たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



九州の花紀行①(由布高原)2010年4月19日、22日

2010-04-26 | 野の花・山の花

*
*
*
4月19日から22日まで九州へ行ってきました。

夫は百名山達成まで残りあと三座、今回の大分県祖母山で98座目となります。

そのお付き合いというのが九州入りの目的ですが、その昔、すでに祖母山は登頂済みの私にとっては、この時期ならではの由布院、阿蘇くじゅうに咲く野山を花々を観賞するのが最大の楽しみなのです。^^


ところが、大分空港到着と同時に無情にも雨が降り出し気分はイマイチ…
そのうえ、お目当てのサクラソウが自生している場所など全くわからず時間を大幅にロス…
一応、検討をつけていた場所に行ってみましたが、そこは完璧なハズレでした。

そして、場所を移動し、アテもないままカッパに身を包み傘をさしてさまようこと20分、偶然にサクラソウの群生地に行き着くことができました。

本当にラッキーです!!

周辺では、ヤマエンゴサク、キスミレ、ワダソウなどが咲き乱れ、そこだけがまさに花園といった雰囲気でした。

 

 

~サクラソウ~


自生のサクラソウを見るのは初めて…

この一角だけ立ち入り禁止のロープで保護されていました。

それにしても、自然の中でこれだけの群落は見事なものです。

ここへ来る前に立ち寄った塚原温泉のご主人よると、以前はアチコチにサクラソウが咲いていたけど、塚原温泉では最近は野焼きをしなくなったことと盗掘により、すっかり姿を消してしまったと話しておられました。

キスミレだけでなく、サクラソウも野焼きの恩恵に受けていたのですね!





まだ蕾がほとんどで、花をつけている株は2割程度です。

 



一面がピンク色に染まるのは一週間後でしょうか?

 

 

~ヤマエンゴサク~


九州のヤマエンゴサクは色も多彩で、株が大型です。

 

 

そして、もうひとつの主役はキスミレですが、
キスミレについては、「阿蘇編」で改めてご紹介します。

 

~キスミレ~

 

~ワダソウ~





ワダソウは、これまでに山梨県で数回出会っていますが、由布ではまとまって咲くので迫力があります。



~フモトスミレ~


たくさんのフモトスミレを見ました。

行く先々でフモトスミレだけで何枚撮ったか数え切れないほど、

背丈は3cmから5cmほど、本当に小さくてうっかりすると見落としてしまいそうですが、小さながら整った姿を見るとつい、ススまみれになりながらもカメラを向けてしまうのです。


初日、エヒメアヤメは見つけられなかったけど4日後にもう一度ここに立ち寄ることにして、先を急ぐことにしました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、4日後…

 

雨はさらに激しさを増し、せっかく咲いたサクラソウは水没していました…



サクラソウが自生している区域は大きな水溜りとなりさながら池になっていました。

これも自然のなせる技、
サクラソウって、こういう窪地がお好みだったのですね~
なぜ、この一角だけにサクラソウが自生しているのか理解できました。


そして、エヒメアヤメにも会えました!!


雨に打たれ、お顔も少々ススで汚れてしまっているけど、想像していたよいりうんと小さくて愛らしいエヒメアヤメに会えて感激でした。

 

~ジロボウエンゴサク~

 可愛い色です。

 

可愛い色といえば、こんなピンク色のシハイスミレにも出会いました。

最初はヒナスミレかと思ったほど…


 

~シハイスミレ?~



蕾もたくさんあり、これからが楽しみなスミレたち

シハイスミレって色も形も地域差が大きいですね!!
それとも違う種類のスミレなのかしら?どなたかご教授くださると嬉しいです。


 

~バイカイカリソウ~

清々しい澄んだ白色と、うつむいた姿が愛らしいメギ科のバイカイカリソウ。

根性で見つけ出しました。

手元の図鑑によると、高さ20cmから30cmと書かれているのでそのつもりで探していましたが、見つけたものはわずか10cm程度、しかも水滴を含んで倒れているので余計に小さく見えました。

葉はたくさんあるけれど、花はほとんど咲いていませんでした。

この一輪を見つけたときは嬉しくて飛び跳ねたいくらいでした。

 



②くじゅう山麓編につづきます。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フイリシハイスミレ【斑入り... | トップ | 九州の花紀行②(くじゅう山麓... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
可愛いな・・ (はなねこ)
2010-04-27 09:12:06
野焼きの後の、丈の低いお花たち
どれも、とても可愛らしいですね。
サクラソウがそんな場所で咲くなんて、知りませんでした。
水没してしまった画像に はっとしましたが、大丈夫なのかしら・・。

そして、エヒメアヤメやバイカイカリソウは、見たことがないお花です。
シハイスミレも、イメージが少し違いますね。
その2も楽しみ・・待っています♪
サクラソウ (keitann)
2010-04-27 11:50:29
fu-coさん、こんにちは。

折角の雄大な眺めと可憐な花を楽しめる場所ですのに、無情の雨でほんとに残念でしたね。
そういう私も湯布院には5度ほども行ってますが、綺麗な由布岳の姿を見られたのは久しぶりです。
去年はガスで、ほとんど見ることが出来なかったんですよ。
でも、バッチリ眺められたのに、登れないと言うのも、また悔しいものですね。
「いつの日かきっと登るぞ」と固く誓って、登山口の確認だけはしっかり済ませましたよ。
わずか30分の散策だったので、ヤマエンゴサクやバイカイカリソウには会えませんでしたが、やはりあの付近は野草の宝庫みたいですね。
私が見かけたスミレも、あまり見慣れない姿でしたが、同じスミレでもほんとに自生地が違うと、花姿が異なって戸惑いますよね。
ななねこさん (fu-co)
2010-04-27 14:21:43
九州は地元でありながら、この年齢になるまで草花の宝庫であることを知らなかったことが悔やまれます。

その気になれば日帰りで簡単に行ける場所なのですから…
というより、草花に対する思いが若い頃より随分深くなったのかもしれません。

山良し、花良し、温泉良し、三拍子揃った九州へ、はなねこさんも是非どうぞ!!
keitannさん (fu-co)
2010-04-27 14:34:00
keitanさん、こんにちは!

お嬢様が福岡県人になられたとのこと。
これからたびたび阿蘇くじゅうにも足を延ばすことになりそうですね!
たった30分の散策でエヒメアヤメを見つけるとは、さすが“愛媛”に縁があるせいでしょうか(笑)
由布岳は是非登ってください!
私も過去、数限りなく登っていますが四季を通してとても楽しめる山です。
特に冬の霧氷は見事ですし、ミヤマキリシマの時期もステキです。
私は3年前の帰省の際に登ったのが最後です。

周辺の草花も魅力的ですね!!
また、楽しみが増えましたので私も帰省の折に再訪したいと思います。



二日連続で釘付け ()
2010-04-27 22:25:54
fu-coさんおかえりなさい。

昨夜、スミレのことを調べるために
父から譲り受けたぶ厚い日本の野生植物図鑑を見てました。
その時、チラッと目に入ったバイカイカリソウのお写真。
クモイ・トキワや普通のイカリソウはお目にかかったことありますが
こんな可愛いイカリソウがあるんだと写真に釘付けでした。

そしたら今日はこちらで(^_^)/
少しうつむいたようなお顔が清楚でいいですね。
綺麗な写真を有難うございます。
九州 (peko)
2010-04-27 22:34:27

 九州へお帰りにというより、目的は、祖母山だったのでしたね。
今年は、少し花が遅れ気味のような便りが届いています。
 サクラソウは、意外な一角に何故?という感じですよね。
バイカイリリソウ、キスミレ、エヒメアヤメ・・・、真っ黒になりながら頑張られたのですね。

 連休に出かける予定です。
fu-coさんの分まで、見てきますね。(^^)

彩さん (fu-co)
2010-04-28 11:48:24
彩さん、こんにちは♪

彩さんの植物好きはお父様譲りだったのですね!
親子で植物の話ができるなんてステキです!!

バイカイカリソウはまだ咲き始めでしたので、まるで宝探しのようでした。
夫にも手伝ってもらったのですが、「オ~イ!こっちに綺麗なスミレがあるよ~~」と言うので行ってみると、そこにはアカネスミレと、その奥に探し求めた“バイカイカリソウ”が小さな花を咲かせていました。
夫曰く「なぁ~んだ!これか!!?」ですって!!(笑)

それから、頭を地面につけての撮影です。
下から覗き上げると黄色いしべが何とも愛らしくすぐにファンになりました。
その後もいくつか見つけることができましたが、開いているものはこの一輪だけでした。
バイカイカリソウが咲き揃う頃にまた出かけてみたいですね!!

pekoさん (fu-co)
2010-04-28 11:55:02
pekoさん、こんにちは♪

連休に九州ですか?
阿蘇、くじゅう、由布、いい季節ですね~
特に今年は、おっしゃる通りお花が遅れ気味なので新鮮な花が見られることでしょう!
サクラソウ、バイカイカリソウも咲き揃った姿をpekoさんとこで拝見できるのを楽しみにしています。
あつ、そうそう、阿蘇の「アソキクバスミレ」も是非見つけてくださいね!
私も随分さがしたのですが見つけることができませんでした。
お天気になるといいですね!!
Unknown (やまそだち)
2010-04-29 18:25:56
雨は残念でしたが、花達は歓迎してくれて良かったですね。
私たちはここは2日ほど前でしたが、サクラソウは2日間でかなり開きましたね。
やまそだちさん (fu-co)
2010-04-29 22:41:43
やまそだちさん、佐渡からおかえりなさい!!
今年は花の開花が遅れているので、オオミスミソウの咲き具合はいかがかと気にかけていました。
そのような心配は必要なかったようですね(^^ゞお天気にも恵まれ、様々な色のオオミスミミソウを堪能できたようで羨ましいです。

サクラソウは、可憐ですね~
今頃は満開を迎えているでしょうか?
お礼を言うのを忘れてしまいました (やまそだち)
2010-04-30 07:47:55
佐渡や坂戸山の情報を教えて頂いた、お礼を言うのを忘れてしまいました。
その節はありがとうございました。ペコリ^_^;

私たちより1週間前に佐渡に入った知り合いから1種間ほどずらしたらと言われましたが、予定通り結構しました。
結果はあたりでした。
やまそだちさん (fu-co)
2010-04-30 23:16:29
いえいえ、あまりお役に立てずにすみません!

予定通りの決行は大正解でしたね!
実は私もお知り合いの方と同じく一週間ずらして方が良いのではと考えていました(^^ゞ

行ってみなければわからないものですね~
やまそだちさんの色とりどりのオオミスミソウを拝見して、私もまた行きたくなりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事