たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



タデスミレ【長野県】 2009年5月27日(水)

2009-05-29 | すみれ

*
*
*

タデスミレが咲くこの時期を待ちわびていました。
とはいえ、自生地については大まかなことしかわかりません。
出来る限りの情報をかき集めましたが、その地を探し当てるのは、とてつもなく厳しいものです。
そこで、ある方にヒントを頂き、先週23日(土)下見がてら出かけたのですが、
懸命に探したにもかかわらず見つけることは叶わず、泣く泣く諦めざるをえませんでした。

“開花にはまだ時季が早すぎなのかもしれない”
6月に改めて再訪するつもりで後ろ髪を引かれながらもこの地を後にしました。

ところが、私たちが訪れたその日、ほぼ満開の状態で紹介されているサイトを見つけ、
探した場所が違っていたことに気がつきました。

検討を重ね、4日後の27日今度こそ間違いないと 再度、信州に出向くことになってしまいました。
ETCの割引きが適用される今週末まで待つことが出来ないのですから、
ここまでくると私の「スミレ病」もかなり深刻かもしれません。ま、いっか!!(^^ゞ


現地に着くなり天気予報はハズレて雨模様、その後はピカゴロと、
かなり厳しい条件が揃いましたが、そんなことではめげません!!

傘をさし、見落としがないように目を皿にします!
ホソバノアマナ、ミヤマスミレ、タチツボスミレ、ミヤマツボスミレ、ツボスミレ、
タガソデソウ、マルバコンロンソウ、サナギイチゴの花、ラショウモンカズラ、チチブシロカネソウ、
ウスバサイシン、ミヤマザクラ、エゾノタチツボスミレ、スミレ(ホコバスミレ?)
エゾノタチツボスミレ、ニリンソウ、イカリソウ、
とにかく様々な花たちの歓迎を受けますが、お目当てのタデスミレはそう簡単には姿を見せてはくれません。



そして、探すこと5時間、ようやく…やっとのことで出会うことが叶いました

タデスミレとは縁がなかったのだと諦めて帰る途中だったので、この嬉しさは言葉では言い尽くせません


  ~2009年5月27日(水) 長野県にて~




草花が生い茂るその中に探し求めていたスミレが身を隠すように咲いていました。




タデスミレという名のとおり蓼のように細長い葉を持つ珍しいスミレです。



横顔です。






匂いも忘れずに嗅いでみましたよ~、本当に爽やかなよい香りでした!





個体数を勘定してみると私の目に入ったのは全部で15株でした。




勢いよく伸びる周りの草が元気すぎてタデスミレの下部は撮影できませんでしたが、
すんなり伸びた長身のスミレは一度見たら絶対忘れることができないほど変わったスミレでした。


長野県の極々限られた場所に自生するスミレで、絶滅危惧種CRにランクされている大変貴重なスミレです。
山と渓谷社から出版されている花図鑑「レッドデータプランツ」の写真家:永田芳男さんによると、
《写真撮影は無害のように見えるが、
植物にとってはかなりの負荷がかかり人数が多くなればダメージも大きくなる。》とあります。
写真を撮らせていただく身としては耳の痛い言葉ですが、
靴で踏みつけないよう心がけるのは当然として、
三脚などで周りの植物を傷つけないようにすることも大切かもしれませんね!

個体数が増えることを願いながらこの地を後にしました。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加入道山~大室山【丹沢】 2... | トップ | エゾノタチツボスミレ【長野... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タデスミレ (はなねこ)
2009-05-30 06:01:42
fu-koさん おはようございます。

タデスミレって、スミレらしくないけど
すっきりと端整な顔立ち  、姿がいいですね~。

それにしても、5時間も探し回る熱意
おそれいりました。
ご主人も一緒に?・・・感心です。

写真に撮るだけでも、ストレスを与えている
なるほど、そうなんですね。

 
Unknown (タデスミレ)
2009-05-30 06:41:58
ブログを拝見しました。
産地表示も無く、コメントにもホッとしています。
日本ではあの場所にしか無く、個体数も概ね300未満です。
ご自身のブログ以外での投稿や自生地の情報提供を控えて頂ければ助かります。
業者及び栽培家の盗掘防止が最大の目的です。
是非、ご協力頂きたいと思います。
はなねこさん (fu-co)
2009-05-30 13:31:24
はなねこさん、こんにちは!

タデスミレは遠い存在で、きっと一生会えないのではと半ば諦めていました。
しかし、思えば思うほど会いたい気持ちは募るものですね!今回、願いが通じて無事に会う事ができました。本当にラッキーとしかいいようがないほど最後の最後でした。

>ご主人も一緒に?
この4月から私のお抱えドライバーになりましたので…(^^ゞ
タデスミレさま (fu-co)
2009-05-30 13:47:25
コメントありがとうございます。
タデスミレの保護、ご苦労様ですm(- -)m
タデスミレの自生地についての重要度は、私なりに心得ているつもりでいましたが、投稿までは考えが及びませんでした。

私のように、一目でいいからタデスミレに会いたいと願っているスミレファンが、全国にはたくさんいらっしゃることと思います。

何とか、保護しながら観賞できる方策がないものかと考えさせられました。
Unknown (やまそだち)
2009-05-30 18:51:25
タデスミレに出会えて良かったですね。
8年前の5月31日に出会った日の事を思い出しました。
それ以来、行っていません。

貴重種を穫るときは特に気を使いますね。
Unknown (さな・花の庵)
2009-05-30 19:14:26
こんばんは。

会えて良かったですね。
かなり重症のスミレ病のように思われますが、行動力にも脱帽です。

↑残念ながらこれはあきらめざるをえませんね。
やまそだちさん (fu-co)
2009-05-30 21:18:05
やまそだちさん、こんばんは!

タデスミレにはもう8年も前に出会っておられたのですね!
私はそのころ存在すら知りませんでした。
スミレに限らず植物全般に詳しいやまそだちさんからは色々と教えていただきたいことが多いです。
これからもどうぞよろしく(^^ゞ


さな・花の庵さん (fu-co)
2009-05-30 21:29:52
さなえさん、タデスミレは幸運が重なってようやく出会えたようなものです。

タデスミレとの出会いは、もちろん涙がでそうなほど嬉しかったのですが、その他の植物たちもなかなかでしたよ~本当に植物が豊富です。
信州への日帰り遠征も近頃当たり前になってきました(^^ゞ
Unknown (peko)
2009-05-31 07:56:10

 おはようございます。
スミレは、奥深いものがありますね。
この花は、何と美人なのでしょう。
素晴らしいものを、見せていただきました。(^^)
有難うございます。

pekoさん (fu-co)
2009-06-01 02:36:18
pekoさん、こんばんは!

タデスミレの楚々とした美しさは、息を呑むほどでした。
この美しいスミレがいつまでも絶えることなく、この地に咲き続けることを願われずにはいられません。
これもスミレ?なんですね (森の子)
2009-06-02 23:37:55
fu-coさんこんばんは
も~、fu-coさんはスミレにとことん入れ込んでいますね。(^^)
そんなfu-coさんはきっとスミレの様な清楚で控えめな方?ポッ!(*^_^*)

それにしてもあっちでも、こっちでも盗掘とか絶滅危惧種とか、本当に悲しいですね。
経済とか科学の進歩に比べて人の心の成長、進化ってほんと遅いですね。社会も人も早く成長してもらいたいものです。
(シクシク)

こんな形態をしていてもスミレなんですね。
ビックリしました。

百名山完登のようにスミレ完撮出来ますように(なむ~)
森の子さん (fu-co)
2009-06-03 21:47:56
森の子さん、こんばんは!

>そんなfu-coさんはきっとスミレの様な清楚で控えめな方?ポッ!(*^_^*)
ええ、そうなんですぅ(笑)
黒木瞳、それとも吉永小百合似かな、、想像だけなら自由ですから(^_-)-☆

>盗掘とか絶滅危惧種とか、本当に悲しいですね。
盗掘する人ってあまり罪の意識がないのではないでしょうか?
もちろん、わかっていて商売にする人は論外ですが、山菜採りと同じ感覚で普通に花を摘んで持ち帰る人たまに見かけます。でも、なかなか注意できないんですよね~

スミレ完撮ですか?無理です。あはは(=^▽^=)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む