たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



小楢山~妙見山【奥秩父】1713m

2007-05-15 | 秩父、奥秩父の山

2007年5月12日(土)

先週に続き、またしても塩山から入山となります。塩山だから山域は奥秩父でいいのかな~?何はともあれ五月晴れの清々しい空気の中、小楢山に向かいました。塩山からタクシーで「オーチャードビレッジフフ」という場所まで乗り入れ、そこから林道を歩きます。 オバサン4人組はおしゃべり大好き、ゆっくりのんびりの山歩きです。訪れる人は少なく山中で会った人はたった二人でした。

【交通手段】電車、バス、タクシー

【メンバー】4人(会山行)

【コース】塩山===<タクシー>===オーチャード・ビレッジフフ 8:42/8:56  →  父恋し道分岐 10:00/10:15  →  妙見山分岐 11:32 → 小楢山頂 11:45/12:00  →  一杯水12:08  →  幕岩 12:42/12:50 → 大沢の頭 12:52/13:30 → 見返りの岩 14:40 → 差山(妙見山三角点) 14:47 → 富士見台展望台 14:55 → 妙見山 15:07/15:30 → アンテナ 15:55 → 鼓川温泉 16:20/16:38 ===<バス(窪山乗り換え)>===塩山駅着 17:36


「オーチャードフフ」ここから出発です! 


歩き始めるとすぐに目についた白い花。後で調べたらオトコヨウゾメという木の花でした。
「ヨウゾメ」とは「ガマズミ」 のことで中部地方の方言だそうです。秋に赤い実をつけるそうですが、ガマズミの実と違って食べることができないので「男」のガマズミ→オトコヨウゾメとのこと。白い花が清楚できれいです!


木漏れ日の中、林道をあるきます。 


アカネスミレ 


シロバナエンレイソウ


ツクバネウツギ


おなじみのマルバスミレ


<10:00>  父恋し路との分岐、ここで長い休憩です。その後、われわれは母恋し路を行きます。  


少し進むと地図もあり、いよいよ登山道に入ります。


足元には ニョイスミレ 


ミヤマハコベ、 ハコベの中では花が1cmぐらいあり大きめです。


ハルトラノオ 


マルバコンロンソウかな?花はきれいだけど同定は苦手です。 

 
ニリンソウが登山道を飾ります。その中でほんのり紅をさしたニリンソウを発見!!


唐松林を登ります。 


レンプクソウは緑色の目立たない小さな花です。


ここの登りはエイザンスミレが多いです。見慣れたエイザンですが小楢山のはピンクの美人ぞろい、何度も足を止めそのつど写します。エイザンだけでもコレクションができるほど、ほんとうにカワイイ!


そんなエイザンスミレに混じってアケボノスミレを発見!大好きなスミレです。


<11:32>   妙見山の分岐


もう少しで小楢山の山頂です。 


<11:45> 小楢山頂に到着!だ~れもいません。


富士山もバッチリです。


木々の間から南アルプス


金峰山の五条岩がはっきり見えますね~稜線の沿って雪が残っています。
ここでお昼かと思いましたがリーダーの判断でもう少し展望のよい大沢山の頭まで行くことにしました。

<12:00>  15分休憩のあと小楢山をあとにしました。


<12:08>  一杯水は枯れていました。


小楢峠方面へいきます。


ムシカリがきれいです!


新緑に混じって真っ赤な葉っぱを発見!これは何でしょう??
アカメガシワなどと同じく赤い新芽がだんだん緑になるのかしらん??


ヒゲネワチガイソウも多く見かけました。


<12:42> 幕岩


せっかくだから登ってみます。 


登ってみるとすごい展望です。八ヶ岳がよく見えます。


ヒカゲツツジが岩影に咲いています。


<12:52> 大沢山の頭に到着です。
ここは展望抜群ですが…日よけがなくてとにかく暑い!!太陽をまともに浴びてお昼にします。

30分以上休んでその後、妙見山にむかいます。


下りはじめるとそこにはアケボノスミレがもうたくさん、、、とにかくあっちにもこっちにも、、、
こんなにたくさんのアケボノスミレを前にしては撮るしかありません!!
ザックにしまいこんでいた一眼を引っぱり出し撮りまくりです!! 


こんなにたくさん会えるなんて幸せです


また下ります。


もっと下ると… 


サクラスミレです。


たった一輪ですが圧倒的は存在感で一目でそれとわかりました。
本当に感動です


<14:40>急な岩場を登ると、そこが「見返りの岩」でした。


名前どおり見返ってみると「あれが大沢山よね!!」

 


ブナの新緑が美しい!!むこうの山影は大沢山です。


これはなんでしょう??ご存知の方、教えてください
クロモジの花だと教えていただきました。
高級楊枝に使われるクロモジはこんな清楚な花をつけるんですね~


<15:07> 妙見山です。又々ここで大休止、休んでばっかりですね!!


かわいい立体図があります。


カスマグサ
大きめのカラスノエンドウと小さいスズメノエンドウの間の大きさだからカとスの間、カ・ス・マと言うそうです。


<16:20> 登山口のバス停に着きました。ここは日帰り入浴の鼓川温泉、けっこう賑わっています。


一日3本しか走っていないバスがタイミング良く16:38に出るので、温泉は諦めて帰ることにしました。市営バスは窪平乗り換えで塩山駅に17:36に到着します。料金は200円と格安!

塩山駅からは「特急かいじ」が接続していて便利です。

私が持っている2001年度版、昭文社の地図に小楢山から妙見山までの縦走路は記載されていません!今では道もしっかりついており(ていうか、前はしりませんが…)歩きやすくなっています。が、、、差山に「妙見山三角点」と書かれており、どこが本当の妙見山なのかよくわからず「きっと、もう過ぎたんじゃないの~!?」と話しているとひょっこり「妙見山頂」の標識、といった具合でした。
でも、そんな小さなことより、小楢~妙見の縦走路は最後に温泉もあり、お花も楽しめるとってもお勧めの山です!!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乾徳山【奥秩父】2031m | トップ | 赤城山【群馬県】1828m »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぜいぜい)
2007-05-16 18:31:01
おもしろそうなお山ですね。
すみれちゃんもたくさんだし、来年の候補だなあ。
★ぜいぜいさん (たんべぇ)
2007-05-16 21:04:47
小楢山、まきくまさんに続いて私もお気に入りの山となちゃいました
今回歩いたコースはお花と温泉付きでぜぜさん好みだと思いますよん♪
Unknown (まきくま)
2007-05-19 08:16:38
小楢山にようこそ! なんてね。
牧丘という地名がなんだかね、他人のような気がしないのですよ。牧丘の巨峰はほんとうに美味しいです。勝沼あたりで買うよりだいぶ安くていいこです。
そんでもってそのあきらめた温泉なんですけど、好物です。なかなかいいですよ。
山のことがぜんぜんでてこないですけど、白状すると、わたし焼山峠からまったりしか行ってないのです。今度は、そのフフから登ってみますね。
夏はね、あの頂上付近、その標高とは思えないくらいたくさんの花が咲きます。途中の登山道ではサラシナショウマがとってもきれいです。
とってもいいコース! (まゆ太)
2007-05-19 10:41:26
奥秩父・奥多摩に詳しくないので、勉強になりました。
とってもいいコースですねー。展望もいいし、お花もきれいだし。
たんべぇさんの記事は、お花がいっぱいで心が和むなぁ。
それにしても、土日とも山歩きできるなんて、たんべぇさん健脚ですよー(^^)。
★まきくまさん (たんべぇ)
2007-05-19 16:47:27
うんうん、小楢山いいね~
そういえば、フフ周辺も葡萄畑が広がっていましたよ!!
まきくまさんの舌が証明する巨峰なら絶品でしょう!?今度は夏に行ってみますね!モチロン、もね!

★まゆ太さん (たんべぇ)
2007-05-19 16:56:13
おや!珍しいですね~
今週末、山はお休みですか??
お天気がイマイチですものね!明日出動かな…?

小楢山、私も名前しか知りませんでしたよ。
こんなにいい山だったなんて…
夏もまたよさげですね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む