たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



鷹ノ巣山【奥多摩】 2008年3月16日(日)

2008-03-19 | 奥多摩とその周辺の山

改めて奥多摩の奥深さを感じた先週の川乗山、「今度は何処行こう!?」と思っていた時、りんさんの鷹ノ巣山山行記録を読みました。

りんさんは単独の山旅、東日原に車を置き稲村尾根から鷹ノ巣山に登り奥多摩駅まで下り、さらに車回収のためバスで東日原へ、そこからの自宅まで約4時間延々と運転という尋常ならざるハードな行程をこなしたとのこと。
私たちにそんな真似は出来るはずもなく、電車バスのお気楽山行、その上、以前登ったことがある稲村尾根はきついイメージが刷り込まれているので、ちょっとは楽かしらと、まだ歩いたことがない峰谷からスタート、そして、いつかは歩いてみたいでも長過ぎると、なかなか踏ん切りがつかなかった奥多摩駅までのロングトレイルに挑戦することになりました。
急に暖かくなったとはいえ、まだ雪が残っているだろし、凍結箇所もあるかもしれません。先週の川乗山より標高も高いので6本爪アイゼンもザックに入れました。
という訳で、二週続きで奥多摩駅に降り立ちました。
 

山行日】2008年3月16日(日)

【メンバー】夫、たんべぇ

【コース】奥多摩駅07:50=====峰谷バス停08:25/08:35------登山道入口09:25/09:30-----神社09:45-----避難小屋10:55/11:05-----鷹ノ巣山山頂11:30/12:05----水根分岐12:25-----将門番場分岐13:05---六ツ石山分岐13:35/13:40------越路の杜(峰畑峠)14:40-----稲荷神社14:53-----林道出会15:00------「奥多摩駅20分」の案内15:05------奥多摩駅15:18
【所要時間:6時間48分<休憩含>】




*************************************


07:50発、峰谷行きバスはガラガラ、登山客は私たち二人とそれぞれ単独の男性三人です。境橋から乗る人も居ましたが、奥多摩湖で二人が降り、峰谷まで乗ったのは私たちを含めたった4人でした。

 


08:25/08:35
峰谷バス停方向を振り返ります。
軽自動車の右に見えているのはトイレで、暖房便座ペーパー付きの最新式でした。



舗装道路を10分ほど歩くと鷹ノ巣山へのショートカットコースの入口があります。
うっかり見落としてしまいそうな案内板に従い左に曲がります。



再び車道に出てクネクネ登ります。
こんな山奥にも人家があるのです。今は車で移動できますが、昔の人はどのようにして生活していたのでしょう?本当にすごいと思いました。



09:25  
奥集落を抜けたところが鷹ノ巣山の入口です。約50分の急斜面歩きですでに汗びっしょり!!夫は半そでTシャツになります。

マイカーはここまで入ることが出来るらしく、3台の車が縦列駐車していました。


この階段が鷹ノ巣山の入口です。



ほどなく浅間神社の鳥居です。



左手、梢越しに見える山は日陰名栗峰でしょうか、それとも高丸山?



日影の雪はこのような状態で残っています。気温が高いのでアイスバーンではなくシャーベット状です。



10:50  水場は涸れていまいた。



水場から五分で避難小屋に到着です。
中もキレイで10人前後が泊まれそうでした。先客がお食事中だったので写真は遠慮しました。
小屋の前にはベンチがあり、トイレは別棟となっていてなかなか快適そうな小屋でした。



避難小屋前にある案内板 左の概略図、右のコースタイム地図は拡大できます。



避難小屋から先にはさらに雪が残っていてズルズル滑ります。



雪が消えた場所はぬかるんでいて、これまたズルズルの泥んこです




11:30  避難小屋から25分で山頂に到着。



期待した富士山はぼんやりと霞んでいますね~残念!!




三頭山


どこまでも続く石尾根、高丸山、雲取山方面


本当は素晴らしい展望のはずなのですが…時間とともに富士山は全く見えなくなりました。

35分休憩後、いよいよ長い長い石尾根を奥多摩駅まで下ります。



雪解け直後の露出した地面は歩きやすそうに見えますが、実はとても滑ります!
浮き上った土に足を置くと10センチほどズボッと沈みそのままズルッ!!思うように進みませんでした。


なんだか足取りもおぼつかないですね~

 


六ツ石山の巻き道、北斜面なので雪がたっぷり残っています。


13:35  六ツ石山の分岐に着きました。



ちょっと休憩、六ツ石登るか思案中です!
“雪が緩んで滑りそうやし、なんだか疲れたし、この先も長いし…やっぱりヤメトコ!!


という訳で先を急ぎます



急な斜面ですが雪がないので小走りで駆け下ります。



深くえぐれた暗い杉林をようやく抜けました。



フカフカの枯葉の絨毯、気持いい!


14:40   
これといった目印がないままひたすら下ります。そんな時、手書きのプレート発見。
「越路ノ杜」もう一方には「峰畑峠」と書かれていました。


14:50
三ノ木戸方面へ行けば奥多摩駅まで1時間40分、素直に北側の道を行けば1時間30分と10分ほど短縮できます。
当然、私は北側の道を選びましたが、雪がキライな夫は三ツ木戸を希望、「ここまで下りたのだから雪などない!!」という私の意見を聞き入れてもらい北側に決定です。
でも、雪、、、残っていました

さて、先が見えてきたこのあたりから15:25奥多摩発「ホリデー快速」に間に合わせるべく急ぎます


14:55  稲荷神社?横を急ぎ足で…


15:00 
林道に出ました。さて、ここから駅まで何分かかるのでしょう?奥多摩駅まで何分と表記してくれると有難いのですが…。


その先で「奥多摩駅まで20分」と書かれた近道の案内を発見!時計を見ると15:05、電車の時間までジャスト20分という微妙なところ、しかし、奥多摩駅方面を見ると遥か下で本当に20分で着くのか微妙です!とりあえず急ぎます!!走ります!!急げ急げ 


何という神社か確かめる余裕はありませんが、とにかく急ぎます!!



15:18 奥多摩駅に無事到着です これで15:25の「ホリーデー快速」に乗ることができます



最後のダッシュで疲れ果てましたが、電車は程よい混み具合、座ることもできて満足満足、、ウトウトしているうちに○文治駅に到着しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


鷹ノ巣山はやはりボリュームのある立派な山でした。

稲村岩から登ってきた方に話を聞くと、下りはアイゼンが必要ですねとおっしゃていました。やはり下りには使いたくないかもです!
以前登ったのは5月だったので危険を感じることはなかったのですが3月はまだ凍結が心配ですね!
人気の鷹ノ巣山もこの季節はまだ登山者が少ないのでマイペースで登ることができます。山頂からの展望が大きな魅力ですが今回はぼんやり春霞の中で残念でした。
足腰を鍛えるにはもってこいの山なのでまたトライしてみたいです






 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏高尾  2008年3月11日(火) | トップ | 硫黄岳【八ヶ岳】 2008年3月... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした♪ (りん)
2008-03-22 20:11:06
たんべぇさん、縦走お疲れ様でした!
忙しさと体調崩してなかなか訪問出来なかったのですが、前に頂いたコメントに鷹ノ巣に登られると書いてあったので、とても気になっていたんですよ^^*。
開いてみたら私のことを書いて下さっていて、とても恐縮です。有難うございます。
峰谷から登られたのですね。
ここは私の思い出のコースです。写真を拝見して懐かしさが込み上げて来ました。
山頂の雪だいぶなくなっていますね。そして石尾根はいつも泥んこになりますね^^;。
快速に間に合ってよかったです♪。
私もあの20分の表示見て日原行きのバスの時間が気になり早足で歩きましたよ。
でも、車道歩き長かったですよね。
いつかまた、たんべぇさんにお逢いできたら嬉しいです。
お花を教えて頂きたいです♪
りんさん (たんべぇ)
2008-03-24 20:54:56
お体の具合はいかがですか?
元気いっぱいのりんさんでも体調崩すことがあるのですね。

鷹ノ巣山からの展望はイマイチでしたが歩き応えがある石尾根は達成感で満足できました。
これもりんさんのブログのお陰です。有難うございました
りんさんのお顔ははっきり覚えていますのでいつかどこかでお会いできる日を楽しみにしています!
どうか、お体お大事に…
奥多摩へようこそ (火星人@奥多摩大好き)
2008-03-25 22:25:17
”奥多摩の山と自然”の”Hg”さんの所からやって来ました
はじめまして、”火星人”と申します
小生、ほぼ毎週奥多摩山域に出没しています
またちょくちょく奥多摩へおいでください、そうしたらいつか遭遇するかもしれませんね、その時は”Gooブログ”の誼でよろしくお願いします
先日は (Hg)
2008-03-26 00:13:55
拙サイトにお越しいただきありがとうございました。
同じバスに乗り合わせていたのですね...自分は途中から乗り途中でおりましたが^^;

鷹ノ巣山も日陰には雪が残っていますが、防火帯の尾根筋はほとんど残っていないようですね。

でも春分の日の雨、山はかなりの雪でした。

また何処かでお会いできるのを楽しみにしています...って、お顔も分かりませんが^^;

火星人@奥多摩大好きさん (たんべぇ)
2008-03-26 14:59:56
ようこそお立ち寄りくださりありがとうございます。
奥多摩は奥が深く訪れるたびに発見がありますね。
まだまだ知らない場所がたくさんありますが、これからも季節を変えコースを変え楽しみたいと思っています。
奥多摩をこよなく愛する皆様を見習い、奥多摩のこともっともっと知りたいです。
どうぞ、よろしくお願いします。
Hgさん (たんべぇ)
2008-03-26 15:14:15
コメントありがとうございます!
これから日に日に春めいて奥多摩はお花たちが目覚めの時を迎えますね~
Hgさんのリアルタイム情報はそんな時いつも頼りになります。
植物、鳥、蝶、風景、特に同時期、同場所での比較、これらはHgさんならではといつも感心させられています。
これからも美しい写真を楽しみにしています。
どうぞ、よろしくお願いします。
お疲れ様でした。 (NISHIN)
2008-04-07 14:49:10
こんばんは。
先日はお世話になりました。
とっても楽しかったですよ。

山にお花は咲いてませんでしたが姥桜が満開でしたね。。。。
来週あたり下界のモモは満開でしょうネ

4月末に私も鷹ノ巣山に登ります。
たんべえさんの山行を頭に入れて登りたいと思ってます。
足腰を鍛えるにはもってこいの山ですか
しっかり登ってきます。

またご一緒させてくださいね。
NISHINさん (たんべぇ)
2008-04-07 17:37:04
先日はご馳走さまでした。楽しかったですね~
詳しくはメールで…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む