たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



笠取山【奥秩父】1953m

2007-06-06 | 秩父、奥秩父の山

2007年6月2日(土)

丹沢のシロヤシオが終盤の土曜日は檜洞丸に強く惹かれたけど、迷った末、去年満開のシャクナゲに感激した笠取山に行くことにしました。

翌日曜日は長女が引越しをする日、この日はお別れ会を予定していたので早めに帰宅しなければなりません!!

社会人三年目にして自立することになった長女は都心の賃貸ワンルームマンションへの転居でてんてこ舞い!そんな中、親である私達夫婦がのんきに山登りというのはちょっと気が引けますが、引越し当日はお手伝いをするからと勘弁してもらうことにしました 

【日時】       6月2日(土)

【交通手段】 マイカー

【メンバー】  夫、たんべぇ

【コース】作場平 8:20/8:40 →  笠取小屋 9:55/10:00 → 分水嶺 10:15 → 笠取山10:30/10:35 → 尾根(昼食) 10:50/11:30 → 水干尾根11:35(水干ピストン) 11:55 →シラベ尾根(分岐) 12:10 → 笠取小屋12:40 → 一休坂分岐 13:20/13:25 → 作場平13:45

 


<8:40>笠取山の登山口、作場平橋の標高は1310mもあるので山頂までの標高差はわずか643mです。



新緑が眩しい沢沿いのなだらかな道を行きます。



一休坂分岐



名前プレートが付けられていますが樹木は難しくて苦手です!←苦手項目が多すぎ




ワチガイソウ【輪違草】この時期は登山道でよく見かけます。



小屋のすぐ下においしい水場があります。



<9:55>笠取小屋



小屋から大菩薩が見えます。



小屋脇に立派なトイレ、右側の道を進みます。



<10:15>分水嶺からみた笠取山。



キバナノコマノツメ【黄花の駒の爪】



「新・花の百名山」のひとつに数えられている笠取山ですが、このキバナノコマノツメでエントリーされているようです!知らなかった…たしかに山頂手前の急坂に沢山咲いていました!!



<10:30>あえぎながら到着です。



山頂に着くと狙いどおり、アズマシャクナゲが満開です。



山頂に立たなければこの花を見ることはできません。笠取山の潔さを感じます!



シャクナゲはとてもきれいなのですが昨年ほどではありません。
花のつき方に裏と表があるそうですが今年は裏なのでしょうか?




二つピークがあるけどこっちが本当の山頂かな??



<10:50~11:30>通行の邪魔にならない場所でお昼にします。
いつかはこの稜線、唐松尾~飛龍~雲取と歩いてみたいものです。



分岐まで下りてきました。



水干まで行ってみましたが水はありません!


 
湿った水干の周りには6月だというのにハナネコノメが咲いています。




シラベ尾根の分岐まで来て、笠取小屋方面を選びました。
中島川口へいくとアスファルト道路を作場平まで歩かなくてはなりませんから…




さわやかな風を感じながらふかふかの道を歩きます。



イワセントウソウ【岩仙洞草】【岩先頭草】セントウソウの語源は不明とのことです。




コミヤマカタバミ【小深山傍食】←調べてみたらカタバミってこんな難しい漢字なのですね~



太陽が当たらないと花は開きません。ここは日差しが弱いので半開き状態でした。





<12:40>小屋に戻ると沢山の人が休んでいました。




サンリンソウ【三輪草】
サンリンソウは葉柄(ようへい)がつきます。




ミツバツチグリ【三葉土栗】 右は葉のアップです。大丈夫かな~?合っているかな?




シロバナノヘビイチゴ【白花の蛇苺】日当たりの良い登山道に群生します。
名前は怖いけけど花はかわいいです。 



<13:45>作場平に到着。トイレ周辺は可憐なシロバナノヘビイチゴに埋め尽くされていました。 



笠取山は気軽に登ることができてお花も展望も楽しめる山です。
交通の便が悪いのが難点ですが車なら問題ありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山【鳥取県】1709m | トップ | 苗場山【新潟県】2145m »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まきくま)
2007-06-07 00:53:22
イワセントウソウ、飛龍でも見ました。なんだろう、って思ってました。あー、すっきりした。たんべぇさんありがとう。
笠取は、なんとも気持ちのよい山ですよね。ただし、そこまでの運転がちと……なので、1回いったきりです。久しぶりに行きたくなりました。
唐松尾尾根 (sanae)
2007-06-07 10:05:10
静かで良いコースですよね。
唐松尾山の石楠花も見事ですし。
私も通しで歩いたことはないのですが、歩けたら満足感いっぱいでしょうね(^^ゞ
イワセントウソウ、私は気付きませんでした^_^;
ハナネコノメもまだあったなんて驚きました!
★まきくまさん (たんべぇ)
2007-06-07 22:28:04
「イワセントウソウ」知ったかぶって書いてるけど、実はあるサイトに投稿して教えてもらたんですよ、えへへ、、
去年、八ツで見てから気になっていたんですが、なかなか名前がわからなくて…やっと覚えました!!
笠取山は本当に気持ちの良い山ですよね!
水場が特にお気に入りです。
★sanaeさん (たんべぇ)
2007-06-07 22:47:51
唐松尾尾根はたけさんやK林さんのレポを読んで、一度は挑戦してみたいと思っています。
この稜線は玄人好みで憧れです!
sanaeさんならすぐにでもつなげることできますね!
私も是非歩いてみたいです。
いつになることやら…
笠取山っていいね。 (木曽駒)
2007-06-07 22:54:07
去年あるサイトで笠取山のレポが出ていて、石楠花が綺麗な山だと知りました。
でも木曽からは遠い。。。。。。

今年もたんべぇさんちで笠取山の石楠花を見ることが出来て嬉しいです。

いつかいけるかなぁ?
この時期、行きたいお山がいっぱい。
駒っちゃう私です。
Unknown (たけさん)
2007-06-08 01:12:59
ほっ!やっと知ってる山のレポがUPされました笑

奥秩父はシャクナゲ多しでですね~
唐松尾あたりもGWは葉っぱがたくさんでした。
今週末もいい頃合いかなぁ?

笠取の頂上は山梨百名山の標識がたっている方の方が開放感があって好きです。
やっぱり私は花より展望派だからなぁ^^;
キバナノコマノツメで花百とは!
花百のガイドブックも持っているのに初めて知りましたよ(笑

たんべぇさんは、ほんといい山歩きなさってますよねぇ。うらやましいっすよ!
★木曽駒さん (たんべぇ)
2007-06-08 12:02:10
石楠花を見ると♪シャクナゲ色にたそがれるぅ~♪って「夏の思い出」のメロディーが浮かんできます。
花色の微妙な濃淡がいいですよね~

駒子さんは銀毛のムクムクちゃんと布袋様でさんざんウラヤマしがらせているのだからシャクナゲは我慢しなさい(笑

ほんと、私も駒っちまうだよん!行きたいとこ多すぎて…
★たけさん (たんべぇ)
2007-06-08 12:09:28
>笠取の頂上は山梨百名山の標識がたっている方の方が開放感があって好きです。
ですよね~!
短いけど急坂を登り終えて立つ山頂は爽快です。

たけさんって花より展望派なの??
比重は五分五分じゃないの?だってお花もすごく詳しいじゃない!?
覚えておいてくださいよ!!私がスミレの弟子だってこと
Unknown (TiCA)
2007-06-08 20:51:07
たんべぇさんコンバンハ。
いいな、シャクナゲ。たんべぇさんのレポでちゃっかりお花の勉強しちゃいました♪
やっぱりこれからの時期はお花ちゃんに会うのが楽しみですよね~。
笠取山、まだ行った事がないのですが山梨百名山なんですね。行かなくては(笑
★Ticaさん (たんべぇ)
2007-06-09 20:21:21
会社員Aさん、こんばんは(笑
日経人気で大忙しの会社員Aさんからコメントをいただけるなんて嬉しいです。

これからの季節はどこへ登ってもお花がきれいでワクワクしますね~
笠取山は若い(←ココを強調)TicaさんとY棒さんには簡単すぎて物足りないかもしれないどお花も多くてなかなかですよん

あっ、それから
>たんべぇさんのレポでちゃっかりお花の勉強しちゃいました♪
私、性格がイイカゲンなので、お花の名前も結構イイカゲンかも…鵜呑みにしないで必ずご確認くださいませね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事