たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



飯縄山【長野県】2011年5月21日(土)

2011-05-29 | その他の山域

 

 

6月中旬には土日祝の高速1000円が廃止の見通しのようです。

残り少なくなった割引期間を最大限に利用すべく、今のうちにできる限り遠くまで行きたいと考えますが、
それぞれの都合が合わず、使える日は土曜日一日限り…。

そこで、知恵を絞ったOさんの計画は、
金曜の夜に出発、日付が替わった翌日にICを出て、土曜日をフルに使う計画です。

かくして、節約家(?)の三人旅が始まりました。 

松代SAで車中仮眠後、翌朝、登山口の戸隠中社に向けバードラインを走ります。
ドライバーのMさんにはいつもいつもお世話になってばかり、頭が下がります

新緑が眩しい爽やかな戸隠高原は、早朝なので人影はほとんどありません。
下山後は、この静けさが一変し、周辺は大混雑となるのですが、
この地が長野県屈指の観光地であることを忘れてしまうほど閑散としていました。



【山行日】 2011年5月21日(土)

【メンバー】Mさん、Oさん、fu-co

【コース】戸隠中社06:20 → 萱ノ宮07:15 →飯縄神社08:30 → 飯縄山頂08:40/09:15 → 瑪瑙  ( メノウ)山10:20/30 → 分岐11:15 → 戸隠中社12:10

 

 

【中社ゲレンデの登山者専用駐車場】

 

登山者専用駐車場に車を止め、戸隠神告げ温泉前を通って西登山口に向います。 

 

【戸隠神告げ温泉】

 

林道をしばらく進み、見えてきた西登山口を左に入ります。

山道にはいると、唐松の新芽が美しい整備された緩やかな登山道をゆっくり進みます。

遠くにはオオヤマザクラでしょうか、ピンク色の桜が見えます。

傍らにシロバナエンレイソウ、エンレイソウ、タケシマランが目に止まり、次第に二人との距離が離れていききます。

 

萱の宮の鳥居を過ぎたあたりから徐々にに傾斜が増してきました。

このあたりは、花を咲かせた植物はそれほど見あたりません。

写真撮影で、いつも遅れてしまう私…比較的花が少ない場所では、なるべく先に行くように心がけます。

 

樹木の種類が変化すると、ミヤマスミレ、ヒメイチゲ、エンレイソウなどが次々に登場、再び遅れ始めます。

振り返ると、ピラミダルな高妻山がドンと聳え、その南に戸隠連峰のギザギサが連なっています。

  

さらにその奥には真っ白な北アルプスが霞んで見えています。↓

山座同定が得意なお二人は「あれが遠見尾根でその横が五竜で、こっちが白馬岳で…」と話しているのですが、方向音痴の私はさっぱり…

写真ではうっすらとしか見えませんが肉眼ならまあまあ見えました。確かに五竜岳の武田菱も確認出来ましたよ~~

さぁ、もうひと頑張り!!

 

【飯縄神社】

ここから山頂までは約10分です。

 

 

 左の小さな建物はトイレブース ↓

 

【トイレブース】

持参した携帯トイレで用を足すためのブースです。

 

【飯綱山頂】

眺めのよい広々とした山頂です!!

 

 山頂より、高妻山、火打山、妙高山を望む ↓

 

 

復路は瑪瑙山(メノウ山)を経由してぐるっと周回コースで下山します。

これから歩く登山道がくっきり見えています。 手前中央のこんもりが瑪瑙山、右は高デッキかな…?

その奥は戸隠連峰と一番高い高妻山、その右は焼山です。 ↓

素晴らしい眺めです

 

 

 眺めは最高なんですが、いかんせん暑すぎます真夏のような暑さにヘロヘロになりながら、何とか瑪瑙山に到着しました。


【瑪瑙山(メノウ山)】

背景は飯縄山頂です。


ここから、戸隠スキー場のゲレンデを下ります。 

スキー場を転がるように、いえ、転がりたい気分で、えっちらおっちらと慎重に下ります。

 

分岐からは怪無山を巻くようにして樹林帯に入りました。

ここから、お待ちかねのフラワーロードの始まりです。

フイリミヤマスミレ、オオタチツボスミレ、フッキソウなどの大大大群落!!もう興奮しない訳がありません!!

そして、この分岐 ↓ を過ぎた後もさらに夢の世界は続きました…

 

ニリンソウ、タチカメバソウ、リュウキンカが咲き乱れる水路沿いの道はまるでお伽話の中に出てきそうな夢のような風景でした。

現に、このように小川のほとりに草花が咲き乱れる光景は、幼いころから私の夢の中で何度も繰り返し登場します。 

前世でも、ここに来たことがあったのかしら…

「あぁ~~帰りたくないなぁ~」思わず振り返る!!

深呼吸したくなる気持ちの良い本当にいい季節です!!

ニリンソウ、タチカメバソウ、リュウキンカ、それぞれが主張することなく咲き競う水辺…

ここにいるだけでとても幸せな気持ちです!! 

もっと歩きたかったけど、あっけなく登山口に到着してしまいました。

飯縄山は、とっても素敵な山でした!!

 

 

 この山の周辺で出会った花々をご紹介します。

《コキンバイ》

戸隠周辺では、コキンバイが雑草のように、そこかしこに群生していました。

 

《ニシキゴロモ》

ニシキゴロモの株は登山道でたくさん見かけましたが、ほとんどが硬い蕾の状態でした。
唯一の開花株は麓で見つけた白花タイプ。
手ぶれしてますが、立ち上がった上唇を何とか確認できます。

 

《タケシマラン》

ピント合わせが難しいタケシマラン、何度挑戦してもオートではピントが合わないのでマニュアルで合わせました。、
老眼ではそれも厳しく、時間ばかりかかります。

 

 《ヒメイチゲ》

ヒメイチゲはけっして珍しい花ではないけれど、咲いているとついカメラを向けてしまう、とっても愛らしい花です。



《ショウジョウバカマ》

咲き始めのショウジョウバカマがあちこちに…花色も濃いものから淡いものまで様々あり、楽しませてくれました。

 

《イワナシ》

ピンク色が可愛いイワナシの見頃はもうすぐです。

 

多分…《ミドリミツモリスミレ》

今年は会えないかと諦めていたミドリミツモリスミレに予期せぬ場所で会うことができました。

奥多摩で見るものよりさらに小さく、色も形も少し違っています。

交雑種は片親のどちらかが強く出るので、個性が出るようです。

ただし、ここでは、両親どころか片親も見かけることがなかったので、どうして…?といった疑問が残ります。
そこに咲いているのに、目を凝らさないと見失ってしまうほど小さい小さいスミレでした。
この花を目当てに再訪しても、次回は見つけられる自信は全くありません。。。

 

 《キクザキイチゲ》

キクザキイチゲが日当たりのよい斜面に群生していました。

 

《オオヤマザクラ》

淡い桃色のオオヤマザクラ、ソメイヨシノや八重桜のような派手さはないけれど、野生の桜は素敵です。

 

《ムシカリ》

この季節はどこの山でもおなじみのムシカリ(オカメノキ)清楚なこの白が青空に似合いますね~~

 

《フイリミヤマスミレ》

 驚いたのが斑入りのミヤマスミレが登山道に無造作に咲いていたことです。

昨年、アポイ岳で初めて出会って以来、南アルプス山麓で一輪だけで出会いましたが、数はあまり多くありません。

美しい濃い紫色に出会うと、どうして素通りできずに這いつくばって撮りたくなります。

当然、二人には待たせてばかりです…ほんとにごめんなさい!

 

《ミヤマスミレ》

もちろん斑が入ってなくってもミヤマスミレは綺麗です。

 

《ミツバオウレン》

日当たりのよい乾いた稜線にミツバオウレンが咲いていたのには驚きました。

 

《フッキソウ》

フッキソウも一面に咲いていました。

 

《オクヤマガラシ》

 

 《オオタチツボスミレ》

日本海側に咲くオオタチツボスミレが登山道に咲き乱れています。本当に凄い群落でした。
 

《リュウキンカ》
 

 尾瀬ではおなじみのリュウキンカ、群生ではないけどインパクトある黄色は存在感十分です。

 

 《ズダヤクシュ》

 

《タチカメバソウ》

対岸に咲くタチカメバソウを最初に見つけた時は靴を濡らしながら撮ったのですが、
その後は飽きるほど(失礼…)の群生ぶりに驚きました。
 

《フデリンドウ》

フデリンドウが強い日差しに受けてあちこちで全開状態でした。

  

せっかくだから、戸隠でも超有名な蕎麦屋「うずら屋」さんで、おいしいお蕎麦でも食べようとお店に向かうと、
なんと、待ち時間約一時間以上とのこと、外にまでお客さんがあ溢れる大盛況ぶりでした。

やはり人気店だけのことはあります。

一時間を無駄にするのはあまりにもったいないので、ザックの中に残った食料で腹ごしらえ、
次なる目的地「戸隠自然植物園」へと向いました

 

 

 

★その他、戸隠高原に咲いていた草花をご紹介します。

 

《カタクリとコキンバイ》

 

《トガクシショウマ》

 

《サンカヨウ》

 

《コミヤマカタバミ》

《コミヤマカタバミとミヤマスミレ》

 

《ミヤマスミレ》
 

 《スミレサイシン》

《オオタチツボスミレ》
 

《オオヤマザクラ》
 

《ミズバショウとリュウキンカ》

 

《ホソバノアマナ》
 

《ホタルカズラ》

《オオアマドコロ》

 

 ※gooブログも20000文字まで対応できるようになったので、思いっきり画像を貼ってみました^^;

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カッコソウが咲く山 【群馬... | トップ | ホテイランを訪ねて…  2011... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うむむ (てばまる)
2011-05-30 21:55:04
こんばんは~

あちこち出掛けられててバイタリティが凄いですね。感服いたします。僕はやっと今週末2回目の尾瀬入りです。 かなり混んでると思うのですが、ミズバショウが最盛期なので仕方有りません・・・。

ところで、ミドリミツモリスミレ? とりあえず両親が近くで見つからないと同定はできせんが、かなり離れたところまでアリさんが運ぶことは偶にあるので否定は出来ませんね。
遠い場所で雑種を見つけちゃうと観察するのが大変なのが難題ですよね・・・。
奥多摩でも大変です(^^;)山が厳しいので・・・

てばまるさん (fu-co)
2011-05-31 20:39:50
週末はミズバショウの尾瀬ですかぁ~~
いいですね!
今年は残雪も多いのでしょうね、私は踏抜きが怖いので、もう少し雪解けが進んでから行きたいです。
ミドリ…スミレですが、やはり怪しいかもしれませんね^^;

きちんと各所の撮影もしてないので同定は厳しいですね!

来年こそは奥多摩できっと見つけますよん。
葉がギザギザしたあのスミレもね^^ V
Unknown (食う寝るさんだ~す)
2011-05-31 21:46:41
飯綱山は雪の時期しか行った事がないのですが、春は花の山なのですね。
季節のチョイスがfu-coさんらしいです。

戸隠のお蕎麦屋さんは極楽坊さんもオススメですよん♫
ま、混みますがw
食う寝るさんだ~すさん (fu-co)
2011-06-01 22:22:08
くうねるさん、こんばんは!

飯綱山周辺はスキー場も多く、冬も良さそうですね!
5月の戸隠高原はミズバショウ、カタクリ、コキンバイ、ミヤマスミレなどお花がいっぱい、とっても素敵でしたよ!

>戸隠のお蕎麦屋さんは極楽坊さんもオススメですよん♫
おぉ~そうですかぁ~?
確かに、どこのお蕎麦屋さんも行列でした。
時間に余裕があれば並んだのですが…次回は是非、並んででも食べてみたいですね!!
情報、ありがとうございました。
Unknown (やまそだち)
2011-06-02 19:32:51
fu-coさんの山歩きの記録を拝見していると、どこも行って見たくなります。
戸隠高原も行った事がないので、一度は行って見たいところです。
春に行けなかった高尾山今月中旬に行こと思っていますが、お天気次第です。
やまそだちさん (fu-co)
2011-06-02 23:42:46
やまそだちさん、こんばんは。
戸隠高原は二度目でしたが、以前は9月でした。
季節によってこれほど受ける印象が違うものかと、改めて感じました。
5月の戸隠は、カタクリ、ミズバショウ、コキンバイ、ミヤマスミレ、コミヤマカタバミなどが咲き乱れる素晴らしい高原でした。
是非、おでかけくださいね!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む