たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



シハイスミレ咲く丘陵 2009年3月27日(金)

2009-03-28 | 野の花・山の花

そろそろ、大好きなシハイスミレ(紫背菫)が咲き出すころ、もう気になって仕方がありません。
実は先週、別の自生地に行ってみたのですが、まだ早すぎたらしく一ケも探し出すことができませんでした。

27日(金)、午前中に用事を済ませ、急いで電車に飛び乗りました。
2駅で乗り換え、ようやく最寄駅に着いたときは、急に空が怪しくなりポツポツと雨が降りだしました。傘をさすほどほどではないけれど、これから丘陵地を歩くので降られたら困ります。しかたなくコンビニで傘を購入し目的地に向け歩きはじめました。

尾根まではうっそうとした山道を登ります。
このところ寒い日が続いているので、スミレの開花は遅れているんじゃないかなないかな…などと考えながら一人とぼとぼ歩いていると、タチツボスミレがたくさん咲いている場所にでました。

タチツボスミレだって十分きれいです!!


シュンラン

ちょうど、見頃のシュンランがあちこち咲いています。



先週のようにシハイスミレは咲いてなくとも、シュンランに会えたから良しとしよう!!

でも、できれば咲いていて欲しい…



そして、小さく美しいスミレは今年もそこにいました!



シハイスミレ

最初に見つけた一株
嬉しくて嬉しくてこの株だけで20枚以上は撮ってます!!

ザックを置いて周辺を探すと、あちらこちら散らばって咲いているのが見えます。
なんとも言えず愛らしいスミレです。

夢中で撮っていると、単独の男性がやってきました。
誰もいないと思っていたので、ちょっとびっくり!!
「むこうにも咲いていますよ!!」と。
この方もシハイスミレの撮影が目的でここに来られたようです。



尾根道の左右に目を落としながらゆっくり歩きます。ポツポツ咲いているを見つけると素通りできず、そのたびにカメラを向けるのでなかなか進みません。


ほんの数日前から咲きはじめたばかりといった雰囲気、落ち葉に埋もれているものも多いです。






こんな色白のシハイスミレも咲いていました。



ほんのりピンクの色白美人さん。濃い色の中でひときわ目立っていました。




シハイスミレの群生地を過ぎて一休み、そのまま直進するか戻るか、、、、やはりもう一度見たくて戻ることにしました。
その後、また考えを変え直進することにしたので結局、3回も行ったり来たり

この丘陵地を3時間近くもウロウロしていたことになります。



モミジイチゴ

うつむいて咲くので撮りにくいのですが、真っ白い可憐な花についカメラを向けたくなります。


クサイチゴ

幼い頃、苺といえばこのクサイチゴをさしていました。甘くてジューシーな真っ赤な苺、もぎながら次々と口に運ぶことができる贅沢(?)なおやつでした。
今でも、真っ赤に熟したクサイチゴを山で見かけると摘んで食べたくなります。
ちなみに、そのころ、普通の苺は“西洋苺”といって区別してました。
当時の西洋苺は少し酸味がありワタシ好みではありませんでした


ミミガタテンナンショウ

地上に出て間もないらしく葉は開いていません。
仏縁苞が耳たぶ状に張り出しているのが特徴だそうです。


ニオイタチツボスミレ


3回も行ったり来たりしたのは、このニオイタチツボスミレに会いたかったから…
先に進めば群生地があることを思い出したので、引き返してきました。


ふっくらとした上品なお顔立ち




ムラサキケマン



そして〆はやりタチツボスミレです。



これまでに2回この地を訪れていますが、不思議と誰にも会うことはありませんでしたが、今回は珍しく単独の男性2人に会いました。
「ここにシハイスミレが咲くことを良くご存知でしたね~」驚かれた様子。

もう一方の自生地は、植物観察のツアーなどで団体さんが訪問ことが多いようですが、ここもいずれそうなるのかな?

同じ東京のシハイスミレでも、もう一方の自生地のスミレちゃんと顔立ちが違って見えるのはワタシだけでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北高尾から陣馬山へ  2009... | トップ | イワウチワ咲くころ 【奥多... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シハイスミレ (keitann)
2009-03-29 00:27:09
fu-coさん、こんばんは。

シハイスミレって西日本にしか咲かないと思っていたのですが、そちらでも咲く場所があるのですね。
それにしても、綺麗な画像でうっとりしてしまいます。実は私も最近、シハイスミレを見てきたのですが、私のオリンパスのカメラではどうにもシハイスミレのピンクっぽい花色が出なくて、がっかりしました。
シハイスミレはこのピンクの距がなんとも言えず、いいと思います。私も会う株会う株、全部撮影せずにはいられませんでした。(^_^;
そろそろ標高1000mのシハイスミレも咲く頃ですので、行かなくてはと思っています。
ニオイタチツボスミレにも出会えてよかったですね。
綺麗な画像は三脚を利用されているのでしょうか?
Unknown (さなえ(花の庵))
2009-03-29 20:05:12
はじめまして、こんばんは。

ここにもスミレ大好きさんがいらっしゃるようですね。

私もシハイスミレがとても好きです。

茎が短いスミレですが、存在感がありますね。

私のほうには、裏表葉が茶色っぽいハグロシハイスミレが多いです。
keitannさん (fu-co)
2009-03-29 20:58:16
keitannさん、こんばんは。

>シハイスミレって西日本にしか咲かないと思っていたのですが、そちらでも咲く場所があるのですね。
そうなんです!東京都郊外の丘陵に咲くらしい?という話は聞いたことがあったのですが、なかなか場所を特定できずにいました。
この場所を知ったのは2年前のこと、その時の感激は今でも忘れることはできません。
西日本では比較的出会う機会が多いとのこと、ワタシもシハイスミレに初めて出会ったのは30ウン年前、福岡県のある山でのことです。
小さいながらもその美しさと存在感に心から愛おしさを覚えたものです。

ここのシハイスミレは側弁が大型に見えますねよね!お顔にも地域性があって面白いですね~

>三脚を利用されているのでしょうか?
山歩きが多いので基本的に三脚は使用しませんが、この日はレンズ購入時についてきたおまけのミニ三脚を使いました。
さなえ(花の庵)さん (fu-co)
2009-03-29 20:59:00
さなえさん、はじめまして!

お名前は以前から存じておりました。
とてもステキなHPですね~後ほど改めてゆっくり拝見させていただきたいと思います。

>私のほうには、裏表葉が茶色っぽいハグロシハイスミレが多いです。
“ハグロシハイスミレ”見てみたいです。
次々と会いたいスミレが登場して、この時季は大忙しですね~

これからもよろしくお願いします
シハイスミレ (はなねこ)
2009-03-29 21:02:07
fu-coさん、こんばんは。

シハイスミレ、まだ見たことがありません。
マキノスミレらしき(自信なし)スミレは
奥多摩の小河内峠付近で見ていますが・・・

端整なお姿ですね~
うっとりします。

イワウチワ、行ってきましたよ。
今度は会えました。
はなねこさん (fu-co)
2009-03-30 09:23:18
はなねこさん、おはようございます!

>イワウチワ、行ってきましたよ。
そうですか~イワウチワ会えてよかったですね(^-^)v
実はワタシも行ってきましたよ~~
サルギ尾根からのプチ縦走、ちょっとしたハプニングがありイワウチワの群生地に着いたのは午後3時ごろでした。
あんな急峻な岩場で健気に咲く姿は感動ものですよね~本当にきれいでした

関東でシハイスミレが咲く場所は限られいるので、はなねこさんが出会ったのもマキノさんかもしれませんね?
ワタシも昨年はじめて奥多摩でマキノスミレに出会いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事