たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



富士見下から尾瀬ヶ原 2009月9月6日(日)

2009-09-09 | 新潟、北陸、尾瀬とその周辺の山

*
*
*

尾瀬ケ原への登山口のひとつである「富士見下」は、大清水や鳩待峠に比べると入山者が少なく、静かな山歩きがお好みの人にはもってこいのルートです。
興味はあるものの、楽な方へと流されがちな私は何度か計画するも、直前になって鳩待峠に変更してしまうのが常でした。
今回は、長年の課題である富士見ルートを女性3人でを歩いてみることにしました。

西武線の某駅で午前6時に待ち合わせ、モ~リ号で富士見下までGO!!

約2時間30分で富士見下に着きました。
尾瀬って訪れるたびに近くなっている気がします。日帰りは慌しいけど小屋の予約などわずらわしい手間が省けていいですね。

入山者が少ないとはいえ今日は日曜日、駐車スペースがあるか心配でしたが、7~8台しか停まっていませんでした。
夏から秋への移行期にあたる今は静かな尾瀬を楽しむには打って付の一番良い季節かもしれません。


08:40 出発です。


歩き始めるとすぐに、ミヤマスミレらしき葉がたくさん残っており、6月初めの花の季節はさぞかし見事であろうと想像しながら歩きます。
カメバヒキオコシの青紫、サラシナショウマやキッコウハグマの白い花が目に止まり、秋の訪れを感じます。



きのこに詳しいマりさんが「チダケ」を見つけました。
「チダケは裂くと白い液が滲むのよ、ほらね!」と、なるほど、だから 乳茸 というんだ~~きのこの知識がゼロの私はいたく感心、トリアシショウマに似たチダケサシは、この乳茸を刺して持ち持ち運んだことから『乳茸刺』と名前がついたとのこと。なるほど~~
賢くなりました!!

田代原に群生するヨツバヒヨドリに集まる無数のアサギマダラ、一度にこれほど多くのアサギマダラを見たのは初めてかも、壮観で写真を撮るのも忘れるほど…
林道とはいえ、変化に富んだ楽しい道です。


富士見下から4、1Km地点にある水場でちょっと休憩。

冷たくておいしい湧水をゴクゴク、ここのお水は最高でした



「新緑や紅葉の時期も又来たいね!」などと話しながら6.3kmを二時間あまりブラブラ歩くと富士見峠に到着です。



富士見小屋



富士見小屋の前にはヤナギランが群生していました。


奥の白い花はゴマナ


富士見峠から1kmほど登ればアヤメ平に着きます。

その前にちょっと寄り道…




富士見田代から燧ケ岳

尾瀬ヶ原への分岐の富士見田代は、池塘越しに燧ケ岳を眺める絶好のロケーション。
真新しいベンチが設置されていました。

富士見田代から少し登れば目的のアヤメ平です。

アヤメ平のベンチにはご夫婦らしき先客がいらっしゃいました。立派なカメラと三脚を持ったお二人はアヤメ平でシャッターチャンスを狙っていたのでしょうか?
そこへ現れた我らオバチャン3人、うるさくてゴメンナサイです!!

 


アヤメ平から燧ケ岳

数分前までくっきりだった燧ケ岳ですが、あらあら…雲がかかってきました。
至仏山は雲の中、流れが速いので暫らく待てば姿を表わしてくれるかもしれません。


アヤメ平は花後キンコウカで埋め尽くされていましたが、草紅葉には少し早すぎで黄金色まであと一歩といったところです。


オヤマリンドウ        イワショウブ
  

ベンチでまっ~たり、暑くもなく寒くもなくいつまででも休んでいたい気分です♪
本日の目的地はこのアヤメ平でしたが、時刻はまだ12時前です。このまま富士見下に戻るにしても鳩待峠に抜けるにしても時間的にもったいないので竜宮十字路まで下りることにしました。
痛めている足のことが少し気にかかりますが、ゆっくり歩けば何とかなるでしょう!


尾瀬ヶ原が近くなると、湿原の植物が姿を現しました。


サワギキョウ       オゼヌマアザミ
 

ハンゴンソウ         アカバナ
  


 ミズギク            ヤマトリカブトオクトリカブト
 
                                            オクトリカブトだと教えていただきました。
                                                    みかんさんご指摘ありがとうございました
 

オオニガナ

オオニガナはお初の対面でした♪


ワレモコウ        アブラガヤ
 



竜宮小屋が見えてきました。 
 

上から見えていたオレンジ色の草はどうやらヤマドリゼンマイのようです!



竜宮十字路のベンチで二度目のランチタ~~イム!! 
私が周辺の写真を撮影してる間に、手際よく二人がこしらえたオープンサンドとホットコーヒー。私もちゃっかり頂戴しました。
おいしい!!
とっても贅沢気分に浸ることができ幸せでした。。



このままお昼寝でもしたい気分でしたが、ふと時計をみると時刻は14時30分、鳩待峠の最終バスが気になり竜宮小屋で確認したところ、17時10分とのこと。
大丈夫、何とか間に合いそうです。急いで片付けをして先を急ぎます。




ゴマナ         ウメバチソウ
  

     
 

エゾリンドウ       アキノキリンソウ
  



《湿原の風景》


ワレモコウと至仏山



エゾリンドウとアキノキリンソウ、背景は景鶴山


 オレンジ色のヤマドリゼンマイ 

 

光芒(こうぼう)に照らされて…

雲の隙間から差し込む光の中を歩けるとは、ラッキーでした!!


 
一足早く真っ赤に色づいた葉、何の木でしょう?ナナカマドではなさそうだけれど…ハゼ??う~~ん、わかりません。。。 
↑はヤマウルシだと教えていただきました。
みかんさん、ありがとうございました。

池塘に浮かぶヒツジグサ 

ヒツジグサ

真夏の花と思っていたヒツジグサは花期が長いらしく、直径5cmほどの可愛い花をたくさん見ることができました。

未時(午後二時)ごろに咲くので 未草という名前がついたのだそうです。

 




ヤマトリカブト オクトリカブト
 
↑のトリカブトはヤマトリカブトではなくオクトリカブトだと教えていただきました。
みかんさんご指摘ありがとうございました。


  

 15:50 
最終バスは17:10なので充分に間に合います。閑散とした山の鼻を後に鳩待峠へ向かいます。


3ケ月前は、オオバキスミレやミヤマスミレが咲き乱れていた登山道はすっかり背の高いサラシナショウマ、ヤマトリカブトなどに覆われています。

 サラシナショウマ


16:35 所要時間45分で鳩待峠に到着しました。

車を停めている富士見下まで直接行けるか交渉しましたが不成立、結局、乗り合いバスで戸倉まで行き、乗ってきたバスで改めて送っていただくことになりました。料金は一台1800円とのこと、鳩待峠からの料金900円プラスで一人当たり1500円でした。


帰りはのんびり「しゃくなげの湯」で汗を流して時間調整、お陰で激しい渋滞に巻き込まれることもなく比較的スムーズに走ることができました。
西武線の某駅で降ろしてもらったのが21:30、電車に乗り継ぎ自宅に着いたのは一時間後の22:30、めいっぱい遊んだ充実の一日でした。
  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の装い横尾山【山梨県】 2... | トップ | 鬼怒沼湿原 2009年9月12日~... »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静な尾瀬は良いですね (やまそだち)
2009-09-09 18:02:19
今年は尾瀬も6月に行ったきりでなかなか行けません。
9月初めの尾瀬は静かで良いですね。
こちらからも日帰りは出来るのですが、もったいなくて大抵は竜宮一泊が多いです。
10月に行ければと思っていますがどうなるやら・・・
(いがりさんのワークショップを狙っています)
Unknown (sanae)
2009-09-09 21:18:46
草紅葉には早いし微妙な時期かなと思いましたがまだお花がけっこう咲いているんですね。
充実した一日で良かったです♪
戸倉から富士見下まで頼めば送ってくれるんですね。通常バスはもっと早い時間で終わってしまったと思います、それで以前竜宮から直接登り返したのですが交渉してみるもんですね(^^♪
Unknown (食う寝るさんだ~す)
2009-09-09 21:29:28
富士見下から行かれましたね~!
あそこいいでしょ?(笑)
オイラは大好きなんです。

まだ。花もけっこう咲いてますね、紅葉も進んでるようで、これからの時期が楽しみです。
美味しそうなランチとお仲間との楽しい時間、いい旅でしたね。
そろそろ尾瀬は宴会シーズンですわ(^u^)
やまそだちさん (fu-co)
2009-09-09 23:22:15
やまそだちさん、こんばんは!

尾瀬はいつ訪れても期待を裏切ることのないステキな場所ですね~
9月の尾瀬は2回目です。といっても前回は至仏山とお隣の笠ケ岳でしたので、原を歩いたのは初めてかも…
あの時は至仏の山頂から尾瀬ヶ原を眺めて木道を歩きたい衝動に駆られました。山ノ鼻へ下山が禁止されてなければ迷わず下ったことでしょう!
今回は、至仏山を眺めて、今頃ヒメシャジンが満開であろうと考えていました。

10月はいがりさんのWSですか!いいですね~!
本格的に写真を撮られる方はやはり、朝夕の幻想的な風景が魅力的ですものね~
良い写真が撮れるといいですね、楽しみにしてます!!
食う寝るさんだ~すさん (fu-co)
2009-09-09 23:39:39
食う寝るさん、こんばんは!

富士見下コース、なかなかグ~~ですね!
林道とはいえお花も多く、初夏はきっと百花繚乱ではないかと想像しながら歩きました。(登りだけですけど…)
きっと秋の紅葉もきれいなのでしょうね~
私が気に入ったもうひとつの理由は、横一列でおしゃべりしながら歩けること(笑)

>そろそろ尾瀬は宴会シーズンですわ(^u^)
うふふ、今年も大宴会の予感ですね^^


Unknown ( カモシカ)
2009-09-10 12:35:17
私とは対極の山歩きの日でしたね。
風に揺れるワレモコウに秋の訪れを感じます。
静かな尾瀬の秋もよさそうですね。
Unknown (はなねこ)
2009-09-11 09:11:24
おはよ~♪

今頃の尾瀬もいいなぁ~。
日帰りしちゃうんですね。

ヤマドリゼンマイがあんなにきれいに紅葉するなんて・・・
茶色になった葉しか見たことないんです。

足は大丈夫でしたか?
こんばんは。 (kagerou)
2009-09-11 18:06:47
尾瀬はいつかは出かけてみたいですね。

でも今はまだ予定が組めません~残念ながら・・・。

kagerouも痛めた右足(6月上京前の)が完全ではありません~年のせいかな。

では、又~
カモシカさん (fu-co)
2009-09-11 19:47:16
復帰した途端の北ア縦走には頭が下がりますね!
すごいです!!
長い間ひたすらのガマンを貫いたゆえのご褒美なのでしょうね~
13ケ月間の精神の安定を保つ秘訣をお教えいただきたいです(^^ゞ
私はボチボチですが軽めの山を歩きながら完治を目指します!!
はなねこさん (fu-co)
2009-09-11 19:57:24
ヤマドリゼンマイの紅葉、こんなに綺麗な色に染まっているのを見たのは初めてです。
今年は夏らしい夏が来なかった分、紅葉も早めかもしれませんね!
ヤマドリゼンマイはまだ緑色もありますし、葉先がチリチリ状態になったものまで様々でした。
ミズバショウやキスゲもいいけど、この時期の尾瀬もなかなかです!尾瀬はいつ行っても期待以上の収穫が得られる素晴らしいところですね~
kagerouさん (fu-co)
2009-09-11 20:10:09
かげろうさんも足を痛めていたのですか?
それも三ヶ月も前に…
捻挫って、本当にやっかいですね~
私のは軽い捻挫なので、長くても3週間で完治でできるはずだと思っていましたが、そう簡単ではなさそうです

>尾瀬はいつかは出かけてみたいですね。
いつか出かけられる日が来るといいですね~
その時は是非ご一報くださいね!
懐かしく拝見しました (みかん)
2009-09-12 10:33:49
富士見小屋は私の親友の叔父さんの経営です。
今はその息子さんが小屋主ですが。

今の経営者が生まれたててまだ赤ちゃんの頃
私は高校生、親友と二人で小屋でよくアルバイトしました。

これから紅葉が日を追って色づき、10月10日の頃にピークを迎えます。小屋にいると昨日と今日で葉の色が違っていることに気がつきます。当時は体育の日、などという祝日もなく、今日の小屋泊まりのお客さんは5人か6人か、などと当てっこするほどのどかでのんびりしたものでした。

毎日キノコ取りをしたり、アヤメ平で遊んだりの日々でした。小屋前のヤナギランは私が種を蒔いたものかも知れません。小屋の横にニッコウキスゲの種をまいたり、毎日遊びほうけた楽しい日々でした。

誰も人が踏み入ったことのない秘密の湿原などにも、当時は探検気分で入りました。後年、その湿原には貴重なホロムイソウなどもあることを知りました。

朝、おにぎりを持って小屋を出て、竜宮から赤田代に向かい、燧岳に登って尾瀬沼に出て、皿伏を登って富士見小屋に帰ってくる、なんて今では想像もできないこともやってました。

隅から隅まで歩いて遊んだ尾瀬、懐かしいです。

ちなみに尾瀬にはヤマトリカブトはありません。画像のトリカブトはオクトリカブトだと思います。

紅葉している木はヤマウルシです。
みかんさん (fu-co)
2009-09-13 21:26:43
若かりし日のみかんさんの姿を勝手に思い描きながら読ませていただきました(笑)
竜宮~赤田代~燧ケ岳~皿伏、富士見小屋を起点にこれを日帰りするとは、若さとはいえすご過ぎです!
富士見小屋は尾瀬の他の小屋とは何処となく雰囲気が違い、悠然と構えているところがいいですね!かわいいワンちゃんもいるし…^^

尾瀬の紅葉はやはり10月10日ごろがピークなのですね?
一昨年の10月、初めて紅葉の尾瀬を訪問して私もすっかり惚れ込みました。本当にため息が出るほど見飽きない風景でした。

赤い葉はヤマウルシでしたか?
また、ヤマトリカブトもご指摘くださり有り難うございます。
早速、オクトリカブトに訂正させていただきます。
トリカブトはやはり難し過ぎて手に負えませんです(^^ゞ
sanaeさん (fu-co)
2009-09-14 10:29:27
sanaeさん、こんにちは!

勘違いして別の方にお返事したようでした!申し訳ありません。どうしようもないおっちょこちょいです(~_~;)

富士見下に車を置くと、富士見峠への登り返しに不安があったのですが、鳩待峠に行けば何とかなるだろうと、いつもの行き当たりパターンでした(^^ゞ
タクシーで直に鳩待→富士見下だとメーター通りで7000円から8000円位、乗り合いバスで戸倉まで下る方がお得ですよ!と勧められとても助かりました。
これから尾瀬は日一日と彩りが鮮やかになり、ウズウズ、、また行きたくなりますね~~♪
同じ日 (てばまる)
2009-11-16 01:02:46
こんばんは~ 過去ログ扱いでしょうが今頃書き込んでます(^^;)

9月5日、6日は仲間との集いで尾瀬ヶ原にいましたよ~ 5日は竜宮小屋泊で6日に鳩待峠へ下山でした。 入れ違いで入山だったようですね。 この日はヤマドリゼンマイの黄葉がピークでとても綺麗でした。
それにしても日帰りなのに長距離歩きましたね。流石に健脚です!
てばまるさん (fu-co)
2009-11-16 19:56:42
てばまるさん、こんばんは♪
こんな古い記事を掘り起こしてくださって有難うございます。

j実は同じ日に入山していたこと、てばまるさんのHPで知ってました^^;
ヤマドリゼンマイが本当にきれいでした!!
てばまるさんのように見ごたえある写真はなかなか撮れませんが、尾瀬はどこを切り取っても絵になりますね~

アヤメ平で出会ったご夫婦は、前夜「竜宮小屋」に宿泊なさったと話しておられたので、
たぶん、てばまるさんのお知り合いだったかもしれません。
お二人とも立派なカメラと三脚をお持ちでしたよ!!
Unknown (てばまる)
2009-11-16 20:46:44
こんばんはfu-coさん

ヤマドリゼンマイのピークはほんの数日なのであの週末は一番良かったですね。なかなかあんな綺麗なのは見れませんからラッキーですよ~!

アヤメで会われた夫妻はたぶん知り合いの方だと思います。二人ともニコンの凄いカメラを持ってますから(^^;)
ちなみにその夫妻のブログがあります。
http://marie-1101.blog.so-net.ne.jp/

てばまるさん (fu-co)
2009-11-16 22:51:18
アヤメ平のおご夫妻は、やはり“尾瀬病患者”のお二人だったようですね(笑)
先ほど、ブログを訪問してきました。
さすがですね~
惚れ惚れするような写真の数々、やはり写真への意気込みが違うと感じました。
これからも、こっそり覘き見することになりそうです^^

オフ会では、いつもたくさんの方々が集まって楽しそう!!
てばまるさんのお人柄のたまものですね!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む