たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



箱根路を歩く 2015/04/27

2015-05-12 | 野の花・山の花

 


昨年、初めて“箱根のハコネシロカネソウ”を見つけで嬉しかったのですが、5月も下旬だったためか

数も少なく残り花の雰囲気は否めませんでした。

今回の箱根訪問はスミレの開花に合わせて訪れたので、ハコネシロカネソウにはまだ早すぎるかもしれません。

しかし、このところ季節の歩みが早いので、もしかしたら咲いているかもしれません。

一輪でも咲いていたら儲けもの、ぐらいのつもりで足を運んでみました。

ところが、咲いてましたよ~~全部で10輪ほど、咲き始めの新鮮な花を見ることができました。


【ハコネシロカネソウ】
 

 

地味な花ですが、気品を漂わせていますね~

シロカネソウの仲間はどれも素敵です。




箱根といえば、箱根の乙女峠で発見されたことで名付けられたオトメスミレが有名ですね。



【オトメスミレ】


このオトメスミレですが、これまで状態の良いものとの出会いが少なかったのですが、

箱根は数が半端じゃありません^^さすが本場です。

登山道沿いを延々と飾る白いスミレに出会え、この日は興奮しきりでした。



場所が少し変わると、距の色が白色に変わります。

オトメスミレの特徴は距に色が残ったものを呼ぶそうなのですが、ほとんど白もあります。

これはシロバナでいいのかな…

 

【シロバナタチツボスミレ】

 

距も白です。この一帯はほとんどがこのタイプでした。





お次はフモトスミレ?です。毎回同じことばかり言ってますが、フモトスミレの変化の多さに頭を悩ますところです。

ここで見かけたフモトさんは全体的でおおぶりでちょっと違う様相を呈していました。

もしかして、ヒメミヤマスミレさんですか??お聞きしたくなりました^^;;




相変わらず希望をこめて^^;



と、こんな感じで撮って、葉の裏は写っているものは一枚もありませんでした!残念。。。

そんなに悩むなら、キッチリ葉の裏も撮影しておけ!(← 自分へ)




で、お次は多分間違いないかと…^^

シコクスミレとナガバノスミレサイシンとの交雑種であります!

【ナガバノシコクスミレ】

ほんのりナガバノスミレサイシンの色が残ってますね~



そして、こちらがシコクスミレです。

【シコクスミレ】


シコクスミレもかなり多く咲いていました。

 【エイザンスミレ】
 

 

【トウカイスミレ】 
 



期待したトウカイスミレは、株は多くあるものの花は数えるほどしか見られませんでした。

たぶん、今年は不作の年なのかもしれませんね!

小さな小さなトウカイスミレですから見落としも多々あると思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳴神山 2015/04/21 | トップ | スルガキクバスミレとフイリ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む