たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



エゾノタチツボスミレ【長野県】 2009年5月27日(水)

2009-05-30 | すみれ

*
*
*
タデスミレを探して歩いている時、思いがけずたくさんのエゾノタチツボスミレに出会いました。
このスミレもお初の対面だったので会えた時は大変感激しました。
色は白から淡い紫まで、スッと伸びた茎は一瞬、探し求めているタデスミレかと見間違えるほどでした。
エゾノタチツボスミレは背丈の割に花が小さく遠目にはあまり見栄えがしないそうですが、今回、私が出会った白色のエゾノタチツボスミレはふっくらした花びらと唇弁に描かれた紫色のスジが印象的で、存在感のある大変美しいスミレでした。
薄紫色も見かけたのですが、ふっくらとした白花の方にばかり目が行き、気がつけば写真は白花ばかり…薄紫も撮っておけばよかったと後で後悔しきりでした。



~2009年5月27日(水)長野県にて~


エゾノタチツボスミレ


とても清楚で見栄えのするスミレでした。



側弁には毛がびっしり!!




この個体はさらに側弁の毛が多いタイプでした。



“このスミレに出会えたのだから満足”と思えるほど私はエゾノタチツボスミレのファンになりました。





ハッとする程けがれのない白色、初夏の風をイメージする爽やかさを感じました。



こちらは唇弁、側弁、上弁とも紫の筋が入った個体、
ここでは白花種が多かったので、このようなタイプは数株しか見かけませんでした。


目的はタデスミレでしたが、探し回った5時間で出会った植物たちは多種多様、
すんなり見つかっていたら見逃していたであろう植物たちも又、私にとってはとても新鮮な出会いでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タデスミレ【長野県】 2009... | トップ | 尾瀬ケ原、日帰り散策 2009... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みかん)
2009-05-31 23:43:58
エゾノタチツボスミレはまさに初夏の花、6月を代表するスミレと言ってよいかも知れませんね。

あまり話題にはならないスミレですが、花期が遅い分だけ損をしているような気がします。

とても素敵なスミレなのですが・・・。

タデスミレの所の引用者名ですが、永田芳男が正しい文字です。雄→男に訂正してください。
みかんさん (fu-co)
2009-06-01 02:50:45
みかんさん、こんばんは!

エゾノタチツボスミレがこんなに美しいスミレだったとは…本当に驚きました!
ちょうど咲き始めだったこともあり、すっかり見惚れてしまったほどです

>初夏の花、6月を代表するスミレ
まさにその通りですね~爽やかな白色が印象的でした!!

>永田芳男が正しい文字です。雄→男に訂正してください。
だはぁ~~、やってしまいました~!!
大先生のお名前を間違えてしまうなんて…申し訳ありませんです。さっそく訂正しておきましたのでお許しくださいませませ
Unknown (さな・花の庵)
2009-06-03 20:33:18
こんばんは。

fu-koさんもそそっかしいのね。
男のまちがい・・。

良かったです、お仲間がいて。

みんなのスミレ図鑑はアクセス数増で、ヤフーで検索するとトップページになってますよ。

しかし清楚なスミレですね。
さな・花の庵さん (fu-co)
2009-06-03 21:59:48
さなえさん、こんばんは!

スミレ図鑑のアクセス数、増えてよかったですね~私もいくつか協力させていただいているので嬉しいです(^-^)v

>良かったです、お仲間がいて。
さなえさんも意外にそそっかしいことに気がつきました。
ほらね fu-ko→fu-co うふふ

でも、私の「誤字脱字勘違い」の右に出る人はそうはいないと自負(?)しています(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事