たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



牧野記念庭園と石神井公園 2014.02.20

2014-02-23 | その他いろいろ

オナガガモ


2月20日

冬の観察会で練馬区の牧野記念庭園と石神井公園を訪れました。
先週の大雪が残る園内はいまだ白い布団をかぶったままの冬のたたずまいでししたが、芽吹きの春もすぐそこまで…
美しいサイフリボクの赤い芽鱗からふわふわの綿毛が飛び出していました。


春の訪れが待ち遠しいですね!


~牧野富太郎像~


~ザイフリボク~




~ユキワリイチゲ~






場所を移動して石神井公園

ここでは、水辺の鳥たちに迎えられ何種もの鳥を間近に観察することができました。
先生はもとより同行させていただいたや皆さんの植物の詳しさに圧倒されていた私ですが、
鳥についても同様、「あそこにゴイサギが、あっちはキンクロハジロ」と、
遠くにいる鳥たちを次々に見つける神業に驚かされっぱなしでした。

カワセミ以外はほとんど初対面の私でしたが、
それぞれの特徴を教えていただき、僅かながら見分けられるようになりました。



~キンクロハジロ~ 
金色の眼と寝癖のような後髪(冠羽)カンウが特徴



~キンクロハジロ~
冠羽が短いので両方とも雌なのかなぁ…??





~バン~
 赤と黄色のコントラストが美しいクチバシをもつ


~バン~ 
陸に上がると不気味な緑色の脚が目立ちます。水かきがありませんね、走り方もユニークでした!




~オオバン~ 
 遠くてよく確認できませんでしたが、顔の中央の白いラインが目印のようです。
右側を泳いでいるのはカルガモかな…?


~カワセミ ♀~  
カワセミの♂はくちばし全体が黒いけど♀は下半分が赤い口紅を付けているのだそうです。
このカワセミちゃんは口紅を引いているので女の子のようです。

 


~カワセミ~





~ハシビロガモのカップル~
大きなヘラのような広いクチバシで“ハシビロ” うんうん何だか分かりやすいかも…





~ハシビロガモ ~
玉虫色に光る頭も綺麗です。




~カルガモ~
クチバシ先端の黄色が目印





~ゴイザギ~
遠目だったので、ゴイサギの特徴はつかむことが出来ませんでした。


~ホシゴイ~
 ゴイサギの幼鳥には星のような点々があるのでホシゴイと呼ぶのだそうです。

 


~コサギ~

 


~マガモ~
しっぽの上の二個カールが可愛い





~カイツブリ~ 
潜水が得意で上がった時はとんでもない場所に浮上、シャッターシャンスが難しいです。




~オナガガモ~ 
名前どおり長い尾っぽ

 


~アオサギ~




~紅梅(紅千鳥)~




~ネコヤナギ~




~ネコヤナギ~





~アキニレ~




私たちにずっと付いてきた可愛い猫ちゃん



鳥は難しいけど本気出せば少しは覚えられるかな…
水辺の鳥たちは比較的大きめで初心者の観察に最適らしいけど、
その特徴を見分けられるようになるには時間がかかりそうです。


※間違いに気づかれた方はお知らせくださると嬉しいです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤岳登頂 【八ヶ岳】 2013.... | トップ | 早春の花を求めて【栃木、星... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳥も難しい (てばまる)
2014-03-10 11:38:18
野草もスミレ(雑種)も見分けが難しいけど野鳥も難しいですね。夏と冬では羽色がまったく違うのもいますし。声と一致させるのも難しいです。
それでも、ちょっとづつ図鑑と睨めっこしているうちにいつのまにか覚えますから野草と同じですね。要は興味を持つことですね。

3月末あたりからスミレが咲きだすと忙しくなりますね。
てばまるさん (fu-co)
2014-03-11 13:54:11
なるほど…興味を持てばいつの間にか覚えますか?
先日、野鳥観察用に双眼鏡を購入しました。
これも、大一歩ですよね^^;

野鳥のことも色々教えてくださいね!!



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事