たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



尾瀬 2010年10月6日~7日 <一日目>

2010-10-23 | 新潟、北陸、尾瀬とその周辺の山

 

 

 

【山行日】2010年10月6日~7日(水木)

 

【コース】
10/6 沼山峠休憩所 → 尾瀬沼ヒュッテ(テント泊)

10/7尾瀬沼ヒュッテ → 下田代十字路 → 温泉小屋 → 平滑の滝 → 三条の滝 → 田代天神 → 横田代 →御池 

 

 

<10/6>

何度となく訪れている尾瀬ですが、会津からの入山は初めのことです。

沼山峠までわずか20分の登りで、尾瀬沼までは下るだけというらくちんコースですが、群馬県側に比べると登山口までのアプローチが長くてそう簡単に訪れることはできません。

関越自動車道の小出ICを降り、スーパーで食料を調達、奥只見湖や平ヶ岳の登山口鷹ノ巣)を経て、ここ御池までやってきました。
高度が上がるにつれ色付く樹々の色合いに、気分も高揚^^;

駐車場周辺の色づきも見事です!

 20分間隔で運行される沼山峠休憩所行きのバスは出たばかりだったので、次の便を待ってのんびり待機、平日のこの日は紅葉シーズンにもかかわらず、ゆったり座ることができました。

沼山峠まではわずかな登りだけで簡単に尾瀬沼に到着することができるので、今宵のお楽しみ“きりたんぽ鍋”の材料も少々重くても平気です。



こんなに簡単に尾瀬沼に到着できるとは…そしてこんなに綺麗な紅葉を目にすることができるとは…
ありがたやありがたや!!

 

 

あらかじめ予約しておいた尾瀬沼ヒュッテでテントの受付をして、テン場へと向います。

 

 

 ヒュッテが管理するテント場は、木製のデッキが設置されているので、地面の凹凸がなく快適ですね。

 この日のメニューは野菜とキノコたっぷりの“きりたんぽ鍋”

テントの設営が終わった途端、雨が降り出しました。ラッキー!!

中に入ってさっそく鍋の準備にとりかかります。

 

テント場は全部で3張りとのこと、とりあえず周辺にテントは見えないので周りを気することなくおしゃべりができます。

遅い時間まで飲んで喋って笑って、楽しい一夜を過ごしたことは言うまでもありません。

     

※ 2010/10/23に投稿したことになっていますが、実は2011/01/06にアップしました。。

二日目に続く 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涸沢【北アルプス】 2010年1... | トップ | 尾瀬 2010年年10月6日~7日... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む