たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



朝日連峰【東北】 2006年9月30日(土)~10月2日(月)

2007-09-05 | 東北の山

9月に入り、そろそろ秋山の計画をたてなければなりませんね~
昨年は、朝日連峰の素晴らしい紅葉に出会いました。
写真を見ていたらあの時の感激が蘇えり、いまさらですがUPしたくなりました。
っていうか、ほとんど写真ばっかりの簡単レポですが 


飯豊と並んで東北を代表する縦走路を持つ朝日連峰。
この山域の紅葉の美しさは有名で、訪れるなら是非その時期にと思っていました。
しかし、バスの運行は終っており、この季節はタクシーを利用するしかありません。

昨年はJR東日本が発売した格安切符“おはよう庄内”(山形往復16000円)がありました。これをを利用してJR山形駅まで行き、高速バスで庄内あさひBSまで、そして予約しておいたタクシーで泡滝ダムまで入ってもらいました。ちなみにタクシー代は9000円ほど、時間は50分ぐらいでした。

※今年(2007年)は“おはよう庄内”“おはよう秋田”といった格安キップは発売されなかったですね、残念です!

来年は是非復活してほしいと願うばかりです。JRさんどうぞよろしくお願いします!


【日時】2006年9月30日~10月2日

【メンバー】夫、たんべぇ

【交通手段】山形新幹線、高速バス、タクシー、左沢(あてらざわ)線

【コース】
09/30  泡滝ダム13:00/10 → 七つ滝つり橋14:25/35 → 大鳥小屋(タキタロウ小屋)15:30

10/01  大鳥小屋04:50 → 水場06:15/35 → オツボ峰07:05/15 → 以東岳08:10/20
中先峰09:25 → 狐穴小屋09:55/10:25 → 北寒江山10:55 → 寒江山11:15 → 竜門小屋12:20/40 → 竜門山13:00 → 西朝日小岳14:00/10 → 金玉水15:15/30 → 大朝日小屋15:40

10/02 大朝日小屋06:10 → 大朝日岳06:20 → 大朝日小屋06:30/35 →  小朝日岳分岐07:50 → 古寺山08:05 → ハナヌキ峰分岐08:40 → 古寺鉱泉09:40

 =========================================

【9月30日】

JR山形駅着10:06


山形駅発10:48の高速バスで庄内あさひBS着12:07、そこからタクシー利用。


13:00 泡滝ダムに到着


14:25~14:35
七つ滝吊橋


15:30
大鳥小屋着
連休前の週末、予想通り小屋は空いていました。全員で30人弱だったでしょうか?
管理人さんに二人分3000円を支払い、二階奥の指定された場所にシュラフを広げ、外で食事にします。
その前に明日のコース決めです。直登コースか展望のオツボ峰コースかまだ決めかねていたのでとりあえず分岐まで下見に出かけてみました。

大鳥池の紅葉はもう少し先ですね!


昨夜は隣の方のいびきがひどくて参りました。
失礼とは思いましたが、こっそり二階中央部に移動しました。

 

【10月1日】
04:50 大鳥小屋発

今日はどこまで行けるでしょうか!?
希望としては大朝日小屋まで、10時間以上の行程ですから無理はせず、厳しいと感じたら竜門小屋に泊まろうと考えて出発です。
以東岳までは展望コースのオツボ峰を選びました。



薄暗い中、以東小屋らしきものが見えてきました。

 


06:15~06:35
水場 は縦走路から左に少しだけ下ります。冷たくてまろやかで極上の水でした。
ここで20分も休んでいたら…

7人組がやってきました。
「今日はどこまでですか?」と聞かれますが、迷っていたのではっきり答えることができません。
その後、この7人とは最後の最後まで抜きつ抜かれつを繰り返します。 

 


真ん中が以東岳、その右に以東小屋が見えます。



大鳥池が眼下に。

 


08:10~08:20
以東岳到着

 


草紅葉も彩りを添えます。


09:25
中先峰


たおやかな山並み、澄んだ空気の中、一本道を進みます。


樹木は腰ぐらいの低さです。


09:55~10:25
狐穴小屋が近づきました。
狐穴小屋前の水場でランチにします。チンゲン菜と真空パックの豚の角煮入り豚骨ラーメンです。
夫はこのときヘロヘロだったと後で聞かされました。風はここちよかったのですが強い日差しが堪えたようです。


山方境を通過


10:55
北寒江山から以東岳を振り返ります。

 


11:15
寒江山到着
中央のとんがりが大朝日岳、まだまだ先が長いですね~


竜門小屋が見えてきました。


12:20/12:40
竜門小屋着
ヘロヘロだった割には意外と早く着きました。水もジャガジャガ出ているし、トイレもきれいです。泊まるには申し分のない立派な小屋。
ここで泊まるか、先へ進むか決断の時です!


小屋の内部です。本当にきれいで泊まりたい衝動に駆られましたが、10分後に着いた7人組さんの情報によると明日は雨とのこと。
時間もたっぷりあるし、お互い大朝日小屋まで頑張ることにしました。


竜門山から竜門小屋、寒江山を振り返る。7人組はまだ休憩中です。


西朝日に向かいます。見飽きるほどですが、一生のうちでこんな見事な紅葉に出会える機会が何度あるでしょうか?しかもほとんど独り占め状態です!
もったいなくてゆっくりゆっくり歩きます、っていうか…実はバテバテなのです


本当に見事な色付きです。


贅沢すぎて申し訳ありません


似たような写真ばかりですが…


大朝日のとんがりが近くなってきました。 




14:00~14:10 
西朝日岳山頂から望む大朝日岳
ここに7人組もやってきました。この方々は横浜の「みろく山の会」の方で、お互い、晴天に恵まれ、最高の紅葉を堪能できたことを喜び合いました。

先に出発した私たちでしたが、ちょっとばかりのアップダウンにもバテバテです。
急がず着実に一歩一歩すすむ横浜の7人組み抜かされてしまいました。 


だんだんガスが上がってきました。

 

ガスの切れ間に大朝日小屋は見えます、その手前のT字路を左に下りれば金玉水です。 
ザックを置いて水場に向かいます。


15:15~15:30
水は思ったより細く、溜めるのに少しばかり時間がかかります。
先に進んだ7人の後だったので、待ち時間、体の芯から冷え切ってしまいました。


15:40
ようやく大朝日小屋です。すっかりガスに覆われてしまいました。
横浜の7人と私たち二人は、大朝日小屋の名物おじさんに「大鳥小屋から来たのかい!?そりゃぁ~すごい!」と褒められました。私たちは達成感でいっぱいです。
バテバテだった夫はおじさんの言葉を聞くなりニコニコ顔、すっかり元気を取り戻しました。←ホント、単純

その上、おじさんはツアーの引率らしき若者二人を三階に移動するように交渉し、私たちのためにその場所を空けてくれたのでした。
気持よく了解してくれた若者とやさしいおじさんに感謝感謝です。


今夜はレトルトカレーとウィンナーとサラダです、もちろん完食。


はぁ~~、でもやっぱり疲れたな~!

小屋は適度な人数、心地よく寝ることができました。

【10月2日】
やっぱり雨です。
昨日、頑張った分、今日はゆっくりできます、雨だし急ぐ必要はないので6時過ぎまで小屋で様子をみますが、止みそうにないので、空身で大朝日岳をピストンします。


06:20
小屋から10分で大朝日岳山頂
雨なので何にも見えません、ただ登っただけ。
そそくさと小屋に戻り、06:30古寺鉱泉に向けて下山します。


ガスっていてよく見えないけど、こちらも見事な紅葉です。
下るに伴い、背の高い木々が多くなってきました。晴れていればと少々残念に思います。
3時間10分で古寺鉱泉に着きました。

 


09:40
古寺鉱泉着。玄関は回りこんだ橋側です。
ここでお風呂に入ろうと思っていましたが、沸かし湯なので10時からとのこと。
10時少し前に下りてきた横浜の7人はここで入ったようでした。
私たちはタクシーで左沢駅近くの「テルメ柏陵」で汗を流しました。
左沢経由で山形駅に。山形駅でまたまた7人組とバッタリ、古寺鉱泉から直接タクシーで山形入りしたそうです。


古寺鉱泉発           10:25  タクシー(10000円ぐらい)でテルメ柏陵へ
「テルメ柏陵」 着/発      11:15~1240(温泉、食事)
左沢(あてらざわ)駅 着/発  12:45~12:59
山形駅 着/発          13:38~14:05
東京駅 着               16:56 



混雑を避けて紅葉のピークの一週間前に入山しましたが、予想をはるかに超えた見事な紅葉でした。
2005年は秋は飯豊連峰を川入から三国岳~杁差岳まで縦走しました。
このときも感激でしたが飯豊のそれとは違う魅力がありました。
低い樹木が真っ赤に色付く穏やかな山並みは、これまで経験したことがない素晴らしいものでした。
この上なく満足な朝日の縦走でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塩見岳【南アルプス】 <二... | トップ | 笠ケ岳~至仏山【尾瀬】 200... »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい♪ (sanae)
2007-09-05 17:14:38
昨年は見事な紅葉だったのですね。
大朝日の紅葉、いつか見てみたいものです(ウットリ(^^ゞ)
★sanaeさん (たんべぇ)
2007-09-05 20:19:47
古い記録を見てくださってありがとうございます!
やっぱり朝日連峰はピカイチですね~

もうじき山々は色づきますね!楽しみです。
sanaeさんは今年どちらへ行かれるのでしょうか!?
Unknown (ぜいぜい)
2007-09-05 22:06:05
たけさんのところで感激してたら、こちらは秋バージョンでとってもタイムリーでうれしいです。
言葉に出来ないくらいすばらしい紅葉ですね。
こんな見事な紅葉にでくわすのもなかなかないんじゃないでしょうか。
いやあ、すごい!
できたら飯豊もお願いします~
見事です (えいじ)
2007-09-06 07:23:31
秋はやっぱり東北ですね。
直ぐに影響されて計画をたてようと思っております。
あとは天気だけですね。
Unknown (ここあパパ)
2007-09-06 17:52:35
この夏、初めて朝日の風景に触れて
この山域のもつ自然の素晴らしさに感動を覚えました~。
そして、たんべぇさんのレポを拝見したら
さらに秋の朝日もビックリするぐらいキレイですね~。
夏とは別の表情が楽しめる、こんな燃えるような紅葉をこの目で見たくなりました!
コメントありがとうございます。 (たんべぇ)
2007-09-06 21:38:05
★ぜいぜいさん
たけさんのレポ見たら去年の朝日を思い出して図々しくアップしちゃいました(笑
やっぱり、朝日の紅葉はすばらしいです。
今まで生きてきた中で一番かな!また行きたいです。

★えいじさん
今年の紅葉登山は朝日に決定ですか
混み混み覚悟で三連休を狙えば大鳥池周辺も合わせて楽しめるかもしれませんね!
レポ楽しみにいてます。

★ここあパパさん
ヒメサユリ咲く夏の朝日も魅力的ですね~
あの稜線がこれほど真っ赤の染まるなんて不思議ですね!
コンデジ撮影なので本当の色が出なくて残念です、本当はもっともっとキレイでしたよ!
みごとな紅葉! (宮本)
2007-09-06 23:25:50
 おひさしぶりです。鎌倉の宮本です。こちらは今、台風9号の暴風域に入っています。猛烈な雨と風が吹き荒れています。電車も一度止まったりして、帰宅するのも一苦労でした。

 朝日連峰の紅葉、話には聞いていましたが、こんなにみごとなものだったのですね。わたしはこの夏、イイデリンドウが見たくて、そのとなりの飯豊連峰に行く予定を立てていたのですが、8月の2回目の週末は東北地方に前線が停滞していて断念してしまいました。また来年の宿題です。

 つぎの山紹介はどこでしょうか。レポートを楽しみにしています。
★宮本さん (たんべぇ)
2007-09-07 13:57:05
宮本さん、こんにちは、お立ち寄りいただいて嬉しいです。
昨夜から今朝にかけて鎌倉は台風の影響が大変だったのですね!お疲れ様でした。
こちらは、警戒していた割には大したことなく過ぎ去り、今はお日様も顔をだしました。

昨年、思い切って出かけた朝日連峰の紅葉は予想をはるかにこえて本当にすばらしかったし、たおやかな山並みもステキでした。夏の花が咲くころ又行ってみたいです。

イイデリンドウですか?海の日の連休は散々なお天気でしたよね、次回、宮本さんの写真を楽しみにしています。

そうそう、宮本さんが写真を提供されている「高山の花」とても助かっています。
識別ポイントをイラストで解説というところが他のガイドブックにないところですね。
第2.第3と種類を増やして刊行していただけるとありがたいです、ぜったい買います!!
お礼かたがた (宮本)
2007-09-07 22:05:36
 それほど遠いというわけでもないのに、台風はこちらのほうが猛烈だったのですね。やはり海が近いせいか、都心あたりにくらべると風が強い場合が多いようです。

 「高山の花」ご愛読いただきありがとうございます。でも、わたしが協力させていただた写真はごく一部、著者の久保田修さんの地道なご努力の賜物かと思います。ご興味のある方は、次のアドレスをごらんいただければさいわいです。
http://www.wildplants.sakura.ne.jp/alpineflowers.htm

 このシリーズ、さいわいに好評なようすです。じつは「山の花」と「野の花」も企画中です。刊行は来年になると思います。どうぞお楽しみに。
やった~ (^-^)v (たんべぇ)
2007-09-07 23:10:40
★宮本さん、ホントですか!?
野の花、山の花もあるといいな~と思っていたので、とてもうれしいです(^-^)v
発売、首をなが~~~くして待ってます


Unknown (たけさん)
2007-09-08 01:03:39
うわおぉ~まっかっか!!
やっぱり秋もいいですねぇ。こりゃ、ため息出ますよ。いい時に歩かれましたね。う、また行きたくなってきたです。

なかなかごっぷりな縦走でしたね。そっかこっちに降りる人が多いんですね。次回は狐穴に泊まりたいです。
これこれ! (カモシカ)
2007-09-08 23:18:36
あっちこっちで東北の山がいいという話は聞いていますが、イメージどおりの写真です。
こんな紅葉の中を歩いてみたいものです。
JRからお得なきっぷがでた時に狙ってみようかな。
車では遠すぎるし、運転でギブアップだ。
たけさん (たんべぇ)
2007-09-10 08:58:15
>そっかこっちに降りる人が多いんですね。
うんうん、私も乏しい知識の中では古寺、朝日鉱泉が一般的でした!

西朝日山頂からみた祝瓶の特徴ある山容は印象に残っています!アスレチック風の吊橋は怖いけど朝日平から入るのもよさそよですね~祝瓶からつなげるのも惹かれます。ホント、また行きたい!!
★カモシカさん (たんべぇ)
2007-09-10 09:07:39
でしょでしょ、朝日の紅葉は最高でした

でも、やっぱし朝日は遠いですよね~
青春18キップでも、高速バスでも時間がかかりますよね!新幹線が一番だけど高すぎるし…
来年以降、新しい格安切符を期待したいです。
Unknown (まきくま)
2007-09-24 23:35:24
すっごい遅ればせながら、ですが、、、
あんまりきれいなんで、もう言葉もでません。
うーん、10月の候補だなあ。
いけるかなあ、、、
★まきくまさん (たんべぇ)
2007-09-25 10:22:11
コメントありがとございます!
朝日の紅葉は、これまで生きてきた短い人生←ココ強調の中で一番キレイな紅葉でした。
写真では表現しきれない自然の芸術との出会い、
まきくまさんもぜひ実現してくださいね!
10月かぁ~いいな!大鳥池周辺も期待できそう

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事