たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



城山~大塚山 【奥多摩】 2009年4月5日(日)

2009-04-08 | 奥多摩とその周辺の山

*
*
*

先週に続き、イワウチワを求めて奥多摩に出かけました。
名前のとおり、イワウチワは岩場や崩れそうな崖を好むので、通常のルートを歩いていたのでは、なかなか出会う機会に恵まれません。
昨年の春、地図にない登山道で初めて奥多摩のイワウチワを見ることができたのも数年越しの願いがようやく叶ったものでした。

今回は、鳩ノ巣城山から御岳山を経由し大塚山からの下山を考えました。
前回間違えた道を確認するのも大きな目的のひとつです。



山行日】2009年4月5日(日)

【メンバー】夫、fu-co

【コース】鳩ノ巣駅08:30-----鉄塔09:20/30-----城山09:55-----小楢峠10:15----大楢峠10:30/45-----富士宮園地12:00/15-----大塚山12:25-----古里駅15:05

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


鳩ノ巣駅から城山への入り口を探します。
登山口と書かれた場所で暫し考えこんでしましました。そこは、いきなりの崖で「ここを攀じ登るの…??」といった雰囲気、いくらなんでもちょっと変、近くにおられた方にお聞きしたら「面倒くさそうに、あっち」と別の場所を教えてくだいました。
きっと、いつも尋ねられてうんざりしているのでしょうね~~(笑)

あっちと指差された場所は…え~っと、多分ここだろうと踏み跡をたどって行くと確かに尾根に合流しました。もう安心です。

登山道には今が盛りのヒナスミレがいっぱい!!
「わぁ~きれい!!」「わぁ~~かわいい!!」の連発、これだけたくさんのヒナスミレは滅多にお目にかかれるものではありません。
群落というよりそこらじゅうに散らばって咲いています。ヒナ好きのワタシはすっかり興奮して写真撮りまくりです(笑)





頑張って撮った割りには出来はイマイチ、でもこの目にしっかり焼き付けてきました


珍しく地形図などを持ち、現在地を確認しながら進みます。夫には高度計付き時計という新アイテムも加わったのでワタシも地図の読み方を少しずつ勉強できたらと思うております(^^ゞ
とはいえ、ここはしっかりした一本道なのでほとんど迷うことはありませんでしけど。。。

今回、城山を目指したのには訳があります。
実は、先週、城山にもイワウチワの群落があることを知り、その中には白いイワウチワがあると書かれていたので、どうしても見てみたくなったのです。

やっと見つけた城山のイワウチワはすでに終盤でしたが、白花は健在でした。

白いイワウチワもなかなかキレイです。90mmマクロで撮ってみました。


ここのイワウチワは群落というほどではなかったので、もしかしたら別の場所なのかもしれません。城山に行けば何とかなるだろうと闇雲に突っ走ってきたのです。
いずれにしろ白いイワウチワは見ることができたし、めでたしめでたしです(^-^)v



樹木の中の城山山頂




城山からは少し下ります。



そして、小楢峠


登山道はコナラの大木をまたぎます。


大楢峠


こちらはコナラの巨木です。
古木を保護するため、根元に近づかないよう石でサークルが作られていました。

大楢峠は林道と合流、ここで休憩します。

御岳山までコースタイム1時間40分のなだらかな道を歩きます。


左手に川乗山、その手前のこんもりとした山が先ほど越えてきた城山です。


小首をかしげたナガバノスミレサイシン

ナガバノスミレサイシン

薄紫色のナガバノスミレサイシンを多く見かけました。


カタクリ

大楢峠から御岳まで登山道沿いのカタクリは丁度見ごろでした。

 


ウグイスカグラ

山中で自生のウグイスカグラに出会うのは初めてです。


エイザンスミレ

ヒナと同じくらいエイザンも大好きなスミレです。
この日出会ったエイザンスミレはサーモンがかったキレイなピンク色でしたが、日差しが強すぎて本来の色が出せず残念です。



12:25


ここからは一目散にイワウチワ目指して下ります。


そして、先週は来ることができなかった上部の群生地に到着です。

群落の大きさは下部ほどではないものの、今がまさに旬といわんばかりのイワイチワが登山道の脇にまではみ出して咲いていました。
保護の柵が出来て、主に後ろ姿しか撮れなかった先週とちがい、こちらはすぐそばで正面のお顔を覗き込むことが可能です。



やっぱり、何度見てもうっとりです





何時間でもここで眺めていたいほど美しいイワウチワでした。




下山の途中で見かけた、これまた美しいヒナスミレ

杉林の中でひっそりと咲くヒナスミレはハッとするほど美しく、まるで妖精のようでした。これほど濃い色のヒナに会ったのは初めてかも…
本当に容姿端麗な最高の雛ちゃんでした。


下の群落でも、先週は花を付けてなかった登山道そばが見ごろになっており、充分に楽しむことができました。



さすがに、先週盛りだった最下部の群落はこのように花びらが落ちかかっていました。

 

 また、来年もよろしくです!!




ヒカゲツツジ
 
ヒカゲツツジも随分咲き揃ってきましたね!


バットレスを登るクライマー“すごい!!”





この日は“イワウチワ”と“ヒナスミレ”の特売日でした(^^ゞ
最後のヒナは白です。
唇弁に少しばかりスジが残っていますが、ほとんど白のヒナスミレ、これも初めてでした。


民家の庭先に葉が小さくかわいいコスミレが咲いていたので失礼して撮らせていただきました。

コスミレ

背が低く葉も小さいコスミレは、昨年もこの周辺で見かけました。


ヒメスミレ

使われなくなった電柱が横たわるその下に、隠れるように咲くちっちゃいヒメスミレでした。


イワウチワと、思いがけずたくさんのスミレに出会うことができ、とてもラッキーな山旅でした。
大楢峠からの巻き道はすれ違う人も少なく静かなものでした。


歩いたことのない奥多摩の登山道は数知れず、今度はどこを歩こうかな… 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高尾の花 2009年4月3日(金) | トップ | ノジスミレ《野路菫》  200... »

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はなねこ)
2009-04-08 19:59:46
fu-coさん すごいすごい!!
行動力ありますね~。
城山のイワウチワ、何とか連絡方法があれば
と思ってはいたのですが・・・

ヒナスミレもいいなぁ~
羨ましい!!!
大楢峠からのほとんど平坦な散歩道で
一昨年、ナガバノヒナスミレと呼びたい個体を見たので、
その確認もしたかったのですが
また来年になりそうです。
来年は、城山のバリルート 行きますよ 
イワウチワ (yatoyama)
2009-04-08 22:32:01
yatoyamaです、初めまして。
花の庵さんから飛んできました。

奥多摩はおっしゃるとおり、sizuku様の案内で、総勢12名でした。
一度案内されたら、同じ道だったら一人でも行けるように地図に印を付けながら歩きました。
今週末は案内人は変わりますが、やはり尾瀬の仲間で、スミレツアーと題し、今年は小下沢のキャンプ場跡地往復です。年配の先輩方大勢です。
私自身は今回、初参加、昨年はマイカーで裏高尾を徘徊しましたため、ご一緒は遠慮した次第です。

fu-coさんは、尾瀬は歩かないのでしょうか?

追伸
我がHPには掲示版はありませんので、あしからず。
kanagawa_yatoyama@yahoo.co.jpのみです。
あ!メールちょうだいなんて、言っている訳ではありませんが、念のため。
でも、90ミリマクロを使うfu-coさんには興味がありますよ(失礼)
はなねこさん (fu-co)
2009-04-08 22:36:45
はなねこさん、こんばんは♪
さっそく逆コースで行ってきましたよ~~
勇気をもってバリルートに挑むことができたのも、はなねこさんのお陰です。
白いイワウチワも見ることができたし、あの登山道に大好きなヒナスミレが多いことも大発見でした。
>ナガバノヒナスミレと呼びたい個体を見たので、
エ~~ッ、そんな可愛いスミレがいましたか~?
交雑といえば、昨年偶然にミドリミツモリは会うことができましたが、今年はオクタマスミレに会ってみたいです!
お互い情報交換ができたらいいですね(^_^)/~
yatoyamaさん (fu-co)
2009-04-08 22:58:49
yatoyamaさん、こんばんは。
やはりそうでしたか?
ということは、次回はてばまるさん主催の高尾スミレツアーなのですね~
てばまるさんとは、昨年キスミレを求めて富士の裾野を歩いていた時、偶然にお会いしたことがあるのですよ!

>fu-coさんは、尾瀬は歩かないのでしょうか?
もちろん、尾瀬は大好きです!!
福岡に住んでいた私は30ウン年前の若かりし頃、尾瀬に憧れて一人で入山したのが最初です。
その時、山の鼻で写真家の布施正直さんとお会いでき、ベンチに座って植物写真のお話を聞かせて頂きました。写真はさっぱりダメですが、植物好きになった原点といえる場所が尾瀬かもしれません。
尾瀬はいつ訪れてもステキです!今年も行きたいですね~~
スミレツアー、おみやげを楽しみにしています!!
Unknown (さなえ(花の庵))
2009-04-09 07:27:53
おはようございます。

花好きさんがどこかで繋がっていく、不思議な縁を感じています。

私は体力が無いのと、8年ほど前に股関節亜脱臼をわずらい、長い間足の負傷に泣いてどこにも出れませんでした。

ようやく良い治療に恵まれ野山散策を始めたのが8年ほど前です。

京都北部の海あり山ありの自然豊かな、野草の宝庫ともいえる場所の近くに住み、そこをさなフィールドとしています。
かなり広いフィールドです。

そんなわけで、一眼は手元にあるのですが、重くて私には向かず、コンパクトデジカメをリュックに入れて、それで撮っています。

重いカメラや交換レンズまでお供は大変ですが、その体力をうらやましくもあります。

事後承諾で申し訳ないのですが、メインサイト花の庵「ブログ関連ー1」のほうにリンクさせていただきました。

お差支えがありましたら、遠慮なくおっしゃってくださいませ。
Unknown (やまそだち)
2009-04-09 19:14:00
イワウチワは大好きな花です。
幸いこちらでは近くのあちこちの山で群落が見られるので、今年は4回も見に行ってしまいました。
北斜面の岩場なので、人もあまり入らないのでゆっくり見られます。

私のBlogにリンクさせて頂いてよろしいですか?
参加すれば! (yatoyama)
2009-04-09 19:48:27
fu-coさん、こんばんわ。

sizukuさん、てばまるさんともお知り合いのご様子。
しかも尾瀬にも行っているのですね(ワーイ!)

せっかくですから、ご一緒したらよろしいのでは?
参加者には、NHKの尾瀬フォトコンテストに例年入賞している女流写真家もいますヨ。
さなえさん (fu-co)
2009-04-09 21:40:29
さなえさん、こんばんは♪

さなえさんは京都にお住まいだったのですね
北部といえば日本海ですよね~
日本海側の植物は長い冬を耐える力強さがあり、その分、美しさも一入です。
さなえさんフィールドにはハグロシハイスミレなど珍しい植物も多いようですね、羨ましいです。

こうやって、花の輪が広がり、いろいろな地域の方ともお知り合いになれて楽しいですね♪

リンクしていただけて光栄です(^-^)ありがとうございます。
やまそだちさん (fu-co)
2009-04-09 21:54:00
やまそだちさん、こんばんは!

イワウチワ、分布域はけっこう広いようですね?やまそだちさんがお住まいの地域にも多いのですか?たしか○城県でしたよね?
私も、この花ももつ優しい雰囲気に惹かれて、つい何度でも足を運びたくなる一人です。
そちらのイワウチワにも会ってみたいですね~

このようなつたないブログですがリンクしていただけるなんて嬉しい限りです。喜んでOKです(^-^)v
城山のイワウチワ (Hg)
2009-04-09 21:58:39
こんばんわ~。
城山はイワウチワ狙いでしたか。
でもヒナスミレ綺麗ですね。

城山のイワウチワ群落、今回fu-coさんたちは通っていないようで^^;
実は途中から派生する尾根筋にあります。
金比羅山より少し規模は小さいですが、そこそこの群落です。
白いイワウチワ(といっても本当のまっしろではないですが)なら奥の院でもけっこう見られますよ。
因み、イワウチワか高度に対する適応力が高いのか、奥多摩周辺では岩場のあるところなら割と広く見られます。
最も遅い飛竜山頂周辺では6月でもまだ花が見られます。ほとんど白(っぽいもの)ばかりです^^;
yatoyamaさん (fu-co)
2009-04-09 22:01:09
yatoyamaさん、こんばんは!

>sizukuさん、てばまるさんともお知り合いのご様子。
いえいえ、こちらが一方的に存じ上げているだけですぅ~~(^^ゞ

お誘いくださって有難うございます。

あいにく、土曜日は別の山に行く予定なので今回は皆様のおみやげを楽しみにしています♪
たくさんのスミレに会えそうですね~~^^

了解しました (yatoyama)
2009-04-09 22:13:58
fu-coさん、無理なお誘いいたしました。
なかなかお忙しいものですね。

お土産写真ですが、団体行動で撮れた試しがありません。
ほとんど、人物スナップで関係者以外には出せないです。

fu-coさんの別の山の写真に期待いたします。

では、また。
Hgさん (fu-co)
2009-04-09 22:15:40
Hgさん、こんばんは!

>金比羅山より少し規模は小さいですが、そこそこの群落です。
やはり、違っていたようですね!!
というか、あの道をもっと進めばよかったのかもしれませんが、何分、身の危険を感じたので諦めました(^^;;
城山のヒナは本当に驚くほどの数でしたよ!!
春の奥多摩はスミレスミレで嬉しいです♪

>飛竜山頂周辺では6月でもまだ花が見られます。
わぁ~~その頃あの付近では、小さいピンクのあの花も見られそうですね!?あらら、、ヨダレが…(笑


yatoyamaさん (fu-co)
2009-04-09 22:19:37
土曜日はお天気、良さそうですね!
どうぞ、楽しんできてくださいね(^_^)/~
城山の・・・ (はなねこ)
2009-04-10 09:07:49
そうそう、私はHgさんのおっしゃった
派生する尾根筋のイワウチワを見たと思います。
身の危険を感じた、その道かもしれませんね。
fu-coさんが行かれた日なら、見頃だったはずです。
来年ご一緒しますか?
それとも自力で再チャレンジされますか?
それもまた楽しいですよね。

それから、杉〇新道のこと、ありがとうございます。
途中の分岐は、どちらへ行かれましたか?
情報をいただくばかりでゴメンナサイ。
はなねこさん (fu-co)
2009-04-10 18:24:00
派生する尾根道といえば、左右一本ずつしか見当たらなかったので、たぶんあのまま進めばよかったかと思います。
ちょっぴり残念ですが、白いイワウチワみ見ることができたので満足でしてますよ~

>来年ご一緒しますか?
城山に限らず、どこかのお山にご一緒できたらいいですね~^^

杉○新道ですが、2002年版の昭文社の地図には一本しか載ってないのですが、先ほど2008年版を確認したら、アラびっくり!途中で分かれているのですね~私が過去3回辿った道は真っ直ぐ(左)です。分岐に気づかず歩いていました(^^;
はなねこさんの成功を祈ります!!(^_^)/~
お手数かけまして・・・ (はなねこ)
2009-04-10 20:59:18
fu-coさん
地図の確認までしていただき、ありがとうございます。
この土日と思っていましたが
なにやら暗雲がたちこめてきまして・・・
いいご報告ができるよう頑張ります。
派生する尾根道 (Hg)
2009-04-10 22:32:00
あらためてこんばんわです。

派生する尾根道は多分お二人が思っているのとは違います。
危険な個所はほとんどありません。
群生地も金比羅山よりは傾斜は緩やかで、怖さも少ないです。

ただ、リアルタイムにはコースは載せられませんが^^;

>小さいピンクのあの花も見られそうですね
イワウチワやあの花(コイワのことですね)だけでなく、(ヒメ)イワカガミ、キバナノコマノツメも(シャクナゲも)一緒に見られます。
ただ全部となるとロングコース覚悟?の早出が必要になるかもしれませんが^^;
(拙Data-page2007/06に載せてあります)
Hgさん (fu-co)
2009-04-11 17:07:18
Hgさん、こんにちは♪

>派生する尾根道は多分お二人が思っているのとは違います。
え、えぇ~~ホントですか?
やっぱり、奥多摩は奥が深いですね~
もし、よろしければ左の自己紹介欄にアドレス載せましたので気が向かれたら教えてくださいませ(^^ゞ

HP拝見しました~~
飛竜はなかなかお花が豊富な山なのですね~
数年前に後山林道終点から日帰りしたことがありますが、5月初めだったので時期が早すぎだったようです。
6月初めがお花見シーズンのようですね?後山林道が通れるなら、今年は頑張ってみよっかな^できるかな??^^;;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事