗場山を見て、まだまだ登れそうもないねぇ~と、話しておりました。登られた方がいらしたんですね。おかげさまで、大雪の状況が分かり、まだまだ無理だと再確認できました。
お花は見るのは大好きですが、ちょっとした違いで名前が大違いだったりして、難しいし、記憶力が無いので(無いんです\(゜-゜)/オワタ )難解です。
素晴らしいわぁ~。

また、寄らせて頂きますね !!!(--)> 敬礼!
★さるやさん (たんべぇ)
2007-06-18 18:47:47
ようこそお越しくださいました!
お名前はsanaeさんトコほか色々な場所で存じておりましたよん
快晴の土曜日に平標ですか?仙ノ倉への登山道に広がるハクサンコザクラは見事ですよね~いかがだったでしょうか?

早めに浅間山から下山されて、平標のお花情報をアップしてくださいね!
楽しみに待ってます

苗場山、さるやさんなら問題なく登れるとおもいますよ!!
参考になりました。 (MASIA)
2007-06-23 21:26:21
たんベぇさん初めまして!
明日、山頂を目指す私にしてみれば大変参考になる情報また、すごく綺麗な写真でワクワクしてきました。
梅雨に入っていますが明日は貴重な晴れ間が望めそうです。行ってまいりま~す!
★MASIAさん (たんべぇ)
2007-06-24 20:52:37
MASIAさん、ようこそお越しくださいました!
今日(24日)苗場山でしたか?
2週間前に比べるとずいぶん雪解けが進んでいることでしょうね~
お天気がどうだったか気になりますが、季節が進んでどんなお花に会えたのでしょうか?
苗場山の様子、お聞かせいただけると嬉しいです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む