たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



高尾山周辺の花  2014.05.29

2014-06-02 | 野の花・山の花

 

希少なベニバナヤマシャクヤクが高尾山周辺のどこかに自生していることは知っていたけれど、
場所の特定ができないまま数年が過ぎました。

見頃は僅か三日間とのこと、仮に場所がわかってもタイミングが合わなければ愛でることは難しい貴重な花なので
開花情報を待っていたら見逃してしまうことでしょう!

今回は、運良く咲きたての美しい花に出会うことができました。


【ベニバナヤマシャクヤク】

 ベニバナヤマシャクヤクは、雌しべの先端がクルンと強く巻き込むのが特徴とのことです。 



咲いていたのは一輪だけ、長年憧れていたスーパースターを前にドキドキでした!!

 

【ワニグチソウ】 

4月に出会ったのは蕾の状態、それでも十分だと思ったけれど、
やっぱり会いたかった!!嬉しかったですぅ




【エビネ】


エビネは少し盛りを過ぎた感がありますが、まだまだ綺麗です。
こんな見事な株がまだ残っていたことに感激です。





【サイハイラン】




【セッコク】

梅の木に着床したセッコク、自然のものではなさそうだけれど綺麗でした!




【ハナニガナ】



【フタリシズカ】

 

 【クサイチゴ】



【オカタツナミソウ】






【ハナイカダ】




【オウギカズラ】

 




今回はなかなか出会うことができないベニバナヤマシャクヤクなど貴重な花を見ることができた

意義深い観察会でした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三ツ峠山 【山梨県】  201... | トップ | 奥多摩の草原でスミレ探し ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む