たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



羊蹄山【北海道】 2009年7月8日(水)

2009-07-16 | 北海道の山

*
*
*

先月6月の利尻・礼文に続き再び北海道を訪れました。
百名山完登まであと3座、その中に北海道の羊蹄山と幌尻岳が残っているのです。
今回は飛行機ではなく新潟港からフェリーで小樽まで行き、到着日に羊蹄山に登る予定です。
標高差1500m強の日帰り登山はかなり厳しいものと覚悟しなければならず、体力の消耗を防ぐため少し贅沢して特等の洋室を取りました。



この豪華な個室は新日本海フェリーの“ペア88”とい割引制度で30%OFF「男女二人+車一台」でなんと35000円という安さです。
バス、トイレ、テレビ、電気ポット付きの快適な空間は、長い船旅でも飽きることなく過ごすことができました。

東京から新潟までの移動は少々大変ですが、乗ってしまえば小樽港に翌日の早朝4時30分に到着し、一日をフルに使うことができるので利用価値があります。
私たちも到着日に羊蹄山に登るつもりです。

羊蹄山へのルートは京極、倶知安(比羅夫)、真狩、喜茂別などあり、どのコースも標高差に変わりはないようなので、よく踏まれているという比羅夫コースを使うことにしました。


【山行日】2009年7月8日(水)のち

【比羅夫コース】
小樽港04:30/05:00-----半月湖野営場06:30/06:55-----風穴07:20----六合目09:00-----九合目10:10-----後方羊蹄山山頂11:15/35-----真狩コース分岐12:05-----九合目12:45-----六合目13:20------半月湖野営場14:55/15:30



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ジャガイモの花が咲く北海道らしい風景、左手に雄大な羊蹄山が聳えているはずなのですが…あいにくのお天気にその姿を見ることはできません!
ジャガイモの花は今がまさに盛りで広大な畑を埋め尽くす可愛い花はそれだけで絵になります。羊蹄山をバックに写真を撮りたかったなぁ~~

登山口の半月湖野営場には5~6台の車が停まっていましたが、この雨ですから登山を諦めて車の中で爆睡している人もいました。






入山届けに記帳し、熊鈴を付けていざ出発です。

エゾノタツナミソウやツルアジサイが咲くなだらかな登山道を行くと、急に傾斜が増し滑りやすくなりました。
力が入らずたまらず一本とることにしました。
パンとお茶でお腹を満たし、歩き始めるとすぐに2合目でした(^^ゞ
ポイントの手前で休憩してしまうことホントに多いです!!




羊蹄山は一合目ごとに標識があるので自分のペースを確認することができますね。
雨で展望もなく、カメラが濡れるのでお花の写真を撮ることもできないので、ただひたすら歩くのみです。

六合目で昨夜避難小屋に宿泊したご夫婦とすれ違いました。
聞けば、九合目より上は強風が吹き荒れ、小屋番さんに登頂を止められて泣く泣く下山しているとのこと。
“そ、そんな~~登れないの~~?!”樹林帯の中は静かなのでその言葉はにわかには信じることができないほどです。
でも、まぁ、、、私たちが九合目に着くころには風が収まっているかもしれません。ボチボチ登ることにします。

相変わらず雨は激しく降っており、メガネは曇るし靴は中までビショビショです。



六合目を過ぎると、ウコンウツギやナナカマドの花が疲れた体を癒してくれます。



九合目 右に行けば避難小屋方面です。


九合目に着く頃には、あらら、あれほど降っていた雨がいつの間にか霧雨に変わっています。
何だか期待できそうな雰囲気、そんな時、ニ合目手前で私たちを抜いていった、“トレイルラン“”の若い男性二人が下りてきました。

彼らはカッパも着ずに雨の中をひた走り、すでに山頂を踏んできたとのこと、これで私たちも勇気をもらうことができました。

避難小屋泊のご夫婦が引き返してきた数時間前より明らかに風は弱まっている様子なのでホッと胸をなでおろしました。

ガスっている時は道に迷いやすいので左へとルートを取るほうがいいですよと、アドバイスをいただいていたので九合目の分岐では避難小屋には行かず、頂上への左ルートへ行くことにしました。

そこから先は、お花畑が広がる別天地でした。
もちろん、一眼を引っぱり出し撮りまくります!!






シラネアオイの大群落



ウラジロナナカマド




チシマフウロ  シラネアオイ
 


コケモモ



イワベンケイとミヤマオダマキ


エゾノツガザクラ
 
エゾノツガザクラは交雑種ができやすいそうですが、独立峰の羊蹄山にはアオノツガザクラがないため純粋なエゾノツガザクラが見られるそうです。


カラマツソウ    クルマユリ?

 

エゾイワハタザオ   コメバツガザクラ
 


マルバシモツケ   ヒメイワタデ    
 



イワヒゲ    イワウメ
  

 

キバナシャクナゲ




チシマキンレイカ  




イワブクロ



メアカンキンバイ




イソツツジ



ガスはかかっていますが、風はそれほどでもないので火口の縁を時計回りに歩き山頂を目指します。


火口の回りにはエゾノツガザクラ、チシマキンレイカ、ハクサンチドリ、メアカンキンバイなどの高山植物が咲き乱れています。



ガスで前方が確認できず、全体の様子がつかめないので注意が必要です。
この辺は道に迷いやすいのでマークを探しながらゆっくりと歩きます。




羊蹄山山頂

九合目から一時間以上も要しましたがようやく山頂に着きました。

山頂には先客が8人ほどいました。この方たちは栃木県宇都宮市からのツアーで
真狩コースから登ってきたとのことです。

真狩コースは風も弱く、高山植物も多いと聞き、私たちも真狩コースへの下山に心が動きました。とりあえず真狩方面に向けて火口をそのまま時計回りに進むことにしました。
こちらのコースは岩がゴロゴロで意外に手ごわいです(^^ゞ
真狩コースの下降点まで来たことろで、やっぱり気持ちが変わり、当初の計画どおり倶知安への比羅夫コースを下ることにしました。
という訳で、結果、火口をほぼ一周したことになります。



途中の旧避難小屋跡付近でキクバクワガタの大群落に遭遇しました。

淡い色、濃い色、様々なキクバクワガタが、むき出しになった小屋の基礎部分に群生しています。


コンクリートの旧小屋跡付近がお好みと見えてまさにてんこ盛りのキクバクワガタ、驚くほどの咲きっぷりでした!!


さて、ここから比羅夫コースに戻ります。



樹林帯に入ると木々に蓄えられた水滴が風によって舞い落ち、まるで雨が降っているかのようです。
防滴対応ではない一眼はここでザックにしまいました。


登りで撮ることができなかったノウゴウイチゴはコンデジで撮影です。




単調な登山道をひたすら下り14:55に半月湖野営場に戻りました。

羊蹄山は火口が複雑に入り組んでいるので道に迷いやすいと聞いていましたが、登ってみると確かにわかりづらい箇所がいくつかありました。
特にガスがかかっていたり強風だと道標を見落としやすくとても危険だと感じました。
私たちは運良く山頂に辿りつくことができましたが、危険と隣合わせだということを肝に銘じました。


今夜の宿泊地に向かう途中で真狩コースの登山口に立ち寄ってみました。
真狩キャンプ場は近代的で快適そうなキャンプ場でここにテント泊するのも悪くないなと感じました。

真狩キャンプセンター



このあとは「休暇村支笏湖」を予約しているので、一路支笏湖に向けて車を走らせました!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 礼文島 《桃岩歩道~知床~... | トップ | 幌尻岳【北海道】 2009年7月... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はなねこ)
2009-07-17 13:49:49
fu-coさん
おかえりなさい♪
今年の北海道は、お天気が安定しませんね~。
厳しいお山、悪条件の中の登頂は、さすがです。
エゾノツガザクラの艶っぽいこと・・
キクバクワガタも見事です。

次のレポも楽しみにしてます。(^-^)
はなねこさん (fu-co)
2009-07-18 10:47:36
はなねこさん、こんにちは!

初日の羊蹄山から雨でしたので、気分も落ち込みましたが、9合目より上は高山植物が咲き乱れて興奮しました。
特にエゾノツガザクラはお初の対面でしたので嬉しかったです。
あでやかな濃いピンクが一面に広がる様子は北の山ならではの光景ですよね!
ガスっていたので広がりのある写真は撮れませんでしたがこの眼にしっかり焼き付けてきましたよ~~
本当にきれいでした!!
Unknown (さな・花の庵)
2009-07-18 12:53:12
お帰りなさい!

珍しいスミレのお届けありがとうございました。

雨は残念でしたが、9合目からの花旅は良かったでしたね。

それにしても雨の中の山登り、気力体力がいりますね。

楽しませていただきました。
Unknown (食う寝るさんだ~す)
2009-07-18 21:09:04
ちょっと残念な天気でしたけど、素敵な花たちのお迎えは最高でしたことでしょう。
天候を考えれば、山頂へ行けたのも良かったですね。
先日の大雪の事故もあり、北の大地はやはり侮れませんものね。
楽しく過せたのは、日頃の行いでしょうかね(^_-)-☆
北の大地の山に行きたくなるレポでした。
うらやましい! (やまそだち)
2009-07-19 08:43:56
うらやましいですね。
それにしても気力、体力が凄いですね。
fu-coさんの気力に、風雨もおさまったようですね。
上迄行ったご褒美の花達が沢山見られよかったですね。
雨の中の撮影は大変ですが、みなきれいに撮られていますね。
今週末は久しぶりの山行き、八甲田山です。
さな・花の庵さん (fu-co)
2009-07-20 00:07:29
さなえさん、こんばんは!

今年の北海道は花の開花が遅れ、例年ならそろそろ終わりのジンヨウキスミレが最盛期でした。
雨で展望はありませんでしたが羊蹄山も高山植物が多くとても見ごたえがありました。
食う寝るさんだ~すさん (fu-co)
2009-07-20 00:11:53
食う寝るさん、こんばんは!
お久しぶりです。
最近、すっかり雨に好かれてしまっていますよ~
今回の羊蹄山は山頂に近くなったところで風もやみ雨も霧雨ですからラッキーでした。
>楽しく過せたのは、日頃の行いでしょうかね(^_-)-☆
んだんだ!!(^-^)v
やまそだちさん (fu-co)
2009-07-20 00:15:15
やまそだちさん、こんばんは!

>今週末は久しぶりの山行き、八甲田山です。
わぁ~~八甲田ですか!?いいですね~
今頃はどんな花たちが迎えてくれるのでしょうか?
おみやげが楽しみです(^-^)v

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む