たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



奥多摩のスミレ  2008年4月20日(日)

2008-04-24 | 野の花・山の花

この日は別の予定が入っていたのですが、諸事情により翌日へと延期となりました。
このまま家にいてはもったいないと奥多摩の、とある場所にスミレを求めての山歩きと相成りました。

人がほとんど入らない尾根道、独り歩きなのに熊鈴を忘れてきたことが気がかりでしたが、登りはじめてすぐの場所でお目当てのマキノスミレとご対面!!




細くピンと立った葉、マキノスミレに違いありません



本当に葉がピンとしてますね!!




周りにはフモトスミレも咲いていて一気にボルテージ上昇

フモトスミレ




しかし、なにより驚いたのがこのスミレ

マキノスミレとフモトスミレの自然交配でうまれたミドリミツモリスミレです。



お顔のアップです。側弁に毛が見えます!



一瞬何だろう?と考えましたがすぐにピンときました、周りにはマキノ、フモトがたくさんあります。交雑種が生まれても不自然ではないからです。




よく見ると、これまでマキノスミレと思っていたものの中にミドリミツモリスミレが混じっていたようです。

この画像ではわかりづらいのですが、側弁にわずかながら毛が見えます。
そして葉も幅広です。

いきなり、こんな珍しいスミレに会えて心臓が止まりそうでした。熊鈴のことも忘れて写真撮りまくりです!!





 尾根道を登り進めていくと今度は色の濃いフモトスミレがあたり一面咲いていました。↓

本当はフイリフモトスミレを期待したのですが、こんなにキレイな色のフモトスミレに出会え、斑入りのことは吹っ飛んでしまいました



後ろ姿もまた可愛いですね~



尾根道沿いには次々とフモトスミレの群落が登場するので、何度も何度も足が止まっていまします。



その後、ナガバノスミレサイシン、アケボノスミレ、ヒナスミレなどを楽しみながら山頂へと急ぎました。



アケボノスミレ


ナガバノスミレサイシン(白花)


ポツポツ降り始めた雨が本降りになり、山頂の東屋で一休み、小降りになったところで出発です。

下りは登りとは別の道を選びました。


山肌に彩りを添えるミツバツツジの鮮やかな紅紫、美しさに目を奪われている時、斜面に珍しいスミレ発見!!

アケボノスミレとナガバノスミレサイシンの交雑種、ナガバノアケボノスミレです。


びっくりするほどの群落でした。


実際にはもう少し赤みが強かったのですが、色の調整がうまくいきません!!


アケボノスミレとナガバノスミレサイシンの中間的な色合ですが、ここのはどちらかといえばナガバノ…の血が濃いらしく、やや淡い色でした。


少し離れた場所に、アケボノスミレにより近いピンクのものもありました。

昨年、扇山で見つけたナガバノアケボノスミレはこれよりもっと赤味が強かったように思います。(扇山はいがりさんの「日本のすみれ」でも紹介されています)

 

 


白いエイザンスミレ、もしかしてシロバナエゾスミレかな??、ヒ
ゴスミレに似たお顔です!




これもエイザン?ヒトツバエゾスミレっぽく見えません??ありえませんが^^;

いろいろ変化が多くて名前がわかりづらいです


今回は思いがけず、珍しいスミレに出会いうことができ、嬉しくて嬉しくて…
奥多摩の奥深さを知り、奥多摩が近くで本当によかったと、改めて感じさせられました。

どんな季節でも行けば必ず新しい発見があるものですね~

奥多摩の中でも低山のこの山は、子どもが小さかった20年ぐらい前に登ったっきりでした。
素晴らしい出会いに感謝しながら帰りの電車に乗りました。

奥多摩、ありがとう!!









 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キスミレ(黄菫) 【富士宮... | トップ | アワガタケスミレ(粟ケ岳菫)... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な出会い (Hg)
2008-04-24 23:16:03
こんばんわ~。
拝見しました(^_^)
今回のスミレ行脚?も素敵な出会いがありましたね。
それにしても沢山のスミレに出会ったのですねぇ。

春先に咲くスミレはそれほど迷うことないのですが。
これから咲くスミレは交雑etc、悩ましい種が多くなりますね^^;

ところで今日は夏葉のエイザンをもう見ましたよ。

Hgさん (たんべぇ)
2008-04-25 20:54:35
Hgさん、こんばんは!
今回の出会いはHgさんのお陰です。本当にありがとうございました

エイザンの夏葉ですか?
エイザンスミレは変種が多く、識別に悩まされるのにその上、夏には葉が変わるのですか?知りませんでした
またまた、勉強不足ですみませんです!!

明日から例の場所に行く予定ですが、雨の予報が…トホホ
出逢い (りん)
2008-04-25 21:37:56
良かったですね!たんべぇさんが夢中になって写真を写してるお顔が浮かんでくるようです。
私はスミレの名前だけでも頭の中がいっぱい・・・とてもスミレ本体と結びつきそうにありません・・・。
奥が深いですね。だからこそ、出逢えた時の喜びも大きいのでしょうね。
奥多摩いいですね・・・私ももっと近かったらと思います・・・。
すごっ(*_*)! (NISHIN)
2008-04-30 23:02:54
こんばんは

たんべえさん、すごーおい
本当にスミレが好きなんですね
私が見ると同じに見える


ひとりで出かけられるなんて‥‥
またまた、すごいな。

私は旦那さまと信州に桜を見に行きました
桜に温泉に滝にお蕎麦に‥
満喫してきました

りんさん (たんべぇ)
2008-05-01 10:50:36
りんさんのお宅から奥多摩は決して近くないのに、私なんかより、りんさんの方が入山回数は多いかもしれませんね!!
住んでいる場所が逆転していたら今頃、りんさんは奥多摩の主となっていたかも…(笑
それにしても、奥多摩は季節を問わず登ることができて満足できる山域ですよね!
といっても、私はまだまだ踏み込んでいない場所がたくさんあります。
これからも楽しみは尽きません(^-^)v
NISHINさん (たんべぇ)
2008-05-01 11:03:28
おやおや、旦那様と仲がよろしいことで何よりです
信州の桜といえば、高遠桜ですか?

私はダンナではなく、姉たちと三人で福島の「三春の滝桜」を見物してきました!
4月21日でしたが、ちょうど満開で、素晴らしい一本桜に感激でした。

その前に、山梨県の神代桜、わに塚の桜の近くまで行っていながら見逃していたので、思いがけず見ることができた三春の滝桜は格別でした。

桜もスミレも大忙しの4月でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む