たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



カメラハイク in  秩父・丸山 

2009-04-21 | 野の花・山の花

2009年4月19日(日)


13日の富士山麓、その日探し求めていたスミレには会えなかったけれど、植物好きなら誰もが知る写真家のいがりさんにお会いできたのは大収穫でした。
その物腰は穏やかで、ワタシの唐突な質問攻めにも丁寧に答えてくださる姿がとても紳士的で、すっかり舞い上がってしまいました。
自宅に戻り、早速いがりさんのサイトを訪問、直近のワークショップに申し込みました。
運良く空きがあったのでわずか6日後、19日の秩父行きが決定しました。

ひとりでの初参加、少し緊張して集合場所に着くと、すでにいがりさんとほかの参加者の方々も到着しておられ、ワタシが最後でした。
この日の参加者は4人、なんとあのいがりさんの講習をたったの4人で受けることができるのです。ラッキーです、なんと贅沢なことでしょう!!
簡単な注意事項の説明のあと、さっそく、丸山周辺のカメラハイクが始まりました。




タチツボスミレ

いがりさんのフアィンダーを覗いて、同じように撮ったつもり…の最初の一枚!
似ても似つかぬ代物になりました(^^ゞ


エイザンスミレ

とってもキレイな被写体です。
柔らかな優しい色、5人姉妹の全員にピントを合わせるのは私が苦手とするところです。これほど全部にピントが合ったのは初めてかも…(^-^)v


シロバナエンレイソウ

自分で構図を決めてみました(^^ゞ
トウゴクサバノオを一緒に撮りたかったのですがボケ過ぎすぎですね~!



トウゴクサバノオ①

本当にきれいなトウゴクサバノオがわんさか咲いていました。
以前、群馬の山で出会ったものと比べても大きくて見事な花でした。
大きいといっても直径は1cmほど微風でも小刻みに揺れてなかなかうまくいきません。あまりの可愛さにその場を離れがたく、何枚も何枚も…その数は数え切れません。


トウゴクサバノオ②

春の陽を求めて精一杯背伸びしている可憐な姿が印象的でした。


クサボケ

あまり目を向けることのないクサボケ、いがりさんの手にかかると別の花に見えてしまいます。
雑木林と青い空を背景にお手本を真似て撮ってみましたが、なんか、違うなぁ~~


アカネスミレ

とっても高い土手の上に咲いていたアカネスミレ、いがりさんはもっと高い位置に三脚をセットしたのですが、ワタシには届かないのでここが限界でした。
アカネ独特のあの深い色はどうすれば出るのでしょう?


フデリンドウ

フデリンドウをローアングルで狙っていたのを真似して、別の個体で挑戦してみました。




アケボノスミレ

アケボノ美人三姉妹
昨日の滝子山で、あれ程たくさんのアケボノスミレに出会い、「もう、一生分見てしまった!」と思っていたのに、今日はそれを遥かに上回る無数のアケボノスミレでした。
ここのスミレは美しい個体が多く、どこを切り取っても絵になるはず…なのですが、、、う~~ん、難しいです。




ナガバノアケボノスミレ(白花)

交雑種のナガバノアケボノスミレもたくさんありました。

アケボノにより近いものからナガバに近いものまで色も様々、見分けるもの一苦労です。
見分けるポイントのひとつに、アケボノは群生することはないけれど、ナガバノアケボノは一箇所にかたまって生えていることが多いそうです。


イタドリ

最後にイタドリを下から見上げて撮ってみました。

私だったら隣の個体を選ぶだろうな~~と考えながら、お手本を真似てみました。
葉の裏を透かして写す技、私が選んだ個体とはまるで違うものになり、被写体選びの難しさを感じた一コマです。
この写真は私のお気に入りの一枚となり、満足しています(^-^)v

イタドリの選び方?
もっとも、それ以前に、このように道路わきのイタドリにカメラを向けることなど思いつきませんって!!^^;

あれほどたくさん写真を撮ったのに、たいした成長はみられませんが、一朝一夕に身に付くものでもないので少しずつ少しずつと思っています。
あっ、そんなに時間は残されていないのでした!
寿命が尽きるまでということで…(笑)


いつもは、山歩きで見つけたお花を“撮る”というより“写す”といった具合で、ひとつの被写体に時間をかけて向き合うことなどありませんでした。


今も、いがりさんのファインダーを覗いたときの感動が蘇えってきます。
目の前の被写体とファインダーの中の世界、どうすればあのように美しく切り取ることができるのか不思議です。


被写体の選び方、光の取り込み方、構図、これまで一度も写真の勉強などしたことがなかった私には新鮮で強烈でした。

といっても、これからも山歩きが主なので“写す”だけから抜け出ることはないかもしれませんが、たまには花とじっくり向き合いながら撮るのもいいかもしれません。

その前に、ローアングルの三脚買わなきゃですね~!!
















ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯ノ沢峠~滝子山【南大菩薩... | トップ | 三ツ峠登山の後は“キスミレ”... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
縦フレーム (はなねこ)
2009-04-21 19:15:58
fu-coさん こんばんは。
さっそく 貴重なお勉強をされたのですね。
一日中 テンションが上がりっぱなしだったのでしようね。
写真の腕も、ますます磨きがかかって・・・
楽しみです。

今回掲載されたのが、すべて縦フレームなのは
何か意図があったのですか?
素人の質問でごめんなさい。
Unknown (yatoyama)
2009-04-21 20:05:42
fu-coさん、こんにちは。

いがりまさしさんの講習会でしたか!
う~ん、それは良かったですね。
スミレといわず、ずいぶん前からお気に入りの写真家です。
yatoyamaのめざす写真は、イタドリの雰囲気に近いです。
でもなかなか、撮らさせては頂けませんが。

ほかの花の写真先生ですが、講習を目の前で見たことがありますよ。
ミニ三脚にセットされたカメラファインダーを覗くのですが、そこに写真があったというほど勉強になりました。

はなねこさん (fu-co)
2009-04-21 20:32:58
はなねこさん、こんばんは!

いがりさんはとっても気さくな方で、最初の緊張はすぐにほぐれましたよ!

>今回掲載されたのが、すべて縦フレームなのは何か意図があったのですか?
雑木林の雰囲気、奥行きを出すためだと思いますが、お手本が縦だったので真似をしただけです(^^ゞ
そういえば、プロカメラマンのみかんさんの写真もほとんどが縦ですよね~
きっと、なにか秘密が隠されているに違いありません(笑)


yatoyamaさん (fu-co)
2009-04-21 20:42:15
yatoyamaさん、こんばんは!

yatoyamaさんは講習を受けたことがあるのですね~
今回、ひょんなことからこのような展開になりましたが、講習を受けて損はないですね~
私は全く初めてすが、とても勉強になりました。

イタドリは最後の最後で、時間も迫っており急いで撮影したのですが、これが一番のお気に入りです(笑)
Unknown (yatoyama)
2009-04-21 21:01:24
fu-coさん、小林義明写真家をご存知でしょうか?

以前、町田市横浜市中間のこどもの国、ここでキャノンの撮影会が開かれ、講師は多数のところに参加しました。

私自身は、小林義明写真家から直に講習を受けた訳ではありませんが、垣間見ることができたのです。
そんな訳で、fu-coさんの感激が伝わってきますよ。

いがりさんのHPで同講習会を探りました。
fu-koさんは富士山周辺が会場ですか?
近場では、もう無いですね!

尾瀬では花畑日尚先生の講習を昨年まで3回受けていますよ!
yatoyamaさん (fu-co)
2009-04-21 22:45:46
yatoyamaさん、再度のコメント恐れ入ります。

>小林義明写真家をご存知でしょうか?
お名前は聞いたことがありますが、詳しくは知りません。今度写真を見てみたいですね~

今の私にとって大きな位置を占めている写真家は、みかんさん(永田芳雄さん)といがりさんです。

>fu-koさんは富士山周辺が会場ですか?
いえ、秩父でした。富士山麓で偶然お会いして、それがきっかけとなって参加を希望したという訳です(^^ゞ

いがりさんのワークショップ、次回は新潟のようです。新潟のスミレも魅力的ですね!
yatoyamaは勉強熱心ですね!
Unknown (さな・花の庵)
2009-04-22 20:04:08
こんばんは。

いがりさんの講習、良かったようですね。

一番近くが伊吹なのですよ。
それでも車で4時間ほどかかりますから、私には無理です。

いがりさんの第3回植物写真コンテストに始めて応募して、驚くことに入選してしまい、地球がひっくり返りそうでした(爆笑)
そんなわけで親しみを感じている方です。

写真のことは、私にはあまり知識がないのですが、fu-coさんは素敵なお写真を撮られていますよ。
さなえさん (fu-co)
2009-04-22 22:12:22
さなえさん、こんばんは♪

>いがりさんの第3回植物写真コンテストに始めて応募して、驚くことに入選してしまい
そうでしたか~~
わかる気がします!やはり生け花も写真も通じるものがあるのでしょうね~
名前は忘れましたが、イギリスの有名なガーデナーの方がにイングリッシュガーデンに日本の生け花を参考にしているという話を聞いたことがあります。
ジャンルはそれぞれ違っても、さなえさんには芸術的センスが備わっているのだと思います。
>fu-coさんは素敵なお写真を撮られていますよ。
お世辞でもうれしかです!!(^^ゞ
撮影会? (kagerou)
2009-04-23 03:24:29
こんばんは。
モデルさんは草花ですね。
お若い、いがりさんは素敵な方でしょう。

「しのぶ会」でお会いしましたが・・・。
TVでも拝見していたので。

「いがりさんのワークショップ」に参加する機会は中々ありませんし、参加できて良かったですね。
「イタドリ」素敵ですね。

今度、「イタドリ」をじっくり眺めてみます。
kagerouさん (fu-co)
2009-04-23 19:54:57
かげろうさん、こんばんは!

>お若い、いがりさんは素敵な方でしょう。
え~え~、そりゃ~~もう(=^▽^=)

「しのぶ会」でも、ご一緒になられたのですね~
山口は遠いけど、できれば私も出席したかったですぅ!

いがりさんのWSは、全国各地で開催されているようなのでイズモコバイモなども、きっと企画されるのではないでしょうか?

私はいつもは短時間で写すだけなので、今回はとても勉強になりました。
だからといって、なかなか良い写真が撮れるという訳ではないですけど…(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む